73回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が
東京都千代田区の日本武道館で開かれた

今年の73回戦没者追悼式はYouTubeのライブで見ました。
午前11:50頃から献花を終えるまで約1時間の追悼式でした。
NHKは天皇皇后両陛下が退席すると放送を終了します。

天皇皇后両陛下臨席、平成最後の追悼式でなんだかな、
感慨深いものがありました。
戦後73年経った、平成も30年で終わる、時代の流れを感じました。
今年は天皇陛下もそつなく式典をこなし、退席する時の後ろ姿は
ただ普通の老夫婦に見えました。

来年は皇太子と雅子さまが出席されます。
天皇皇后両陛下は約25分から30分程度の式典出席です。
時間としては短いので雅子さまでも出席できます。

天皇陛下はお言葉で「深い反省」に4年連続で言及。
安倍総理は歴代首相が踏襲してきたアジア諸国への「損害と苦痛」
「深い反省」には6年連続で触れなかった。
相変わらず真逆な2人です(^^;)

戦後70年以上、深い反省をし続けてきたが、中国、ロシア、
韓国、北朝鮮に近い日本は国を守る国防のことも考えなければ、
永遠にこの平和が続くと思いたいけれど、今の若い人たちは
どう思っているんだろう。

映画「野生の証明」の主題歌ですが、歌詞が特攻隊とシンクロしてしまい
去年作成した動画です、削除要請がきたら削除するつもりでしたが、
未だに削除要請も来ず、久しぶりに見ると視聴回数10.551回、
イイネも100越えていました。ユウチューバーではないので
視聴回数には拘ったことはないのですが、日本人なら何か
胸にジーンと来るものがあるようです。
特攻隊 戦士の休息 町田義人

戦国自衛隊のエンディングテーマララバイ・オブ・ユーも好きです。



73回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が
東京都千代田区の日本武道館で開かれた。
天皇、皇后両陛下や安倍晋三首相、遺族ら約7000人が参列。
戦没者約310万人の冥福を祈った。来年4月末の退位を控え、最後の出席
となる天皇陛下はお言葉で「深い反省」に4年連続で言及。
「世界の平和とわが国の一層の発展を祈ります」とも述べられた。

式典は正午前に始まり、安倍首相が式辞で「今日の平和と繁栄が、戦没者の
皆さまの尊い犠牲の上に築かれた」と追悼。
その上で、「戦争の惨禍を二度と繰り返さない。
歴史と謙虚に向き合い、どのような世にあっても、この決然たる誓いを貫く」
と強調した。歴代首相が踏襲してきたアジア諸国への「損害と苦痛」「深い反省」
には6年連続で触れなかった。

正午から1分間、黙とう。続いて、天皇陛下が「戦後の長きにわたる平和な歳月に
思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り
返されぬことを切に願う」とお言葉を述べた。
長文になるので以後省略しました。 時事通信

※戦没者追悼式での天皇陛下のお言葉全文
本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、
さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、
深い悲しみを新たにいたします。
終戦以来既に七十三年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が
築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。
戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省とともに、
今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に
倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。