三笠宮妃百合子さま97才 肺炎で入院

三笠宮家

NHK夜7時のニュースで百合子さま肺炎で入院を見て、97才と超高齢者だし入院も長引くのだろうか、と思ったら1週間程度とのことでした。続けて改めて驚いたのは、今年2月に右目の白内障手術、昨年1月~2月はインフルエンザで入院したこと。超高齢なのに芯が丈夫なのでしょうね。見事に復活されて元気にお過ごしになられている様子でした。元華族で高齢になられても品の良さは変わりません。

結婚60周年記念

三井倶楽部で行われた寛仁親王成年式の披露宴で。 昭和41年1月

配偶者の三笠宮崇仁親王、ネットでは三笠宮大殿下と呼ばれていましたが、薨去されたのは満100才で長寿でした。三男二女のお子様を儲けられましたが、悲運ですね~三笠宮寛仁殿下(66才)桂宮宜仁殿下(66才)高円宮憲仁殿下(47才)と、男子3人を若くして亡くし見送っています。また、宮家の孫は全員女の子でした。
皮肉なことに、降嫁された近衛甯子さんは男子1人、千容子さんは男子2人授かっています。更に曾孫の守屋絢子さんも去年男の子を出産されています。内孫は全員女の子で、外孫には男の子3人、曾孫男の子1人もいるんですよ。なかなか物事は上手くいかないものですね。

宮内庁は24日、三笠宮妃百合子さま(97)が肺炎と診断され、聖路加国際病院(東京都中央区)に入院されたと発表した。宮内庁によると、百合子さまは数日前からだるさやせきの症状があり、24日午後に同病院で定期健診を受けた際、肺炎と診断された。熱はなく、今後1週間程度入院して投薬などの治療を受ける。百合子さまは現皇室最高齢。今年2月に右目の白内障手術、昨年1~2月にはインフルエンザで入院している。

記事出典 時事通信https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092401005&g=ryl

画像出典 デジタル朝日、NHKニュース



コメント

  1. mayu より:

    こんばんは。今日は寒くてコタツ兼テーブルを使っているのですが、
    コタツにして使用しています(^^;)

    今日午後から市の集団健康診断に初めて行ってきました。人数が多くて疲れました。
    明日は心療内科の予約があります。少しゆっくりしたいので、今日はコメ返しを
    休ませて頂きます。

    ミラージュさん、迎賓館でのピアノコンサートに行っただけでも良い体験をされましたね。

  2. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    三笠宮妃殿下、定期検診で肺炎が見付かったのですか。心配ですが、皆様がコメントしている様に早いご回復を願っています。
    お元気なお姿をまた拝見したいですね。

    こちらは涼しくなって来ましたが、動くとまだまだ暑いのと
    夏の疲れがジワジワと出てきているのか、身体が付いていきません(T_T)
    季節の変わり目と言いますが、今年はコロナもあって何だか季節が解りにくいですね。

    皆様のコメントに上皇后さまがキレ気味とありましたが…室内でピアノとか手芸とかは駄目なんですかね?しかし周りの人はどう対応するのだろう?
    そう言えば、先日スーパーのレジに並んでいたら、キレている人がいて怖かったです。

  3. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(_ _)m

    百合子さま、ご入院でいらっしゃるのですね。mayuさんの仰るように芯がお強いのだと思いますので、きっと今回も順調にご回復と思います。
    事あるごとに注目されたくて仕方ない美智子さまと違って、何度ご入院されても大騒ぎなさらないところも、さすがでいらっしゃいます。
    本当に品があっておきれいなまま、お歳を重ねていらして憧れます。やはりご出自と、ご人格が磨かれていらした証なのでしょうね。

    関西の声楽の先生で、やはりとてもおきれいな方がいらっしゃいました。「シワはあるけれど、シミはありません」とニコニコ仰っていました。ノーファンデでも、本当に色白でもち肌でいらして、羨ましかったです(残念ながら、もう亡くなられています)。

    ぺんぺん草さんのところで拝読したのですが、美智子さまが周囲にキレ気味とか何とか…f^_^;恥ずかしいお振舞いに、やはりお里が知れる…と言われてしまうのでは、と思います。本物の上流の方は、決して人前でキレません(笑)。

  4. やしま より:

    肺炎とテレビから流れてきて、一瞬「え?まさかコロナ?」とドキっとしたので、「1週間ほどで回復」というナレーションにほっとしました。お強い方だと思います。男子のお子様を全て見送らねばならなかった悲運。母としてこれに勝る悲しみはないと思います。背の君がいらしたときにはまだ悲しみも分かち合えたかと思うのですが、今はお一人。お一人で皆様のご冥福を祈っておられるのですよね。

    ところで余談ですが、この写真の綱町三井倶楽部。甥が結婚式を挙げました。三井系企業の社員、及び三井系社員の偉い人の紹介、さらに昨今では結婚式場紹介会社により挙式可能になりました。その昔は三井系社員しか使えませんでしたが、さすがにそれでは回っていかないと判断したようです。結婚式場紹介会社の仲介でもできるので結構一般的な結婚式場になりました。
    広いお庭での写真撮影が美しいです。ちなみに正面にマンションが建っていますが(遠景です)このマンションは築40年ぐらいの現在でも高価であり、またお庭の見える北向きの部屋のほうが高いそうです。(と式場の方が説明してくれました)
    二股に分かれた階段の片方ずつから新郎・新婦が降りてきて、合流地点から二人となります。ここがまた撮影ポイントです。

    皇室の方々の撮影ポイントと全く同じ場所で、私も親族として写真の1枚におさまって、現在も我が家に飾られています。

  5. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。

    百合子さま、一番最初のお写真がご近影でしょうか、今流行りの美魔女とかなんとかではなく、色白で綺麗な肌、とてもお美しいですね。いい年の取り方というのはこういう方のことを言うのだ、と分かります。そして、結婚60周年と、寛仁さまのご成年の時のお写真、これぞ上流階級という感じがします。品の良い上流の奥様、憧れます。

    百合子さま、肺炎は心配ですが、きっとまたお元気になられることでしょう。芯がお強いと思います。
    シロガネさんが仰っていますように、大殿下は96歳で心臓手術を受けられましたよね。相当な体力がおありなんだな、と関心していたら、それから4年して、私の祖父も同じ96歳で心臓手術を受けました。激動の時代を生き抜いてきたあの世代の人は、本当に強いんですね。
    百合子さまのお美しい姿をいつまでも拝見したいですね。

  6. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。

    三笠宮妃百合子さま97歳ですか。
    とてもとてもお若く見えます。
    車いすではありますが、お肌の色つやといい表情と言い美しい。
    このお方は表面的なお美しさだけでなく、内面からの美しさがあふれ品格がおありです。
    皇室に嫁いだことにより、そのお役目を立派に果たされています。
    お子様は計5人、そのうち男子3人。
    男のお子様には先立たれ、ご心痛いかばかりのことだったでしょう。
    一日も早いご回復をお祈りいたします。

    常陸宮妃華子さまも内面からの美しさと品格がオーラのように輝いていますね。

    プレジデントなんやらで眞子さまについての記事を読みましたが、あの記者の個人的な見解と受け取りました。
    コメントを見るとほとんどは破談すべきと言っていますし、わずかに延期や降嫁があるだけでした。
    国民はちゃんと見ています。

  7. シロガネ より:

     maynさん、連日の記事の更新有り難うございます。百合子大妃殿下の肺炎の病状は大変心配ですが、ご容態は安定していらっしゃるとの事ですから、きっと回復されると思います。お生まれとお育ちというものでしょうか?本当にお年を召されてもお美しいお方でいらっしゃいます。皇室の歴史の生証人でおられる方ですので、まだまだお元気で頂きたいものです。

     それと、今は亡き大殿下も確か、90代後半で心臓の手術を受けられて、その時、かなり深刻な状態でいらっしゃいましたが、無事に回復されましたし。

     お二人のご長女の近衛家に、ご降嫁された、やす子様のご長男の所にも確か・・・・二男一女がいらっしゃる筈です。奥様は久邇宮家のご出身といいますから、流石近衛家です!!

     ペンペン草さんの記事を見ましたが、上皇后陛下がコロナのお引きこもりのせいで、ストレスが貯まって切れやすいご老人になられているそうです。

     ・・・・・・どうしましょう・・・・『我が身をたどる姫宮』の上皇后様(でも皇太后という本来の正しいお名に変わられますが)にそっくりになられてきています・・・・。

     早朝から人力車に乗って、皇嗣邸に乗り込んで、色々聞くに耐えない、お言葉を、妃殿下にさんざん言われたうえ、興奮の余り頭に血が上って、倒れたうえ、上皇陛下にしかられるのが、怖くて、未だに、皇嗣邸にお居間のソファーに居座っておられる・・・・不気味な、お色の洋服をお召しに成られた上皇后陛下ですが、リアルになってきて、怖いです。((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

     来年のカレンダーを見まして、あの色の洋服をお召しに成られて、年代物のソファーにお座りの、上皇后陛下の写真を見まして、頭に思い浮かぶ、イメージ、特にあの『不気味な色』のイメージがぴったりと一致しまして、驚きました。ヒィーー((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

     上皇両陛下がお座りのソファーですが、多分、高松宮家でお使いに成られていた、家具だと思います。それと良く似たソファーが、高松宮様のお写真集に載っていました。

     それとお部屋に飾られた、お写真ですが、当時の美智子妃殿下と幼い時の、紀宮様では、ないでしょうか?女の子のように見えますし、髪が長めです。当時の、浩宮様ではないと思います。

     ただ如何せん、上皇后陛下あの、『不気味なお色』のせいで、うっかりすると、ご本人が喪に伏されて、あのお写真は遺影に見えて、仕方がないです。時期的に若草色とか、もう少し明るい、いいお色とか、お着物をお召しになられたら、又全然違う印象に見えたでしょうに。残念です。色によって見る側の、印象は随分と違うと思います。

タイトルとURLをコピーしました