午後から絢子さまと守屋慧さん、2人の婚約内定会見が楽しみです。
わたしは守屋さんの笑顔が好きです(^^)
絢子さまも結婚を心から喜んでいる様子、守屋慧さんに惚れたな(笑)
隋分と綺麗になられたな~、これ素直な感想です。

お目出度い日なのに、天皇陛下が脳貧血でめまいと吐き気で
絢子さまの婚約内定あいさつを皇后さまが単独で受けたとのこと。
眞子さまの婚約内定発表の時は、宮内庁長官、お通夜のような
沈痛な面持ちでしたが、今回は宮家の女王ということで加地隆治宮務主管が
発表されましたが、テレビニュースを見ると普通でした。
沈痛な面持ちが異常だったということでしょう(^^;)
気になるのは、菅官房長官のお祝いの言葉の中に女性皇族現象について
「先延ばしすることはできない重要な課題だ」と述べた事。
いずれ、女性宮家創設の話になっていくのでは?避けて通れないことなのかな。

宮内庁は2日、高円宮家の三女絢子(あやこ)さま(27)と日本郵船社員、
守谷慧(けい)さん(32)=東京都港区=の婚約が内定したと発表した。
一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」(8月12日)を経て、
10月29日に明治神宮(渋谷区)で結婚式を挙げられる。
絢子さまは結婚により、皇室典範の規定で皇室を離れる。
午後に守谷さんと記者会見に臨む。

高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さんの婚約内定発表に当たり、
宮内庁の山本信一郎長官が発表したコメントは次の通り。

※宮内庁の山本信一郎長官が発表したコメント
絢子女王殿下には、成年皇族として、多くの公的なご活動に
心を込めて取り組まれてこられました。
また、高円宮妃殿下のご活動をお支えになるなど、これまで女王としての
お役割を十分に果たしてこられたものと存じます。
守谷慧氏は、絢子女王殿下のご結婚のお相手にふさわしい誠に立派な方であり、
本日お二方のご婚約がご内定になりましたことは、私どもにとりましても
喜びに堪えないところでございます。
このたびのご婚約ご内定に当たり、心からお祝い申し上げますとともに、
お二方の末永いお幸せをお祈りいたします。時事通信

婚約報告を終え、皇居を出る高円宮家の三女絢子さまと母久子さま=
2018年7月2日午前10時38分、皇居・乾門、山本裕之撮影


高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さんの婚約内定を発表する宮内庁の加地隆治宮務主管
=2018年7月2日午前、東京都千代田区の宮内庁、嶋田達也撮影

久子さまとともに、日加協会関係者と歓談する絢子さま
(6月29日、東京・元赤坂の高円宮邸、宮内庁提供)

職場での守谷慧さん(左から2人目)=6月28日午前、東京都千代田区の日本郵船提供

職場で働く守谷慧さん=6月28日午前、東京都千代田区の日本郵船提供

※絢子さま婚約内定 高円宮妃久子さまの感想全文

高円宮妃久子さまは宮内庁を通じ、絢子さまの婚約内定の感想を公表された。
出会いからあまり時間が経っていないのですが、二人でしっかりと意思確認をしており、
相性がとてもいいように感じます。
ご家族での海外生活も長く、ご本人も留学と海外勤務を経験していらっしゃいます。
また、ロンドンで活躍されていたおじい様の守谷兼義氏は、里の父と同様、海外にて
日本の戦後の復興のために真摯(しんし)に努力しておられた方です。
そのように考えると、カナダへの留学を機に、国際交流の重要性に気づかれた宮様も
お喜びと存じますし、二人の経験してきた様々なことが、将来、国際交流や福祉、スポーツ、
教育など宮様が大切にされていたことに繋がっていくのかもしれません。
私としてはご両親を存じ上げており、亡くなったお母さまの、深い愛情をもって世界の
子供たちと接するお姿を思い出すと、そのお母さまに育てられたご子息はしっかりとした
価値観をもつ優しい青年であろうと思い、結婚に賛成いたしました。
良いご縁と喜んでおります。毎日新聞

※天皇陛下が脳貧血 面会など延期

宮内庁は2日、天皇陛下が未明に体調不良を訴え、脳貧血によるめまいと
吐き気の症状があるとの診断を受けられたと明らかにした。
救急搬送の必要はなく、お住まいの御所でしばらく安静と経過観察が必要という。
同庁によると、御所で就寝中だった陛下は2日午前4時ごろ、急に気分が悪くなった
と皇后さまに訴えた。激しい発汗があったことから、皇后さまはすぐに侍医を呼び、
診断の結果、脳貧血を起こしていると判明した。
発熱はなく、緊急の措置が必要な状況ではないという。
このため、御所で2日午前中に予定されていた高円宮家の三女絢子さまの婚約内定
あいさつは皇后さまが単独で受け、この日の他の公務は延期となった。
3日以降の公務は、体調をみて出席の可否を判断するという。時事通信

※絢子さまの婚約内定を祝福=菅官房長官

菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、高円宮家の三女絢子さまと
日本郵船社員の守谷慧さんの婚約内定について、
「誠におめでたいことと存じ、国民の皆さんとともに心からお祝いを申し上げる」と述べた。
菅長官は、婚姻による皇籍離脱で女性皇族が減少する問題への対応について、
「先延ばしすることはできない重要な課題だ」と述べつつ、「いろんな考え方、意見があり、
国民のコンセンサスを得るには十分な分析と検討、慎重な手続きが必要だ」と語った。時事通信




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。