ここ数年の文化勲章受章者らを招いてのお茶会は、美智子さま、紀子さまが着物で
雅子さまはスーツでした。今年は新天皇皇后になりどうなるのかな?
洋装になるのでは、と思ったら着物でした。
新天皇皇后と秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さまの6人がお出ましで
去年に比べると振り袖姿の秋篠宮家の美形姉妹が加わった為、さぞかし華やかな
お茶会になり招待された方々も喜ばれたことでしょうね。

下の画像は2018年の文化勲章受章者らを招いてのお茶会
去年の茶会と比べると今年は秋篠宮家のお陰で若くて華やかでいいですねぇ(^^)
いずれ愛子さまも振り袖を着てこのような茶会に出席されるのでしょうネ。


画像出典 朝日新聞https://www.asahi.com/articles/photo/AS20171106004577.html

私は雅子さまが着物が似合う、似合わない、着付けがどうのこうのは
もう関係なくなりました。とにかく雅子さまが着物を着てくれると他の
女性皇族方も着物を着るので見られるのが嬉しいのです。

今回は紀子さまの着物が好きです。
着物の色が落ち着いた撫子色のような、渋ピンクとラベンダーを加えた
微妙な色の着物に渋めの帯で年相応にまとめた、着席すると見栄えがよく
こういう色の着物を着るのを見ることが少ないような気がするので好きでした。

雅子さまは、水色、薄緑、クリーム系の着物が多いのでたまにはラベンダー、
薄紫色の着物にも挑戦して欲しいと思いました。

眞子さまの振り袖はペルー訪問の時に着た着物、佳子さまはオーストラリア訪問や
国内での公務でも着られた振り袖でした。

天皇、皇后両陛下は5日、文化勲章受章者と文化功労者を
皇居・宮殿「連翠(れんすい)」に招き、恒例の茶会を催された。
ノーベル化学賞に決まった電気化学の吉野彰さん(71)ら
文化勲章受章者6人、歌舞伎の坂東玉三郎さん(69)ら文化
功労者20人が出席。天皇陛下は「皆さんが努力を重ね、学問、
芸術、スポーツの分野で大きな成果を挙げられましたことを、
誠に喜ばしく思います」とねぎらいの言葉をかけられた。
茶会には、秋篠宮ご夫妻と長女の眞子さま、次女の佳子さまも
陪席された。記事出典 産経新聞




 

文化勲章受章者と文化功労者を招いた茶会で出席者とあいさつをされる天皇、皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻、秋篠宮家の長女、眞子さまと次女、佳子さま=5日午後2時41分、皇居・宮殿「連翠」(代表撮影)

画像出典 https://www.asahi.com/articles/photo/AS20191105003126.html

画像出典 https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images