皇后になった途端に元気になった雅子さま、たまに手抜きも見られますが、皇太子妃時代の後半、病気療養に入られた時から皇后になるまでの時代と比べると、狐につままれたような、適応障害の特効薬に巡り合えたのか、ようやく皇室に適応できたのか、秋篠宮ご一家、美智子さまが批判され、雅子さまが大絶賛されることに快感を覚え体調が良くなったのか、真相は分からないのですが、とにかく元気になって、さあ~これからイギリス訪問で皇室外交!と思った矢先の武漢コロナウィルス大騒動で、動きがストップ! やる事が無くなってしまいました。

新型コロナのご進講は3回した、次は何をしようか。
あ~そうだ、「子供の未来応援基金」五千万円寄付をした、誕生日会見で
子供の貧困問題を述べたので、「子供の貧困」問題で進講を受けようと
宮内庁職員が思いついたのか、天皇皇后夫妻が思いついたのかわかりませんが
ともかく何もしないよりは・・・と言う事で、「子供の貧困」問題で進講を受けました。

天皇皇后が新型コロナに感染したら一大事だと、赤坂御所から出して貰えないのか、
皇居と赤坂御所の通勤程度で、考えて見ると正直退屈でしょうねぇ。

出不精の私ですら新型コロナに感染しないように気を付けながら、食料品の買い物や
ホームセンター、医者通いなど適宜に動くのも気晴らしのひとつになっています。

身体が悪くて病気療養で動けないのと、元気だけど動けないのでは、
同じ「動かない」のでも次元が違いますから。

美智子さまの引っ越ししてから微熱が続くのも「動けない」ストレスが大いに
あるのかもしれません。動けない疲れ、とでも言いましょうか。
散策するにしても、仮仙洞御所では狭くて・・・・とかなんとか ( ゚Д゚)



スポンサーリンク

天皇皇后両陛下 「子供の貧困」問題で進講

天皇、皇后両陛下は14日、お住まいの赤坂御所で、内閣府の嶋田裕光政策統括官から子供の貧困問題などに関する進講を受けられた。
天皇陛下は今年4月、即位に伴い5千万円を、子供の貧困対策に取り組む「子供の未来応援基金」に寄付されている。両陛下は同日、基金事業の詳細や子供の貧困対策の現状などについて説明を受けられたという。陛下は2月の誕生日会見で近年、印象に残った出来事の1つとして子供の貧困問題を挙げ「次世代を担う子供たちが健やかに育っていくことを願ってやみません」と述べるなど、関心を寄せられている。産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/200514/lif2005140131-n1.html

愛子さま オンライン授業

両陛下の長女、敬宮(としのみや)愛子さまが今春、進学された学習院大は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、オンライン形式での授業を開始した。宮内庁によると、愛子さまも今週から受講を始められたという。学習院大では4月の入学式を中止したほか、オリエンテーションなどの構内行事も見送っており、学生に対してオンラインによる教材の提供や講義の視聴などの遠隔授業を導入している。【皇室ウイークリー】(641)より
産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/200515/lif2005150003-n2.html