新型コロナウィルスの影響を受けてか、皇室も行事が極端に少ないです。
4月国賓で訪日予定だった中国のシューキンペーの訪日は延期になりました。
こちらは延期大歓迎です、できれば訪日しなくてもよいくらいですが。
雅子さまは相変わらず祭祀は「お慎み」になっています。

両陛下ご動静3月1日
(宮内庁発表分)
【午前】
陛下 旬祭 宮中三殿御拝(皇居・宮中三殿)
皇后さま 旬祭に当たりお慎み(赤坂御所)
記事出典産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/200302/lif2003020009-n1.html

そういうことで皇室話題が無いのですが、コメントで週刊朝日に男系女系天皇のことが書かれていたとの事で読んで見ましたが、週刊朝日3月6日号 発売は2月の安倍政権が封印愛子天皇論のことかな? 2月20日配信です。最新号はまだ見られませんでした。

画像出典 週刊朝日3月6日号

上皇陛下が退位をにじませるビデオメッセージを公表したあとに有識者会議が
スタートしましたが、有識者会議の座長代理の御厨貴氏(みくりやたかし)と
園部逸夫氏の対談形式の記事でした。

まだ悠仁さまが生まれなかった時、小泉政権の時に有識者会議が設置され一年間議論を
重ねて女性・女系天皇容認、皇位継承者は第一子優先とする報告書ほ小泉元首相に提出。
小泉元首相は報告書どおりに典範の改正案をまとめて国会に提出したいと言ったが、
安倍さんだけが渋い顔をしていた。すぐに紀子さまが懐妊されてこの話は打ち止めになった。

2012年民主党の野田内閣で園部氏は内閣官房参与として「女性宮家」の検討に参加。
野田内閣は2012年秋に論点整理をまとめたが、女性宮家に皇室に「誰かわからない人」が
入ってくる可能性があると反発が強く結局お蔵入り。

眞子さまの交際問題で結果として「女性宮家をつくるというのは、こういうことに
なるのか?」の見本になってしまった。

40年後まで手を打たずに放置すると別の問題が出る。
男系と皇統を維持するためには悠仁さまが結婚して、ご夫妻の間に男子のお子さまが
何人も生まれるという絶対的な条件が前提になる。 悠仁さまに男子が生まれなければ
「悠仁さま」か「愛子さま」かという、天智・天武の争い(壬申の乱)が再び
起こる可能性すらある。

女性天皇押し(愛子天皇押し)の方々は必ずと言っていいほど、悠仁さまに
男子が誕生しなければ・・・と言うんですよね。
御厨氏が語った、40年後放置すると悠仁さまvs愛子さまは極論過ぎると思いました。
女性・女系天皇の議論はあと10年、20年くらいやっていたら良いんじゃないですかぁ
その間に悠仁さまも30代、愛子さまは40代になり結婚しているのかどうか・・・先のことはわかりません。


男系男子継承支持ブログの紹介

今、秋篠宮家が散々批判されている中で男系男子支持の皇室ブログが出ました。出ましたという言い方は変ですが(笑)恥ずかしいとのことで非公開コメントでお知らせ頂きました。nekodaさんの(猫ださん??)

猫だにゃおんの皇室男系男子ブログ
皇室の伝統 男系男子継承を望む皇室話題と人間・社会ウォッチングのブログ

https://nekodanyaon.com/

タイトルを少し替えるかもしれないとのことですがアドレスは同じ。コメント欄は開けますがコメ返しする自信がないので出来ませんとのことです。記事数がまだ多くないので読ませて貰いましたが、固いような感じだけどスルメのような妙な味わいのあるブログで皇族方の敬称も丁寧なので紹介しリンクさせて貰います。

このブログはアクセス数は多くないのですが、男系男子継承を望むブログは皇室に対して誹謗中傷が酷くない限りブログで紹介しリンクしたいと思っていますのでよろしくお願いします。