週刊女性2019年12月17日号のタイトル
「愛子天皇」実現への高いハードル。
サブタイトルで、高円宮承子さま、婚約直前で公務の担い手がまた減少?
識者たちが語る女性天皇、女系天皇、女性宮家の論点

男系男子で維持してきた皇室の伝統を重視し「旧宮家」の復帰、
男子を産まなければならないプレッシャーをなくすために
女性、女系天皇を容認、等々、様々な意見が書かれています。
詳しい内容は週刊女性2019年12月17日号を読んでくださいませ~

承子さまの結婚について

高円宮家の長女承子さまが近いうちに婚約を発表されるそうです。
お相手は、大手銀行に勤める承子さまと同学年にあたるAさんで、
数年前からひそかに交際されていました。仕事ぶりも会社から評価
されていて勤務先のホームページに社員紹介として載ったことも。
もちろん、承子さまの母親・久子さまにも挨拶をすませており、
即位関連の重要な儀式が滞りなく終了したあと、結婚される予定の
ようです(宮内庁関係者)


記事・画像引用 週刊女性2019年12月17日号

以前から噂になっていた方でしょうか?
顔はわかりませんが、身長も高そうだし足も長く大顔でもなく
バランスの良いスタイルで今時の若い男性風で良いじゃないですか(^^)

画像出典 ペンペン草さんのブログより この男性と同じ人っぽいのですが。
身長の高い承子さまよりこのくらい高いとすると、180㎝前後で長身ですね。
身長もあるし、顔は普通の大きさだし、小室Kよりずっといいわ(ペンペン草さんの感想)
https://sakuragasaita.com/akiko-london-tuguko-geneva-travel

私のごく近い身内は170㎝以下の男性がいません、ほぼ平均身長以上が多く
義弟など180㎝、その息子も180㎝で、秋篠宮殿下が178㎝というと、
やっぱり高身長だとつくづく思います。娘の旦那さんも大きいですねぇ。
そしてまた、短足もいないので小室圭氏は今どきの若い人の体型では
珍しいと思いましたが、寒い地方の人は総じて高身長だそうで
北欧に住む方々は大きい、私の身内も「ベルクマンの法則」なのかな(笑)


承子さまと同学年ということは承子さまは
1986年3月8日の早生まれなので33才か34才の男性ですね。

承子さまはイギリス留学中にmixiに赤裸々なことを書いて話題になり
結婚のお相手探しも大変ではないか?と思ったこともありましたが、
承子さまの場合、mixiの件があるので自分で見つけるのが一番良いとも思いました。
今や、格式高い家柄どーのこーのより、結婚相手が安定した職業に就いている、
借金がない家庭、降嫁するさいに出る一時金をアテにしなくても生活できる、
これだけで良しと思うくらい、小室Kの出現により女性皇族の結婚相手のハードルが
かなり下がったようです。承子さまの結婚が即位関連儀式後になったのは、
お相手が守屋慧さんのように、関連儀式に出席するのを避けたかったこともあるのかな。
とにかく、承子さまもほどなく降嫁されるとしたらお目出たいことです。

週刊女性は承子さまが結婚したら、公務を担われる皇族がまた減少すると
書いていますが、承子さまの公務はそれほど重要でもなく引継ぎする皇族が
いなければいないでも済む話ではないでしょうか。
高円宮家は久子さまが動けるうちは動いて公務を担って頂いて
久子さまは最後まで国が面倒をみて高円宮家はなくなるで良いと思います。

三笠宮家は彬子さまが12月20日で38才、瑤子さま36才。
お2人が降嫁せず皇室に残ると今後、三笠宮家を50年以上国で面倒を見ることになります。
彬子さまはともかく、瑤子さまは何をして過ごしているのでしょうか。

これから日本の人口は少なくなる、税収入も少なくなる、皇室、皇族も少数で
公務縮小しながら継続で良いと思います。

愛子さま天皇はハードルが高い

週刊女性は愛子さまの即位は難しいとも書いています。

女性天皇の議論は男性皇族が1人もいらっしゃらない状況でなければ
すべきではないことが前提だと思うからです。
退位特例法を制定した際、政府は皇位継承順位を秋篠宮さま、悠仁さまの
順番で決定しており、それを簡単に覆すというのはありえないと考えます。
記事引用 週刊女性2019年12月17日号

そういうことで、日本の人口減少により税収入も少なくなる。
皇室に投入する税金も少なくなる、皇族は少なくても良い。
悠仁さままでは皇位継承順位が決まっている。
なにより愛子さま自身が天皇になるのは
にこにこお手振りだけでは済まない厳しいことだと、即位礼関連儀式で
散々見せられた、見てきた人達なら愛子さまには天皇になるのは無理だと
お察しできるのではないでしょうか。
詳しいことは週刊女性2019年12月17日号を読んでくださいませ~