悠仁さま槍ヶ岳登頂の理由は将来の天皇と進学先も関係あり?*眞子さまの頑なさも理解できるような

秋篠宮皇嗣ご一家

女性自身9月11日号の
紀子さま、悠仁さまへ命じた試練の槍ヶ岳登頂。山頂へは独りで!
を読みました、その感想と記事を掻い摘んで紹介します。


槍ヶ岳山頂、画像で見ただけでも難所で、悠仁さま良く頑張って
登られたな! 山頂は絶景でしょうけど怖いです。なんたって梯子が怖いデス。

秋篠宮殿下が年齢と共に丸くなる、こういうケースはよく見られます。
眞子さまが小室Kとの結婚に対して両親の言う事に素直に
なれない気持ちは、こういう「姉弟と扱いの違い」
憤懣やる方ない思いになっているのかな、と思ったのでした。
ここ数日、自分自身も姉弟差別にかなり憂鬱な気持ちになっていたので、
長女で厳しく躾けられた眞子さまの頑固さ、理解はできるのですが
相手が悪かった、不運というか、これも親の責任も大いにあるでしょう。

悠仁さまの進学先は宮内庁関係者、週刊誌の記事ということもあり
話半分、でもそれもあるのかもしれない、そのうち分かること、ということで。
他に皇室記事は「女性セブン」の雅子さまのアゲ記事と週刊新潮の
「昭和天皇」戦争責任の苦悩が生んだ「今上陛下」の制服アレルギーなど
ありますが、女性セブンは紹介するのは簡単ですが、新潮はじっくり
読まないと私の頭脳では書けそうもないです(^^;)
取りあえずまずは、女性自身2018年9月6日、最新号から掻い摘んで紹介



8月3日 山頂のほうから、はしごを新調に下りてくる男の子がいた。
こんな場所で子供をみかけるのは珍しいな、と何気なく
カメラを向けると周りにいた男性が慌てたように両手て×ばってんの形を作った。
男の子を顔を見てハッとした、秋篠宮家の長男悠仁さま。
バッテンの意味が分からなかった会社員女性はSPの人達が
「写真を撮るな」と言っていたのだとようやく理解できた。

標高3180メートルを誇る山頂は「槍の穂先」と呼ばれ
岩場をはしごや鎖でよじ登らねばならない。

お忍びだった槍ヶ岳登山、紀子さまと悠仁さまご一行の登山スケジュール。

8月2日 上高地から入山。槍沢ロッヂに宿泊。
3日、槍ヶ岳登頂後、山頂直下の山小屋「槍ヶ岳山荘」に宿泊。
槍ヶ岳山荘=水道を引けないので風呂シャワー無し、トイレは水洗でない。
4日、上高地に向けて下山。

秋篠宮殿下は登山をほとんどしないので紀子さまの発案では。
槍ヶ岳は日本百名山の約半数を登頂された皇太子も登られていない。

・眞子さまの結婚延期問題を巡って秋篠宮家がギクシャクしているのは
間違いない(皇室担当記者)

・最近の秋篠宮殿下はお成り先でも心ここにあらずといった表情を
されることがある。

・どうしても悠仁さまに関しては紀子さまのワンオペ教育になっているようだ。

・遠方へ行かれる場合、すべて紀子さまが一人でお連れになっている。
10日の広島平和公園の慰霊、19日~20日、山梨県河口湖のコンサート鑑賞。

・秋篠宮殿下はときに口より先に手が出るほど、眞子さま、佳子さまを
厳しくしつけられていた。

・年の離れた弟、悠仁さまにはあまり怒らないので、眞子さまが
「最近はすっかり丸くなった」と会見で話されたほど。

・いっぽう紀子さまはそんな秋篠宮殿下の方針に違和感を覚え、
将来は天皇になられる悠仁さまを立派にたくましく育て上げなければと、
焦りを感じていらっしゃるのです(皇室ジャーナリスト)

(以下から宮内庁関係者)
・同級生と比べても線が細い悠仁さまに、集団の中でも負けない体力と
精神力を培ってほしいという願いで過酷な槍ヶ岳登山を命じられたと思う。

・悠仁さまは昨年度から始まった「提携校進学」制度で筑附中に
入学されるとみられている。

筑附小6年生はみんな、標高2580メートルの八ヶ岳・三ツ頭へ登頂する。

紀子さまには同級生になる生徒たち以上の試練を経験し、悠仁さまに、
胸を張って入学してほしいという考えがあったでしょう

登山は皇太子と共通の話題にもなり、新天皇との距離を縮め、身近で
その立ち振る舞いを学べるようにとお心遣いをされたに違いありません。

この最後の部分、新天皇になる皇太子、その立ち振る舞いを学べるように
の文章でドッカーンと雷が落ちたような気がした。
その立ち振る舞いを反面教師と思い学んでほしいです。と訂正したいです。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。



コメント

  1. すぐる より:

    天皇制は廃止すべきだと私は思います。
    天皇・皇族だって同じ人間なのに、公務を担うというレールがしかれ、自分の考えを自由に述べる権利、職業選択の自由、プライバシー、海外に移住する自由など、国民が当たり前にもっている自由もないし、病気の治療を終えて間もないときでも公の場に出れば容赦なくキャーキャー騒がれ、そこで笑顔を見せないといけないというのはかわいそうです。
    皇族ゆえに槍ヶ岳登頂という困難なことを親から命じられるというのもかわいそうです。
    戦前まであった華族・士族も廃止されたんだから、取り残された世襲的階級制度である皇室制度を廃止して、国民が大統領を選ぶ共和国になるべきだと思います。
    国民投票で王制を廃止したギリシャのように、日本も天皇制の是非を問う国民投票を実施すべきだと思います。

    • mayu より:

      すぐるさん

      同じ人間だけど天皇も親を選べない、虐待死させる子供も
      親を選べない、天皇家、皇族に生まれた運命(さだめ)ではないでしょうか。
      私が生きているうちは、天皇制廃止にはならないと思いますが、
      女性宮家創設はあり得るだろうと思う時があります。

  2. 葉月 より:

    mayuさん
    二度同じ投稿をしてしまい、失礼をしました。
    一つ消しておいてくださいませ(^^;;

  3. やしま より:

    筑附小の件を絡ませているのは、我々じゃなくて、週刊誌報道なんで、そこはご認識よろしくお願いいたします。

    槍ヶ岳って「初級者向けコース」なんですかぁ。びっくり。
    週刊誌では「ここには登山が趣味の皇太子殿下もまだ登られたことがない」という紹介。まるで大変な山登りみたいな印象づけですね。

    初心者向けコースにSP20人の大名行列(笑)。

    • mayu より:

      やしまさん

      初心者、山登り初体験でも登れるでしょうが、
      YouTubeで見ると岩だらけの道を這うように登っていく、
      山頂付近は落ちたら大怪我しそうな所でした。

      山荘に一泊して天気が良ければ軽装でも登れる、
      山ガールも登っていましたが、私は無理。
      3階まで階段上っても息切れ、高所恐怖症でパニックになる((((;゚Д゚))))))) 
      梯子が難所じゃないかなぁ。 だから皇太子も登らなかったのかも。
      SP20人は落ちそうになった時に身を挺して悠仁さまを守る役目、だとしても山登りまで
      着いて行かねばならなくてご苦労様です。
      序に小室Kについたり、SPの方々本当にご苦労様です。

  4. すぴか より:

    まゆさんのブログのコメント欄が一番読みやすいです。
    暑い中いつも更新ありがとうございます。

    どうしてKKと眞子様がおうちデートした日に、紀子様がいないの?と
    ずっと疑問だったのですが。
    やしまさんのコメントを読んで納得してしまった。
    東宮の門は立派だとか、美智子皇后の作戦だとか、しまいには久子がーと騒がれています。
    でも眞子様だって、勝手に御用邸にKKと侵入して両陛下に合わせたという実績もあるし
    親がいなくても勝手にデートしても納得できます。
    (想像ですよー)
    もういい加減に、周囲に責任を押しつけるのやめませんか?
    ダメなものはダメ!という態度で、眞子様と向き合わなければなりません。
    タレントのフィフィさんもTwitterでつぶやいていたけど
    好きにさせてあげれば良いと。もちろん税金を遣わないで。

    • mayu より:

      すぴかさん

      gooブログのコメント欄も文字が大きくて読みやすいですよねぇ。
      このブログはレスポンシブデザインと言って、スマホで見る方にも
      見やすいテンプレートで私も気に入ってます(^^)

      私自身はどこの門から入ろうが、眞子さまと小室Kは
      会ったんだ~~と、憮然としていますが。
      あの門、この門と門は大事なのですねぇ。

      いつまでも宙ぶらりんでいるより、秋篠宮殿下の誕生日会見の頃には
      破談か結婚するのか、決着をつけて欲しいものです。
      胸のつかえが取れなくて、秋篠宮ご一家を見ても小室Kの影が
      チラついて困ったものです。
      一時金も辞退して小室Kと結婚、アメリカで暮らすなら
      仕方ないと思うかも。 ただし、税金は一銭も使わないこと。
      これが前提じゃないと納得できません。

  5. 葉月 より:

    mayuさん、こんばんは。
    お久しぶりです。
    私は40代後半から登山を始めて槍ヶ岳は二度登頂しました。
    私達のグループは笠新道から双六を経て槍でしたから、かなりの距離を歩いて槍の山荘に着きましたが、上高地から槍沢のコースで登るのは難しくないようで軽装の70代の女性グループと出会いました。
    夏のシーズンでは槍ヶ岳山頂は狭いので、山荘の前で順番待ちをしています。

    ですので、小学6年の悠仁さまが登られるのは経験者と一緒なら大丈夫なコースだと思います。
    嘘の報道だとか、筑付小との絡みなどは考え過ぎに思いますが。。。

    昔と違って山の装備が進んでいて梯子やチェーンが備えられて簡単に登れるようになっていることが、却って天候の急変に会った時や、登頂してホッとして下山する時に油断して事故になるとか危険です。

    • mayu より:

      葉月さん、こんばんは。

      槍ヶ岳、二度も登られましたか!凄いですね。

      今回、YouTube、登った方のブログなど見ましたが
      昔は大変な山だったかもしれませんが、案内人が居たり
      太いチェーンが道沿いに有ったり、事故防止対策も
      しっかりしているように思いました。

      ただ、あの梯子は私は無理だなぁ。
      一回登ったら降りなくちゃならない、降りるのが怖い!
      高所恐怖症の人は無理なんじゃないですか。
      高い山に登るのに高所恐怖症と言うのも変ですが。

      夏は沢山の人が登るので山頂までの道も渋滞するとか。

      紀子さまも元気ですよねぇ。山頂までは行かなかったらしいけど
      山荘まで、8時間くらいは歩くんでしょ。
      私は雅子(サマ)並みにダメな人なので、山荘までも行けないわ(T_T)

  6. やしま より:

    今回の「悠仁殿下槍ヶ岳登頂」で、なんか似ている感じがすると思っていたら、わかりました!
    「愛子さま スキーご優秀 オリンピック選手級」という報道。「滑っているあのお姿の方が、愛子さまです」と言われても、果たして本人かどうかの確認は一切できないという、今まで何回も見せられた動画のもやもや感覚なんでした。

    一般人が写真を撮ろうとしたら、お付のSPに手で×マーク出されて、写真撮れなかった、不可だったというのですが。
    別にいいじゃないですか?悪いことをしているわけではなし。その写真で悠仁殿下のお顔が写っていたのなら、「本当に登頂なさったんだ。お小さいのにエライ!」という賞賛と感嘆でしょう。それがなぜNG??

    リアルタイム撮影だと支障がある、ということならば、後で「公式報道」出せばいいじゃないかと。登頂時の殿下のお写真です。そうしたら、「本当はどうなんだろう?あそこは厳しいのに」という疑義は出ない。
    かえって圭氏との食事会ウンタラのほうが、「紀子妃は参加していない。東宮御所の正門を使っていいなんて紀子妃ご自身は全く関与していない、ぬれ衣だ!」と言えるのに。

    なぜ、こんなふうに、秋篠宮家にとって、不利な方向へと、宮家自身で誘導しようとするのか。さっぱりわかりません。
    ほかのブログでもコメントで「私は登山経験が豊富ですが、槍ヶ岳は断念した思い出があります。あそこは本当に厳しいんですが……」というのがありまして。なんか適当にスルーされておられましたが。それ、「書かずにはいられない」コメントだったんじゃないかと思います。

    つい最近の小学校六年生時運動会の公開画像が「大玉転がし」これって「お察ししてください」という話じゃあないのかなぁ~昔だったら騎馬戦とか棒倒しとか、もう少し野生味のあるやつですよね。槍ヶ岳登頂との乖離が気になって仕方がありません。
    また、「精神面を育てる」にはいいのかもしれませんが、20人近いSPに守られながらの山登り。
    筑附の皆さんが数人の先生に見守られながら、完全に自分の体力と胆力で登っていくのとは、チト違うような気がしてなりません。
    また、これができたからといって、筑附で伍していけるとも、残念ながら思えなくて。

    秋篠宮家では、誕生した途端に、順列がお父様の次に。
    長女としてきびしーくしつけられてきた眞子さまにとっては、納得できない思いはイロイロとおありでしょうねぇ。
    「いい子」の長女ほど、割を食うんですよ。それは我が身に引き比べても、思います。

    • mayu より:

      やしまさん

      ふと思ったのですが、槍ヶ岳登頂の写真、映像、悠仁さまの
      誕生日に公開する予定なのでは? 今月誕生日ですから、
      もしかしたら見せてくれるかもしれないと淡い期待をしました。

      愛子さまのスキーはヘルメットを取っても「偽物」と
      言われるような気がします(^^;)
      今年の春スキーでかなり顔が見える写真がありましたけどね。

      槍ヶ岳登山のYouTubeをいろいろ見ましたが、70才くらいの
      夫婦も登頂していました。
      個人差があって、体力があっても高所恐怖症だと無理じゃないか?
      なんたって梯子が怖そうで、登りより下りはもっと怖そうでした。
      なので、下りで落ちられると大変な事になるのでSP20人なのかな。

      今年の24時間テレビでイモトが足の悪い女の子と槍ヶ岳登頂したと
      旦那が言っていました。若い時、職場の登山クラブで主に東北の山登りを
      した旦那は高い所が平気なので登れるとは言っていましたが・・・

      皇太子の真似をしろとは言いませんが、これを機会に
      登山に親しみ体力を着けるのも良いですよね。

      果たして、このままお茶の水中に止まるのか、他の難関中に
      入るのか、難しい選択になりました。

      真面目で良い子の長女が割を食う、身に染みています。
      眞子さまも気の毒ではあるけど、相手が小室親子だから
      反対される羽目になったんですよねぇ。

  7. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんにちは。

    この槍ヶ岳登山については、疑わしいというと言い過ぎなのですが、何の疑いも持たないかというとそうではない、という感じです。

    リアルではなくネット上での意見ですが、槍ヶ岳はそこそこの登山歴がないと大人でも無理と言う人も多いのですよね。一方、ルートによっては多少は登りやすく、子どもでも登頂可能とも。
    まさか、行きもしない登山に行ったなんてウソつくはずはないでしょうし、登頂できたかどうかはともかく、行かれたのは確かでしょうね。

    となると、この日にKK留学前の最後の食事会が怪しくなります。
    紀子様抜きで、というのは考えにくいし、かと言って槍ヶ岳から帰ってきてというのは間に合わない。

    槍ヶ岳か食事会か、何かに真実ではないことが含まれているとしか思えないのですよね。

    秋篠宮家も東宮一家みたいに「?」なことをなさるとは思いたくないのですが、眞子さんの結婚や悠仁様の進学
    のことで、秋篠宮家の理解不能な部分があらわになってきたので「あのご一家なら大丈夫」とは言い切れなくなってきたのが残念なところです。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      本当に山頂まで行ったのなら写真一枚でも公開してくれれば
      怪しいとか思われずに済むのに・・・とつくづく思います。
      大人でも大変で何度か登山経験が無いと登るのが難しい、などは
      週刊誌にも書かれていました。

      紀子さまは下で待っていたそうなので、もしかしたら
      悠仁さまは一緒に行った秋篠宮家職員、警護官に託して
      早めに帰宅されたとも考えられます。

      小室K登場から秋篠宮家もガタガタにされて残念です。

  8. 消しゴムママ より:

    うーん、、、
    運動会のビデオを垣間見て思うこと、、そして彼の体系から、、、槍ヶ岳に登頂したというのは、ちょっと、、、信じられないですね。かなりタフだと思いますよ。痩せてるから体力がないっていうんじゃないんですよ、痩せていても体力ある人はいる。彼の体系は、そういう体力ある系の痩せ方じゃない。
    しかも、ああいうやんごとなき家の方でそれを補う精神力もあるような気がしない。だって、学校でいじめられてるみたいな紀子さんの発言があったでしょう?
    精神的に強かったら、いじめられても、ご自分でなんとかするのではないかと本人の成長を見守ろうとするかしますよね。学校に文句いったりはしないでしょう。文句をいうのは、悠仁さまがつらそうでご自分では解決できなかったからでしょう?(それが悪いとは思いません。そういう繊細は子はそれでもいいと思うんです。それがいいところかもしれませんし、周りが徐々に助けることがあってもいいかと思う)

    槍ヶ岳近辺を登ってみようとはしたでしょうが、本当に登頂したかというのは。。。

    これもこれまでのご姉妹の受験、悠仁さまの受験経緯と同じようなヤラセというか取り繕いというかのような気がしてしまうんです。実際、登っていたらすごいんですけどね、それにしても彼にしたら自信がつくというよりトラウマになってしまう気がして。なんか、、、ちょっと危うい子育て、、そんな気が。

    • mayu より:

      消しゴムママさん

      悠仁さまが、槍ヶ岳山頂にいる姿を写真、映像で見ないと
      信じられない気分でしょうか。
      せっかく登頂したのだから、見せてくれればいいのにねぇ。

      家の旦那は痩せても体力ある系ですが、農家で小さい時から
      田圃、畑など手伝わされてきたので着いた体力でしょうねぇ(笑)
      今と違い耕運機など無かった時代、牛で田起こししたとかなんとか。

      精神的には強くなって欲しいし、めげない力もつけて欲しいです。

      皇族も学習院以外の学校に通いたいなら、一般受験して
      実力で入るべきですよね。大学受験もセンター試験を受けて
      自分が合格できる大学を受験したら、なんの文句も言われないです。

  9. クロワッサン より:

    mayuさんブログの更新いつも有難うございます。

    他のブログは影武者説、偽者説の花盛り❗眞子さまや美智子さまはもちろん、秋篠宮一家全員。高円宮一家全員ですwww

    愛子さまの偽者は確定事項になっています。

    コメントする人だけじゃなく、ブログ主まで同調してます。わざと同調のふりしてるだけ❔本気なの❔

    みなさんの脳内はどうなってるのと心配になります。普通の日常生活してる人の思考じゃないよ。

    mayuさんのコメントはユーモアと暖かい皮肉があって癒されます。

    あと好きなのは、馬之助のブログです。

    mayuさんのブログは皇室ブログのオアシスです

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      高円宮家も偽物になりましたか(笑)
      愛子さまは微妙ですが、他の皇族を偽物と言うのは
      私は本気にしません。偽物にしたい理由がわかりませんが、
      書きたい人は書いたら良いと、どーでもいいって感じかな(^^;)

      わたしは年のせいか?年々毒気が少なくなって
      口汚い言葉が嫌だとか、それこそ丸くなってきたような気がします(笑)
      馬之助さんのブログは面白いですねぇ。
      悠仁さまの槍ヶ岳登山記事を読んで大笑いしました(^^)

  10. 匿名 より:

    誤植が気になりました。

    • mayu より:

      ネットにあがっている記事をコピペするのなら簡単で誤字脱字もないのですが、
      自分で読んで記事起こしをしているのと、老眼でもあり間違いは多いと思います。
      そこらへんは読んでくれる方が適当に察して読んでください。としか言えません。

  11. 狗児 より:

    登山はよいとして。
    学力とはあまり関係ない気が私もしますね。学力より体力精神力付ける意味でよいですね。

    秋篠宮さま、会見などでは、いつも穏やかに見える中にも意思の強さを感じていましたので、眞子さま佳子さまに口よりも先に手が出ていたのは、分からなくもないです。躾の為ですからね。一方で皇太子殿下は、優しいではなく「やりっぱなし」という感じがしますから、それよりは良いかと。
    また、歳を取って悠仁さまには自分ほど厳しくないというので反発する眞子さまのお気持ちもよく分かります。
    なんで私だけってそりゃ思いますね。

    どんな立派なお家柄でも私達庶民と変わらない所があるなあ、と同感出来てよいですが、小室氏の一件は庶民以下で悲しいです。

    • mayu より:

      狗児さん

      娘に手をあげる、というのは秋篠宮殿下、かなり厳しいと思いました。
      それとも、眞子さま、佳子さまが口が達者で口では負けるので
      つい手が出てしまうのかな?

      皇太子は自分は叩かれても、愛子さまを叩くはないでしょう(笑)
      優しく見守るって感じなのかな?見守るだけネ。

      年をとってからできた子供で、男の子、可愛いのでしょうが
      姉の眞子さまから見たら「不公平」を感じることも多々あったと思います。
      皇室も庶民も家庭内の問題はいろいろありますねぇ。
      小室親子は親子のルールが外れているようですが・・・( ゚Д゚)

  12. たいら より:

    mayuさん こんにちは
    私も大学生の頃槍ヶ岳に登ったことがあります。とても大変な山でした。どんな行程だったかすっかり忘れましたが、槍の肩という、一番の難所にかかる一歩手前で、バテてしまい、かなり長時間動けなかったことだけを鮮明に覚えています。悠仁さまがどんな登山歴があるのか分かりませんが、良く登ったなと思います。
    写真の表情も心なしかしっかりされてきたように感じました。
    同時に思ったことは、これからの進学先を考えての事だとすると、先に先にと対策を練ることは良い面と逆になる面があるように思います。子どもはどうしても親の期待に応えようと、親が敷いたレールに乗ることを第一にしてしまいがちで、大事なことが抜け落ちてしまうことがあると、自戒を込めて思います。
    私は皇室の方が学力や体力に特別に優れている必要ってあるのだろうかと疑問に思います。国の事をよく知って、国や民を思う心を一番にしていただければと思います。(もう古い考えですかね)
    それと、今の皇室での子育てに、お傍付きの方っているのでしょうか。何かよく分かりませんが、秋篠宮さまのお子さま方への対処の仕方が、一般家庭とさして変わらない感じがしました。

    • mayu より:

      たいらさん、おはようございます。

      槍ヶ岳に登られたとのことで、凄いですねぇ。大変だったようで、
      今回、槍ヶ岳を画像で見て山頂まで行くまでが凄い難所だろうな、と
      山登りしない私でも理解できました。
      幼稚園の時の悠仁さまは弱々しい雰囲気でしたが、体格は奥手で
      これから大きくなっていくだろうと期待していますし、男の子は
      中学生でかなり変わるのでどんな少年になるのか楽しみでもあります。

      勉強もできないよりはできた方が良いし、体力も無いより有った方が良いのですが
      無理強いせず、悠仁さまに合わせた勉強とスポーツを楽しんで欲しいな、と思っています。
      なしろ皇太子を見て、皇太子より良ければいいって思ったりして(^^;)
      今後、秋篠宮殿下が皇嗣になったら本格的に悠仁さまに
      お傍付きをつけられるようになるのかな?

  13. やしま より:

    あ~
    なるほど!
    なぜこの登山なのか、わかりました。
    筑附小の皆さんに負けないように、ということなんですね。

    うーん。
    やっぱり、どこか方向が違うような気がしてなりません。
    筑附小の皆さんにとっては、登山は「できて当たり前」な余技のようなもの。それだけ知力・体力が一般小学生より高い男女児の集まりというわけで。

    このご一行さま 約20人だったそうです。
    これだけのSPに守られ(危険が伴うから当然でしょうが)ての登山。経験にはなるけど、筑附小の登山と比べて「これができたから十分学業についていける」と考えるのはちょっと違うのでは?

    なお今回の日程が出たことで、新たに疑義がわいてきました。
    小室氏が、皇太子家使用のセダンで、東宮御所正門に入って、2時間半話をしたとされる日も、8月4日なんです。4日の夕方~夜ですね。
    で、紀子妃と悠仁殿下が上高地に向けて下山したのも4日。

    あれ?
    4日の夜って、紀子さま、秋篠宮邸にいらしたの?
    間に合っても、ギリギリだし、登山してお帰りになり、すぐさま圭氏に対応というのも、何だか解せない。
    だって、東宮御所正門から出入りさせるようにしたのは、秋篠宮ご夫妻で、紀子さまが「何で今日来るということが記者にわかってしまったの?」と怒りになられたという話まで出ている。

    そんな暇ないじゃないですか、ねえ。
    本当のところは「4日はちょうど、うるさい母親がいなくて、優しい父親だけだから、圭君、4日に来て!」と眞子さまが圭氏に言ったとか?(個人の妄想です)

    • mayu より:

      やしまさん

      筑附小6年生が2580メートルの八ヶ岳・三ツ頭なら、
      こっちは3180メートルの槍ヶ岳、と考えたのかどうかは
      わかりませんが、相当意識しているようですね。

      進学校って文武両道が多いみたいですが、
      中には運動は苦手だけどIQが高くてすっごいできる子も
      いるでしょうけど、悠仁さま、筑附中でクラスメイトと
      上手くやって親友とか出来るでしょうか。

      自分ちの子じゃないので、とやかく言えないけど
      あまり高望みするのも考え物じゃないかな・・・
      悠仁さまが本当にできる子なら良いのですが、勉強、学校の活動に
      着いてけないとコンプレックスに陥るのでは?と思ったりします。

      4日に上高地に下山して宮邸に帰宅は夜になるってことなのですね。
      すると、8月4日は紀子さまが留守で、それで眞子さまが小室Kを呼んだ、
      この推測は当たっているような気がします。
      鬼の居ぬ間に小室Kと会われた。

タイトルとURLをコピーしました