眞子さま、本日22日無事に帰国されました。
長期間に渡る国際親善でした。日本から移住した方々への訪問、式典などでは
振り袖を着て、さぞかし現地の方々も喜ばれたことでしょう。
私も目の保養をさせて頂きました。振り袖は新しく誂えたのが一枚、
最初にお召しになった振り袖で、他の3着は以前から着用されていた振り袖でした。
ピンクの振り袖は10年前にお召しになっていたとコメントで教えて頂きました。
前も書きましたが、眞子さまは体格も良く体力もあるのに加えて所作もよく
訪問先での投げキス、子供をハグしたことなどは、私には些細なことで
とやかく言う事ではありませんでした。

全日程を通してみれば、やはり秋篠宮ご一家の国際親善はパーフェクトに
近い物がありました。場数を踏む、事前の調べ、普段から所作を学ぶ、
そういうところが随所に見られ、安定感のある国際親善だったと思います。

以下からは簡単に眞子さまが帰国するまでの数日間の式典などです。
ちょっと休んでいたら着いて行けなくなりました(^^;)

南米2カ国を公式訪問していた秋篠宮家の長女眞子さまは22日朝、
羽田着の民間機で帰国された。眞子さまは9日からペルー、ボリビアを訪問。
両国で日本人移住120周年記念式典に出席するなどした。時事通信

【7月20日 AFP】
南米ボリビアを公式訪問している秋篠宮家の長女眞子さまは19日、サンタクルス
(Santa Cruz)の北東80キロにある日本人コミュニティー「オキナワ」を訪れ、
日本人移住120周年記念行事に出席された。
眞子さまは5日間の日程でボリビアに滞在されている。(c)AFP


ボリビア中部の日本人コミュニティー「オキナワ」で行われた日本人移住120周年記念行事で、
植樹をされる秋篠宮家の長女眞子さま



眞子さま、戦後移住地を訪問

ボリビアを公式訪問中の秋篠宮家の長女眞子さまは18日、第2次世界大戦後の
1955年に日本人入植が始まった東部サンタクルス県のサンフアン移住地を訪問し、
移住者や日系人を激励された。

歓迎昼食会で、眞子さまは「初期に移住された方々は大変な苦労の中で原生林を開拓し、
生活を築いてこられたと伺いました」と入植者の苦闘に思いをはせた。
沢元静雄サンフアン日本ボリビア協会会長は「祖国の指導、支援に加え、ボリビア側の
理解と寛大さにより今日の発展を得た。関係者に万感の敬意を表します」とあいさつした。

眞子さまはその後、入植者らが創設した幼稚部から中等部まである「サンフアン学園」も訪問。
移住地史に関する生徒の発表に拍手を送った。学園を去る際には、子どもらの歓声に応えて胸
の前に両手でハートマークをつくる場面もあった。時事通信

画像出典 New My Royals・AFP・時事通信 

【お願い】
*HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*私に対するしつこいコメントは載せないことにしました。
*匿名でのアホ、バカなどのコメントも載せません。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。