悠仁さま卓球部に所属 上皇陛下(おじいちゃん)と卓球を楽しんだり和船に乗ったり

秋篠宮皇嗣ご一家

悠仁さまが卓球部に所属しているとのことで、過去に上皇陛下と卓球をしたエピソードを思い出しました。その他、和船に乗ったり悠仁さまと上皇陛下がご一緒に行動し報道されたこともあったなぁ~と思い出しました。 庶民だと「おじいちゃんと一緒」です。上皇陛下にとっても初めての男の子のお孫さんで可愛いと思われていたでしょう。和船に乗った時はテレビで見ましたが、和船から悠仁さまが降りる時の上皇陛下の気配りは普通のおじいちゃんで微笑ましかったです。

スポンサーリンク

悠仁さま 変声期にさしかかり大人び卓球部に所属

「近頃、悠仁さまは変声期に差し掛かり、見た目も大人びてきているように感じます。8月6日には、秋篠宮ご夫妻とともに『全国高校総合文化祭』(高知県)の開会式をネットで視聴されるなど、皇族としての務めを果たされています。さらに、夏休み中はおひとりで皇居へ出かけられ、ヤゴの観察をされるなど活発にお過ごしだったそうです。休校となっていたお茶の水女子大学附属中の授業も再開し、所属されている卓球部の活動も楽しんでおられるそうです」(皇室ジャーナリスト)
誕生日にあわせて公開された写真は、秋篠宮さまとおふたりだけが写るものだった。「これまでは母の紀子さま、姉の眞子さまや佳子さまとご一緒に写られていました。ですが、悠仁さまももうお年頃。母や姉といつまでも一緒に写ることに、抵抗を感じられたのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)引用 NEWSポストセブンhttps://www.newspostseven.com/archives/20200912_1594551.html?DETAIL

男の子は中学生になるし母親離れが進むようです。悠仁さまも、姉、母親から離れ父親の秋篠宮殿下と2人での映像でした。声変わりもしてきて第二次成長期に入り、これからもっと身長も高くなり面差しも少しづつ変わっていくでしょう。

卓球部に所属ということで、運動部で身体を動かしているのも良いですね。悠仁さまは2016年8月16日に皇居を訪れた、旧窓明館、古くは勤労奉仕団などが食事や休憩に使った場所に、今は卓球台が保管され、天皇陛下は自分でインテグラを運転されて旧窓明館を訪問。一時間ほど悠仁さまと過ごされ、お2人は卓球をプレーされたのです。なかなか良い勝負だったと聞いている。秋篠宮殿下も卓球はかなりの腕前だとか。小さい時から卓球に親しんできた悠仁さまは部活も卓球部にしたのでしょうね。祖父、父、息子、三代で卓球に親しむ、とは明るくて良いですね。悠仁さまはもっと小さい時は、一緒に和船に乗り上皇陛下が船を漕いだりなど、様々なエピソードがあります。

出典 https://40836714.at.webry.info/201609/article_2.html

こどもの国へ 当時の天皇・皇后両陛下、皇太子・雅子妃両殿下、秋篠宮ご一家と黒田さんご夫妻

改修された迎賓館を見学 当時の天皇・皇后両陛下、皇太子殿下、秋篠宮ご一家


画像出典 時事通信、朝日新聞 、週刊女性PRIME



上皇夫妻3月の引っ越し後初そろって皇居をご訪問

悠仁さまの記事は良かったの女性セブン、同じ誌面では、紀子さま54才の誕生日に検診の為に宮内庁病院を訪れるのは、眞子さまのご結婚についての質問が入っており、世間の注目が集まるのは避けられないだろう。その日に、例えば美智子さまが150日振りの外出があれば、注目が和らぐのではないだろうか。ご自身の予定を紀子さまの誕生日にあわせることで、眞子さまに関する報道の拡大を抑えようとされたと思えてなりません。女性セブンより

このようなことを書いていました。こういう所がお笑い女性セブンなんですよね。私、ニュースで美智子さまの皇居入りを見ませんでした。外出したので見逃したのかもしれませんが、紀子さまのニュースは見ました。御代替わりしてから美智子さまはもう過去の人になられたようです。美智子さまより、紀子さまの文書回答が注目されワイドショーでも放送されていました。

気晴らしに宮内庁病院に通院は良いと思います。私の母も皮膚科に行っただけで気晴らしになっていましたから。美智子さま、仙洞仮御所が狭いそうなので皇居内を思い切り散策されたら良いと思いますよ。

上皇さまは11日、皇居内の生物学研究所でハゼの研究のため、皇居を訪問された。この日は上皇后さまも宮内庁病院で定期健診などのため、同行された。3月に皇居内の御所から仮住まい先の仙洞(せんとう)仮御所へ転居後、ご夫妻がそろって皇居を訪問されるのは初めて。午前10時すぎ、皇居・乾門を車で通過する際には、ご夫妻はマスク姿で車の窓を開け、会釈をして沿道の人に応えられた。その後、車は生物学研究所を経由し、上皇后さまはお一方で宮内庁病院へ入られた。側近によると、上皇后さまは今後、上皇さまの研究のための皇居ご訪問に合わせて、数回に分けて宮内庁病院に通われる見通し。今回の定期健診では、昨年6月に受けた白内障の手術と、同年9月の左胸の乳がん
摘出手術の経過観察のための検査も受けられるという。記事、画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/200911/lif2009110015-n1.html



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^。^)いつも出遅れ、ごめんなさい。

    和船、懐かしいですね。この頃は、穏やかで良い雰囲気でしたね。上皇さまの嬉しそうなお顔に、悠仁さまのご存在を心から嬉しく思われていることが伝わってきます。
    私は美智子さまの演出や偽善には、ホトホト嫌気がさしているのですが、何度ご病気をされてきた中でも、どこまでもメインでお出まし病(笑)は悪化の一途を辿って行ったことが、子供の国のお写真もよく物語っていますねf^_^;

    迎賓館のお写真、眞子さまの視線はどこへ?も、もちろん感じたのですが、…眞子さまのおみ足って、この頃こんなにスッとされていたのですね。角度や写り方だとはおもうのですが、紀子さまと同じ細さですよね。…ちょっと意外でした。もしかしてやや加工でしょうか?

    美智子さまは検診も結構ですが、マスコミから紀子さまを守るためなどと、ご自分をよく見せるために紀子さまを利用なさったり、高輪が狭いとか不平不満を仰るのも、お止めいただきたいものです(-。-;

    • mayu より:

      イリスさん

      この時期はまさか秋篠宮家が批判、中傷されるような状態になるとは
      想像すら出来ませんでした。
      元に戻るように眞子さまには賢明な判断をお願いします。

      眞子さまは胸が豊なので足が細く見えるのかな。
      元々、太い足ではないので、修正はしていないと思います。

      美智子さまは病気も演出のひとつに出来る、迷女優です。
      皇后も引退したので女優も引退ですね。

  2. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。

    子供の国での上皇夫妻が一番前に、は笑っちゃいますね。
    いくら序列が絶対の皇室とはいえ、そこは悠仁さまにお譲りになれば宜しいのに。

    今週の新潮を立ち読みしましたら、悠仁さまのお誕生日関連で宮内庁とコミニュケーションがとれていない秋篠宮様と、しっかり下げグラビアがありました。
    新潮ってなんでこうまでも秋篠宮家アンチなのかしら。

    最近ユーチューブを良く見ていまして、今日はお坊さんの人性相談投稿が幾つも出てきました。
    タイトルが、
    ・さよならを言える人は美しい
    ・きれいに終わる恋はない
    ・恋人への執着を絶ち賞味期限
    が切れた恋愛を捨てる方法
    ・ダメ男は捨てなさい
    等々、是非眞子さまに読んで頂きたい投稿ばかり。
    もしかして眞子さまを念頭に置いた投稿だったりして(汗)

    それと皇室記事チャンネル、どれも紀子さま下げのタイトル。
    あることないことと言うより、ないことないことのオンパレードです。
    (中身は読んでませんがタイトルで判断)
    あ~いうの取り締まれないのかしら? 騙されるお花畑さん、多いだろな と心配です。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      こどもの国では序列で乗っていましたね、愛子さまも来たなら
      愛子さまと悠仁さま2人で最前列も有りだったのでしょうか。
      それともやっぱり序列を通したのかな。
      なんでも目立たないと気が済まないようで・・・

      週刊新潮のグラビアは私も見ましたが、好意的に書かれているようで
      違っていました、眞子さまの件から手のひら返しが酷いのは
      どの週刊誌も似たり寄ったり。眞子さまが破談発表したら今度は
      どのような記事を書くつもりなのかしら。

      youtubeでお坊さんの人生相談があるのですか。
      なんでも有りのyoutubeですね。
      私はサーフィン、綺麗な海、など見ることが多いかな。

      皇室ちゃんねるは気が短いので読んだ方が早いので、ミラージュさんと
      同じように中身を見ることはないのですが、サムネイルを見ただけで紀子さま下げのタイトル。

      こうも作り話が多くなったのは某ブログが発端だと思ってます。
      昔のyoutubeは良かったな~~

  3. マグノリア姐さん より:

    こんにちは。

    和船のご様子はいつ見ても心が和みます。
    このころの上皇ご夫妻は、お立場は天皇皇后陛下でも、お孫さんと一緒のおじいちゃんおばあちゃんそのもののお姿です。
    この年齢のお孫さんには、お母さんが一番。
    絵に描いたようなスタイルです。

    男の子には必ず訪れる変声期。
    悠仁親王ももうそのようなお年頃なのですね。
    私の息子が変声期を迎えた時、初めに思ったのはおや?声が・・・から始まり、あれよあれよと変声期を超え、体のいろいろなところが変化し大人の体系になりました。
    瞬きなんかしていられませんね。
    中学入学式のときの制服姿が少しぎこちなく感じましたが、次拝見するときはすっかりフィットされていることでしょう。

    列車に乗る紀子さま悠仁さまを見つめる黒田さんご夫妻の温かいまなざしは素敵なショットですね。

    迎賓館見学は、秋篠宮ご一家は勢ぞろいでしたのに、今上陛下(当時の皇太子)はお一人、寂しく感じます。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん

      上皇陛下がいかにも優しいおじいちゃんで微笑ましいですね。
      皇族も庶民の孫が可愛いのは同じのようです。

      悠仁さまも14才になられて、早いもんです。
      それだけ自分も年を取ってしまいました。

      男子中学生は入学する時に大き目の制服を買うのですが、途中で
      ズボンの丈を出したり、買い替えと忙しいんですよね。
      家の娘は高校に入ってからも大きくなり制服一式買い替えし、
      店員から女子高生で買い替えは珍しいと言われました。

      悠仁さまも卒業まで1回は買い替えが必要になるんじゃないかな。

      迎賓館見学は雅子さまと愛子さまが欠席で、体調が悪かったか
      愛子さまが難しい時期だったんのでは。

  4. クロワッサン より:

    やしまさんが仰る通り、上皇が一言、男系維持と明言すればよかったのです。そうすればこれ程、今のように女系天皇の論議が盛り上がらなかったと思います。

    また、イギリス王室のように、皇太子・天皇になる方々が、一同に会して写真を撮れば、一目瞭然でしたのに……

    悠仁さまは、幼少時から聞き分けの良いお子様だと感じます。全盛期の皇室番組の中での礼宮さまは、いつも跳び跳ねていてヤンチャで、頬がプックリとして、本当に可愛いいお顔でしたね。

    美智子さま、随分、見ないうちに老けられた。人間、注目されなくなり忘れられると、年を取るんですね。美智子さまが、上皇の片腕に引っ付きすがる姿は、暑苦しい感じでイヤでした。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      上皇は男系男子はあまり気にしていなかったのか、皇太子と雅子さまに
      気を使ったのか、男子4人の写真は出しませんでしたね。

      悠仁さまは、上2人が年の離れた姉だということや、元々の性格が
      落ち着いているんじゃないかなぁ。
      秋篠宮殿下は子供の時の写真を見ると、大きくてやんちゃでしたネ。

      美智子さま、引っ越しにコロナで疲れが出たのか老化したみたい。

  5. やしま より:

    和船、懐かしいです。ありがとうございます。
    このころが、平成の天皇陛下が皇統を悠仁様につなげられるご意思があると、皇室ファンもそれこそ「確信」していた時期で、幸せでした。
    政治的な発言はできないといっても、自分の家の後継に関することをほのめかす、ぐらいはできないものだったのかなと改めて平成時代の天皇の発言に思います。第二次世界大戦については、ギリギリの線までいつも発言なさっておられた。特に戦争責任に対しての反省とかね。最後の最後までそこはお譲りになられませんで、安倍さんが渋いお顔なさっておられましたね。それよりも「皇統は男系男子でつながることを望みます」と一言明言していただければ、その後の週刊誌による女帝、女系天皇、女性宮家についてはある程度は沈静化されたんじゃないかなと思うので残念です。

    迎賓館を見学された当時の皇室一家の写真、いろいろ興味深いです。
    天皇陛下の後ろにピッタリくっつき、「チマチマ手」のまま歩く美智子皇后。ボッチ参加の徳仁皇太子。目線が投げやりな感じの上、この方のお召し物ってダブル?ボタンの色が目立っていて、珍妙です。秋篠宮殿下は、この当時、髪を染める移行期だったんでしょうか。白髪ではないけど、今のような黒いおぐしでもないような。
    しっかりたたずむ悠仁殿下は聡明そうです。この年頃のあーやはもっとやんちゃでした。
    そして最後尾の内親王方お二人。眞子様の視線は徳仁殿下同様、「どこを向いておられるのかな」という感じ。
    Fさんのお部屋で秋篠宮ご一家の、悠仁様がお小さいときの写真集が記事になっていましたが、秋篠宮ご一家のお写真って、眞子さまの視線、どの写真も悠仁様のほうを向いてないんですよ。

    長くなって恐縮ですが、こどもの国の写真これ当時から言われていたんですよね。なんでこの電車の先頭に平成の陛下二人なんだと。「こどもの国」なんだからせめてご夫妻の間に悠仁様を乗せてさしあげる気持ちになれなかったのか。全くこのご老人お二人(というか美智子様)、私が一番!の方だからなぁ。

    • mayu より:

      やしまさん

      上皇夫妻は女性天皇でも良いと常々思っていたのでしょうが、
      悠仁さまが産まれた時点で男系男子で行けると思わなかったのでしょうか。

      天皇家の当主が伝統を守らなくても良いと思って、庶民の方が
      男系男子で皇統を・・・と心配するって変ですよね。

      私も退位前に、天皇、皇太子、秋篠宮殿下、悠仁さまの男子四人で
      撮影された写真を見たかったです、欧州王室は撮っています。

      迎賓館での写真、こどもの国での写真を見ると愛子さまがいらっしゃらない。
      この頃は雅子さまの体調が悪かったとして、原因は愛子さまなんだろうな、
      悠仁さまと一緒に納まりたくない、納まれなかったのかなぁ~とか
      つくづく愛子さまでは苦労されていた時期だろう、と思いました。

      眞子さまは悠仁さまに焼きもちを焼いていたのかな~?

  6. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新ありがとうございます。
    悠仁さまの懐かしい写真、上げてくださり多謝!本当に大きくなられたんだなあと思います。
    特に、子供の国の汽車で、清子さんと黒田さんが如何にも嬉しそうな表情で、悠仁さまを見つめているショット、いいですねぇ〜可愛くて可愛くて仕方がないという気持ちが伝わってきまして、こちらまで幸せな気分になれます。

    それにしても「私が外出したら、私に注目が集まり、眞子の結婚問題から世間の目が逸らされていいんじゃないかしら」って…どれだけ自意識過剰なんですか?ですよね(笑)引退なさった意味がないじゃないですか。まあ、憶測記事も良いところなんでしょうし、お笑い女性セブンだから仕方ない。ぺんぺん草さんのブログでも、この件に関しては随分辛口のことを書いてらして笑えました。ただ、「もしかしたら本当にそう思ってらっしゃるかも?」と1パーセントでも思えなくもないのが「The 女優」美智子さまの怖いところです…

    • mayu より:

      狗児さん

      当時の天皇ご一家、ということで黒田さん夫妻も参加されたようでした。
      この時は、愛子さまが参加されずどうしたのかな?と思った記憶があります。

      女性セブンが勝手に妄想して書いたのであれば、美智子さまにとっては
      甚だ迷惑な記事だったことでしょうが、美智子さまならそう思える所が
      日頃の行いが・・・なのでした (苦笑)

  7. nono より:

    mayuさん、こんばんは、記事の更新有り難うございます。
    若宮と上皇陛下の和船の写真は懐かしく、微笑ましいですね(*^-^)
    もう、声変わりする頃なのですね、久し振りの男皇子ですし、御側仕えの方々も微笑ましく見ておられるでしょうね。
    上皇后様にはお可哀想ですが、もう過去の人ですよ。
    引退とはそう言うことです。
    上皇さまについて皇居にはいって散策やら暇な雅子さまとお茶でもしたら良いと思いますね!

    • mayu より:

      nonoさん

      上皇陛下の漕いだ和船に乗られたのは10年くらい前でしょうか。
      成長されましたよね。紺色のスーツを着て神武天皇陵参拝した時は
      まだ小学校一年生でしたが、後ろを歩いていた侍従は感無量の面差しでした。

      そうですね、美智子さまは上皇陛下に着いて行って皇居で
      雅子さまと歓談、散策したら良いですよね。2人暇でしょうから。

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    和船、懐かしいですね~あの頃はほのぼのしていて良かったなぁ…船から降りる時の上皇陛下の楽しそうな笑顔もいいですね。
    悠仁殿下の小さい時の画像を見て、先日のお誕生日の画像を思い出し、改めてご成長振りに嬉しくなりました。
    上皇さまと卓球をした事は初めて知りました。微笑ましいですね(*^.^*)

    上皇后さまは気を遣って(!?)わざわざ紀子さまのお誕生日に宮内庁病院に行かれたんですか。
    しかし、注目はあまり和らいでない様な気もしますが…
    まぁ延びていた検診を受けられて良かったですね。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      悠仁さまと上皇夫妻が和船に乗ったあの頃が懐かしいですね。

      上皇陛下が和船を上手に漕がれて、悠仁さまを和船に乗せたということは
      いずれ天皇になる証でもあったと喜んだものでした。
      マスメディアも船を出す所から乗船、下船まで見せてくれました。

      昔のことは覚えていることと、忘れていることがあり
      コメントで教えてもらう思い出したりいろいろです。

      美智子さま気を使って同じ日にしたと、女性セブンが書いていましたが
      注目はさほど無かったようで・・・検診でも気晴らしに仙洞仮御所から
      出ただけでも良かったんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました