朗報 天皇皇后両陛下 今春に国賓でイギリス訪問へ エリザベス女王の招待を受ける

天皇皇后両陛下

今日の皇室は「講書始の儀の儀」しか投稿するネタが無いと思ったら
次から次へといろいろありこれで皇室記事の投稿3回目です。
明日は何があるかわからない超高齢者2人いるので超~暇な今日のうちに書いておきます。

なななんとーー!! 天皇皇后両陛下が今年の春イギリス訪問するそうです。
英国女王が招待し、ウィンザー城に滞在、女王と会見、歓迎晩さん会も開かれるとか。

海外に行きたくて仕方なかった雅子さまには「朗報」ですね。
体調がすこぶる良くてもう治ったというか、少なくとも寛解されたと思っても
良いのではないでしょうか。
と思ったら、まだ療養中の皇后さまの海外訪問と書かれていました。

政府は14日、天皇、皇后両陛下が今春にも、英国を訪問される方向で調整を進めていると発表した。日程などの詳細は今後、両国間で調整する。実現すれば、昨年5月の天皇陛下の即位後、両陛下の初めての海外ご訪問となる。菅義偉(すが・よしひで)官房長官が同日の記者会見で、英国側から招請があったことを明らかにした上で「第2四半期(4~6月)をめどに調整を進めていく」と説明した。
英王室も同日、ホームページで声明を発表。訪問はエリザベス女王の招待によるもので、両陛下はロンドン郊外のウィンザー城に滞在されるとしている。同国には平成10年、在位中の上皇ご夫妻が国賓として招かれ、宮中晩餐(ばんさん)会などに臨席された。
両陛下はともに英国のオックスフォード大に留学された経験がある。長女の敬宮愛子さまも一昨年、同国の名門私立イートン校のサマースクールに参加されるなど、天皇ご一家と同国との関わりは深い。療養中の皇后さまの海外訪問は、皇太子妃時代の27年7月にトンガを訪問されて以来、5年ぶりとなり、側近は「慎重な準備をしてお支えしたい」としている。
記事・画像出典 https://www.sankei.com/life/news/200114/lif2001140025-n1.html

やる気満々で、16日の歌会始の儀にも出席と書かれていました。
ここで、「体調を考慮して~」が出たら怖くてイギリス訪問できなくなるもんね。
愛子さまの卒業式、大学入学式、秋篠宮殿下の立皇嗣の儀を終えて一息ついた、
5月頃に訪英かな~?


天皇皇后両陛下におかれましては、我が世の春を謳歌ですね。( ゚Д゚)
昔、美智子さまから苛められたとかなんとか過去のことを書かれるのは心外でしょう。

過去のことを書かれればそれなりに雅子さまのボロも出てきますよ。
もはや、美智子さまは何をしても批判される状況に陥ってしまいましたし
秋篠宮ご一家も眞子さまの件が白紙にしない限りは批判されます。

欧州王室の中でもイギリス王室訪問は難易度が高そうです。
なんといっても真贋鋭いエリザベス女王がよ~く見てますから。
くれぐれもオランダの戴冠式に行った時のようなヨレヨレドレスは着ない、
徳仁天皇もとっちゃん坊やのようにウトキョロしないで威厳を持って訪英してください。

皇室ウォッチャーは天皇皇后両陛下の英国訪問の様子を楽しみにしましょう。

2012年5月17日 エリザベス女王在位60周年記念昼餐会での上皇夫妻。


画像出典 https://www.pinterest.jp/pin/572731277610224949/?lp=true
https://mainichi.jp/graphs/20160713/hpj/00m/040/003000g/21
コメ返しは明日、時間のある時にしますのでご了承ください。


コメント

  1. やしま より:

    mayuさん~~

    予言大的中!!

    歌会始も雅子皇后出席~~~

    記事を楽しみに待ってますね。

    先行しちゃってすみません。一つだけ感想。
    今回、8人の女性皇族、パッと見二人ずつ「色かぶり」

    皇后と信子様 オレンジ
    佳子様と彬子様 若草色
    紀子様と久子様 ブルー
    眞子様と承子様 おふほわいと(厳密に言えば濃淡等違いますが、色味は似ています)

  2. mayu より:

    こんばんは、コメント読ませて頂いていますが
    ここ数日、ネット、パソコンのやり過ぎで
    目が疲れてしまいましたのでコメ返しを休ませて貰います。

  3. やしま より:

    雅子様。こんなに普通に講書初の儀に出られるのなら、なぜあんなに長いこと、お休みなさっておられたのかが全く理解に苦しみます。
    まあ考えるとすれば、それは目の上のタンコブだった秋篠宮家方々全員が「逆風」にさらされていることが雅子様の「元気の源」なんじゃないですかね。

    少し前のネット上のいろんな方のブログや、巨大掲示板、そしてマスコミに至るまで、非難の矛先は、その多くが雅子様に向けられており、時に皇太子殿下(人格否定発言等)、時に激やせだのスキップ登校だの影子だのと言われた愛子様に、でした。それが今や噓のようにかき消され、マスコミに至っては賞賛一途。逆に在位中はあれだけアゲられていた美智子様のほうが怪しくなられた。
    そして国民の憧憬の的だった秋篠宮家は・゚・(ノД`)・゚・

    2月になると、眞子様の話題は暗い影とともにまたまた登場。私はこのままスルーして流れていくような気がします。眞子さま、国際弁護士に彼がなるまでは断固破談に首を縦に振らないんじゃないかな。そして国際弁護士になった途端、Kの母親はアメリカにわたり、なんだかわけがわからないけどコネをつくってあちらで開業。
    そこまで行ってようやく「アチラ側から破談を申し出ておしまい」になるような結末がチラチラしてなりません。気がついたら眞子様は三十路も半ば。あ~あ、やだな、こんな話。現実になってほしくないですよ。

    さて、今回の天皇皇后陛下、女王陛下からの正式御招待ということで。たしか2011年にウィリアム王子が結婚したときに、今回の天皇皇后、つまり当時の皇太子夫妻、招待されてたんじゃなかったでしたっけ?行くの行かないの、結構話題になった気がします。
    結局東日本大震災が起きて、「参列したかったけどできなかった」のかそれとも「もともと行きたくなかったからちょうどよかった」のかわかりませんが、出席なさっておられませんよね?

    だからして、本当、お二人の英国訪問って久しぶりなんですよねぇ。体調は波があるあると言われつつも、なんか昨今そんな感じは微塵も感じられないし、元気いっぱい行かれるのでは。そうそう、他の方も言われるように、行く前には少しストレッチでもして、体をほぐしていかれるといいですよ。
    イギリス訪問で新しいお洋服や貴金属も見せていただけたら幸いです。

  4. たか より:

    更新ありがとうございます。
    私は今から皇后が女王にいつものぶつかり稽古とキスをやらかさないか心配です。話題はオックスフォード、オックスフォード、イートン…だけですね。

    上皇后の英国訪問の写真で思い出したのが、どこかの池で蓮の花をとって陛下に渡そうとしてぺしゃんと尻餅ついた行動です。明らかに遠くにいるカメラを意識した、「なんだこの80年代少女漫画みたいなのは…」と私が初めて上皇后の演技に気づいた瞬間かもしれません。

  5. 雷鳥 より:

    こんばんは。更新ありがとうございます。

    皇后様、やっと念願かなって良かったですね〜。
    国賓待遇での英国訪問があるから、そりゃあ、国内のご公務も頑張らないといけないですよね〜(^^)v
    本当に、何というご病気にかかっておられたんでしょうかね?
    今までは何だったの!?

  6. ラミリー より:

    mayuさん、こんばんは。次々と更新ありがとうございます。エリザベス女王とのご対面とは!楽しみですーという事にしておきます。

    わこさん、(変換出来なくてごめんなさい)私も、亀首~などと思ってしまいますよ。4枚目の写真などは本当に、当時、誰も気づかなかったのが不思議です。気づいていても言えなかった、裸の王様状態だったのかも。そんなに熱心に見る人は、美智子様のファンでしょうから、補正入ったでしょうし。シロガネさんもいらしてましたね。私は着物には(洋服にも)疎いのですが、あれ?なんかちぐはぐ?と思う事もあったので、納得できました。

  7. nono より:

    mayuさん、連続更新有り難うございます!そしてお疲れさまです!
    なんと楽しみな記事でしょう!英国からのご招待となれば、元からキャリア思考の皇后さま、きっと気合い入ることでしょう、是非気負わずに、ドレスも新調なされてご訪問していただきたいです。
    ヘンリー王子の、1件で英国は王室に疑問を抱く記事も出てると言いますし、英国にとっても良いことなんでしょう(*^-^)
    くれぐれもよれッとしたスーツやドレスだけはお控えいただきたいです!

  8. イリス より:

    mayuさん、続々のアップありがとうございます!
    イギリスご訪問ですか。それならばなおのこと、俄然国内のご公務にもハリアイが出ますね(^^;
    折も折、映画「ダウントン アビー」を観ました。貴族の邸宅に国王と王妃さまがみえるのですが、(もちろん女優さんということもあるのですが)、余裕のある洗練されたマナーや所作、ドレスの着こなし、そしてどの方もカーテシーの美しかったこと!私たち演奏の人間も膝を折っての舞台挨拶もあるのですが、やはり体幹や筋肉が要です。紀子さまや眞子さま方の美しいカーテシーは、きっと日頃の体幹などの水面下のご鍛錬あっての美しさだと改めて思います(^ ^)雅子さまは…腰が退けてしまって残念なカーテシーでいらしたので、もうこれからはなさらなくて良いお立場ですし、よろしかったと思います…(^^;
    あちらでは女王さまはじめ、エレガントで洗練された方々に囲まれますので、何とかクリアなさっていただきたいですね。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、お忙しい中
    更新有難うございます。
    いや~今日は色々ニュースがありましたね…

    英国ご訪問が決まったんですか。雅子さまは嬉しいでしょうね~
    講書始の儀の後に公表なのは、たまたまなのか?何なのか解りませんが(^^;

    とにかく今は、歌会始の儀が(皆様方ご出席で)
    無事に終える事が出来ればいいですね。
    歌会始で新年の一連の行事が終了なんだと(多分)思います。

  10. 狗児 より:

    mayuさん
    怒濤の更新、どうもありがとうございます!
    雅子さま、英王室からご招待されて、さぞかし嬉しく思ってらっしゃるでしょうね。やっとこれで、私の実力が遺憾なく発揮できるわ、というところでしょうかね。
    講書始の儀のお衣装も、好みはあるでしょうが、微妙なニュアンスのあるお色で、素敵だと思いました。
    mayuさん仰いますように、エリザベス女王は、しっかりした目をお持ちでしょうから、小手先で誤魔化しは出来ないでしょうね。
    さて、美智子さまのお着物の記事のコメント欄で、美智子さまのお首のことについて教えてくださいました方々、どうもありがとうございました。ご本人がどうしようもない生れつきの骨格の問題でしたら、とやかくいうのはよろしくないですね。失礼しました。しかし、いつかやしまさんが仰っていたように「見たら色々思っちゃうんだもーん」という心理は抑えがたいです。。

タイトルとURLをコピーしました