信子さま公務引継ぎ全国農業担い手サミットで静岡県訪問 瑤子さまミャンマー私的訪問

三笠宮家

今年から天皇陛下(元皇太子)の公務を引き継いだ信子さまは4日~5日まで
静岡県を訪問し「全国農業担い手サミット」にご臨席されました。
元気に動ける皇族が公務を分担し、少しづつ少なくして皇族減少に備えていくべきと
思いますが、信子さまは12月2日から毎日、公務でお出かけですが、若い皇族、
彬子さま、瑤子さまの活動がいまひとつ少ない気がしています。
お2人いずれ降嫁する気なら、現状でよいでしょうが、降嫁する気なしで
皇室に居残るのなら今後は積極的な公務が必要だと思います。
彬子さま、瑤子さま640万円の皇族費も出ています。
週に1回程度か、月に数回のお出ましで同世代サラリーマンより年収が高いのです。
バリバリ働けとは言いませんが、若いのに随分と緩い生活をしていると思います。

寛人親王妃 信子さま 県内をご訪問 全国農業担い手サミット

深緑、渋い赤とアースカラーでご臨席した信子さま。ふくよかな体型ですが、とても上品に見えるコーディネートでさすがです。信子さまは帽子の被り方、デザインが上手ですねぇ。年相応の貫禄も出て若い時より綺麗なご婦人に見えます。健康に気を付けていただきながら今後も活躍をお願いしたい信子さまでした。



12月4日の動画は以下のURLで見られます。
https://www.fnn.jp/posts/2019120400000007SUT/201912041850_SUT_SUT

12月5日の動画は以下のURLで見られます。
https://www.fnn.jp/posts/2019120500000011SUT/201912051930_SUT_SUT

静岡市で開かれている全国農業担い手サミットにご臨席のため、
寛仁親王妃信子さまが県内を訪問されました。
寛仁親王妃信子さまは12月4日午後、静岡市に到着され、夜には
日本平ホテルで交流会にご臨席されました。
信子さまが県内を訪問されるのは2003年の「わかふじ国体」以来16年ぶりです。
交流会では出席した農家と15分ほど、ご歓談され
「静岡に入ってミカンをいただき、おいしかった」
「これからも農業を盛り上げて頑張ってください」
などとお言葉をかけられたということです。
信子さまは5日、静岡市のグランシップで開かれる全国農業担い手サミットに
ご臨席し、静岡農業高校なども視察される予定です。
記事出典 静岡放送

農業高校を視察した信子さま

県内を訪れている寛仁親王妃信子さまが、これからの農業を担う高校生たちに
会われました。「全国農業担い手サミット」に出席した信子さまは最後の視察
先として、葵区の静岡農業高校を訪問されました。
校内の温室で生徒たちが14ヵ月かけて育てたシクラメンを前に、自身も
シクラメンを育てていると話し、水やりの仕方や肥料について質問されていました。
「勉強になりましたっておっしゃっていました」
「これからまたがんばっていきたいと思います」
信子さまのご訪問は、生徒たちの大きな励みになったようです。
記事出典 FNNPRIMEより

瑶子さま今月ミャンマーへ私的訪問 スー・チー氏から招待

上の画像は女性週刊誌からですが、どの女性誌か忘れてしまいました。アップしようかと保存していたのですが、信子さまと彬子さまの饗宴の儀1回目の画像です。ローブデコルテとしては、信子さまのドレスは良いと思いました。太っていても堂々と着こなせる、デコルテが綺麗な信子さまにお似合いです。後ろ姿ですが、瑤子さまは薄いケープがついていて綺麗でした。承子さまは身長も高くこういうドレスは見栄えが良いですね。秋篠宮家はマンネリなドレスで、たまには信子さまのようなドレスも着てみて欲しいです、紀子さまならスタイルも良いので似合いそうです(^^)

宮内庁は3日、三笠宮家の瑶子さま(36)が今月11~17日の日程で、
ミャンマーを私的に旅行されると発表した。
同庁によると、皇室のミャンマー訪問は初めて。
10月に「即位礼正殿の儀」に出席したアウン・サン・スー・チー国家顧問
から、祝宴「饗宴の儀」で同席した瑶子さまに直接招待があったという。
記事出典 時事通信

画像出典
https://bunshun.jp/articles/photo/16439?pn=10
https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images
youtube動画のキャプチャー


コメント

  1. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。

    日本では、皇族女性のモンタント始め、どれもガラパゴスと云われています。
    NewMyRoyalでも、ズラット並ばれた時の写真には、良いコメントはついてないです。
    ヨーロッパの女王、王女方、皆様私のような一般庶民では決して着ることがないような、裾が広がったドレスだったり、膝位まではタイトでも裾は生地がタップリしていて、全体的にビジューがちりばめられたドレスをお召しになられています。 ため息がでます。
    眞子様佳子様のドレスはデビュタントが着るのなら兎も角、全く面白味がないデザインで生地も厚ぼったく野暮ったい感じです。
    レースや、シルクシフォンをタップリ使ったドレスをお召しになって頂きたいな。
    イギリスのマーガレット王女の、まっ白で、裾がソファー全体に広がっている、それはそれは素敵なドレス姿の写真がありますが、ああいうドレス、佳子様ならお似合いになるでしょう。
    YUKIさんは、多分クラッシックテイストがお好みなんでしょうね。
    雅子サマのイカドレスも高評価でしたね。
    単に個人の趣味の違いでしょう。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      画像には載っていませんが眞子さま、佳子さまだけでなく、
      紀子さままで白い似たようなローブデコルテで、それも
      何年も何回も見てきて正直、見飽きました。

      他宮家皇族の方が華やかでデザイン性もあり、信子さまのように
      背中デコルテを見せたドレスを紀子さまにも来て欲しいし
      眞子さま、佳子さまは若いのでレースやシフォン、花柄などの
      ドレスを着て欲しい、見栄えするだろうな~と思うのですが
      毎回制服のようなドレスでは目の保養にもならないです。

      来週、スウェーデンでノーベル賞授賞式があります。
      その時にスウェーデン王室のドレスを載せる予定ですが
      ティアラ、ネックレス、ドレスは見事なもので毎回楽しみにしています。

    • yuki より:

      まゆさん、狗児さん、ミラ-ジュさん、ご返信ありがとうございました。今日は土曜日でバタバタしていました。

      先ず、今回のパ-テイについて。ホワイトタイのドレスコ-ドのようですね。デコルテでもデコルテでなくても、ロングドレスであればいいはずです。ですので、デコルテで出られた皇室の皆様は皆正解と言う事でしょう。

      それほどデコルテでない佳子さま眞子さまは、狗児さんもおっしゃったように、20代のお嬢様方にはお似合いですね。立ち止まって同じような年代の方とお話しされていましたが、とてもいい雰囲気ですね。写真なのではっきりわかりませんが、シャンペンカラーっぽくて紀子さまのお見立てかなとも思いました。多分将来は素敵なご主人のエスコートでデコルテドレスでいらっしゃる事でしょう。。

      デコルテの深いドレスは、私は難しいドレスではないかなと思っています。特に、ある一定の年齢以上になると。あまりクラシックなデコルテドレスだとタイムスリップした感じにも見えます。前に英国のビアトリス王女の18歳のお誕生日がビクトリア朝時代のテ-マのパ-テイだったようなんですが、お母様のファ-ガソンさんが深いデコルテのビクトリア朝のコスチュ-ムを着ていらっしゃいましたが、これぞデコルテと言う感じでした。

      今回の皇室の方々のデコルテドレスの中では、彬子さまのブルーのドレスは一番素敵だと思います。昔、キムベイジンガ-がアカデミー賞をエルエ-コンフィデンシャルで受賞した際に着たドレスがとてもハリのあるシルク生地でこんな感じのドレスでした。

      パ-テイと言うのは、打ち合わせがなければ出て見なければ他の方々の服装は予想がつきませんね。ロングドレスと言うのはわかっていても、どれだけフォ-マルなのか、デコルテなのか、宝石はとか色々あるんでしょうね。今回、見たところでは長袖ドレス、お着物等々でしょうか。。

      話が少し戻りますが、信子さまが農業担い手サミットに出られたと言う事で、素晴らしい事だと思いました。これからも日本の農業は守っていただきたいです。

      ミラ-ジュさん宛には、後ほど別途送らせていただきます。

    • yuki より:

      ミラ-ジュさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

      ミラ-ジュさんもおっしゃるように、皇室のモンタントは本当にガラパゴスだとは思います。以前に、このモンタントについて何度かコメントさせていただきましたが、これはかなり深いです。明治時代にこれが昼の正礼装とされたんだとか。私は、正礼装は着物でも良かったのではないかなと思うんですが、そういう風にされたんではないでしょうか。この洋装は西欧から来たんですが、当時西欧では貴族も庶民も一日中ロングドレスだったんですよね。なので、ローブモンタントと言うのは、その当時のロングドレスをそのまま続けているというだけではないでしょうか。

      このローブモンタントと言うのはフランス語で、首まで詰まったワンピースかドレスと言う意味です。ロングだろうが膝丈だろうが本当はいいはずです。このローブモンタントと言う言葉はまさにガラパゴスで、他の国の王室等では使われていない言葉だと思うんですが、王室関係のブログでは出てきたりするんでしょうか。

      ミラ-ジュさんのおっしゃったニュ-マイロ-ヤルを見てみたんですが、コメント欄は色々あります。なんでこんなつまらないドレスをと言う人もいるようですが、他方、これは日本の皇室で、その独自のスタイルがあるんだと力説している人もいます。このコメント欄は驚きますね。英語がほとんどですがフランス語もあります。

      確かに日本の皇室の方々、特にお若い方々のドレスはもっと華やかなデザインでもいいのではと言う事もわかります。ただ、反面、私は皇室は王室とは違うし、外交はそもそもしないものではないかと思うので、海外の王室と同じような豪華なものになるのは少し違和感があります。

      先ず、ローブモンタントはこの独自のシンプルなスタイルは守っていいのではないかと思います。夜のパ-テイなどの装いも、少し控えめでモダンなデザインのドレスなど、日本のデザイナーの方に頑張っていただいたらいいと思います。少し話がずれますが、ミラ-ジュさんがおっしゃっている、海外のデビュタントではあるまいしとかという事ですが、実際は、デビュタントのドレスのデコルテの露出度は大きいようです。男性と社交ダンスワルツなんかを踊ったりして、社交界でのデビューなんですよね。(ですので、佳子さま眞子さまの胸元を隠したコンサバドレスのようなのはありません。)

  2. yuki より:

    まゆさん、新しい記事のアップデートありがとうございました。綺麗なお写真ですね。

    私は、皆様方と少し趣味が違うのかもしれませんが、眞子さま佳子さまのドレスが一番可愛くてモダンでいいと思いました。後ろからしかわからないのですが、色もいいし、あまり露出がないのもいいし、ふわっとしたスカ-トもいいです。他のゲストの方々のドレスも見てみたいかなとは思います。。

    • mayu より:

      YUKIさん

      そうくると思いました。
      大体私が書いた感想に対して反対のコメントをするのが多い
      YUKIさんですから、趣味が違うんだな~と思います。

    • 狗児 より:

      yukiさん
      横から失礼します。
      眞子さま、佳子さまのドレスは、プリンセスラインで、まだ二十代のお若い2人には、こういったオーソドックスなデザインが良い気もします。
      まあ、多分色々制限があるのかも分かりませんが、女性皇族の皆さんが様々なドレス姿を見せて下さるのは楽しいですね。我々庶民は結婚式の時くらいですからね。

  3. ramiri より:

    mayuさん、こんばんは。ありがとうございます。連続更新、お返事等、目のお疲れ、出ませんように。
    前記事の久子様、ケープコートの件など、mayuさん節だと思いました。(カラー絵文字を使いたい所です)この記事の信子様、素敵ですね。「なぜ、信子様だけ批判されないのか?」話題になったのはmayuさんのブログだったかどうか忘れましたが、私はコメントしてない頃の事でした。信子様、公務に復帰されてからの国民とのふれあいの様子など自然体でいいなあ、、と思っていたので俎上に載せる人の気持ちがわかりませんでした。

    ドレス、mayuさんが仰る通り。秋篠宮家のは、まるで制服のようでつまらないです。信子様筆頭に皆さん素敵です。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      久子さまのケープは意外でした。
      美智子さま再来かとギョッとしましたよ~( ゚Д゚)

      信子さまだけ批判されないのか、これは多分、雅子さまが
      太って寸胴になって体型のことで批判されるのに、雅子さまより
      太っている信子さまは何故批判されないのか、ということかな。

      信子さまは療養する時はキッチリ療養し表に出てきませんでした。
      出たり出なかったり静養は皆勤の雅子さまとは同じデブでも違うんですよね。
      秋篠宮家も予算が多くなったので素敵なドレスを着用して欲しいです。

  4. イリス より:

    mayuさん、続々の記事アップありがとうございます(^^)
    ご返信も感謝です。しっかり食べてしっかり眠って(笑)、mayuさんのブログや皆さまのコメントに学ばせていただき、元気をいただきつつ、何とか乗りきりたいです!

    信子さま、本当にいつもすてきでいらっしゃいますね☆襟元のデザインや生地の面白さ、アクセサリーやお帽子の扱われ方…さすがでいらっしゃいます。饗宴の儀のドレスも、切り替えのラインが美しくて、映えますね(^-^)お肌のお手入れも行き届いていらして、憧れます。
    今回のお出ましは…待降節に入りましたし、クリスマスシーズンもどこかで意識なさった装いかも、と思いました(^_^)麻生家はカトリックでいらっしゃるので、ご結婚前の信子さまが長崎の修道院にお父さまとご訪問くださったと、知人のシスターから伺いました。たくさんご寄付もしてくださったそうです。さすが(笑)。

    瑶子さまは、確か剣道の有段者でいらしたような…。でもお身体があまりお強くないようですので、周りもご公務を強くお願いしづらいのでしょうか…。
    彬子さまは、ご研究に長くお時間を割いていらっしゃるかもしれませんね。mayuさんの仰るように、もう少しお出ましくださると良いのですが…。
    イギリスで学問の道を貫かれた彬子さまを応援したくなるのは、タイヘンおこがましいながら、少し自分と重ねて拝見しているところがあるからかもしれません…。

    • mayu より:

      イリスさん

      信子さま、若い時もファッションセンスは良かったのでしょうが
      公務復帰をされてからの信子さまはとてもよい感じに
      年を取られているなぁ~と、私は同年代なのでお手本になります。

      ギスギスしたところがなく笑顔がとても良く精神的に安定されているのか、
      太目の体型までも安心感を与えるんだな、と思ったり(笑)
      信子さまは生まれた時に洗礼を受けたカトリックだと思いますが
      同じカトリックでも、細か過ぎて自意識過剰な美智子さまの年の取り方とは
      真逆でそれが表情、顔にも表れているのではないでしょうか。

      彬子さまは皇室の歴史、その他、専門的でかなり詳しいそうです。
      彬子さまに有った公務を割り振りして欲しいですね。
      できれば良い所に降嫁されるのが良いと思うのですが・・・
      皇室に居残りも居辛くなるような気がします。

      • イリス より:

        mayuさん、ありがとうございます(^ ^)
        信子さまは、本当にファッションアイコンでいらっしゃいますよね。最近は大分変わって来ましたが、日本の女性は、年齢を重ねると暗い色柄を選ぶ方がまだまだ多い気がしますので、信子さまがこうしてお姿で発信してくださるのはうれしいです

        • mayu より:

          イリスさん

          退位、即位関連と公務引継ぎで信子さまを拝見する機会が増えて嬉しいです。
          そうなんですよねぇ~年齢と共に地味な色の服を選びがちで、私も
          娘に顔が暗く見えると言われてから、明るい色を選ぶようにしています。
          赤い服も着るとそれなりに似合うようです(笑)

  5. 狗児 より:

    mayuさん
    こんばんは〜記事更新ありがとうございます。
    即位礼関連儀式が全て終わったのですね。雅子さま皆勤で良かったと思いつつ、今までは何だったんだと複雑な気持ちもありつつ…まあ、恙無く終わったので、良しとしましょう。

    信子さま、相変わらず素敵ですね。ぽっちゃりされていても、福福しいです。色白で、お肌ツヤツヤですし。大人の女性の先輩として見習いたいです。
    特にワインレッドのワンピースが私は好きです。皆さま仰っているように、帽子の被り方も素敵ですね。信子さまのお召し物は、雅子さまにも似合うことが多いと思うんです。雅子さまは、信子さまからアドバイス受けたら、もっと良くなるんじゃないかな〜と思ったりしました。

    • mayu より:

      狗児さん

      ホント、儀式は皆勤で今までの体調の波はなんだったのか??と
      釈然としないものがあります。
      なんで急に元気になったのか、教えて欲しいです。
      誕生日は多分、書面で回答でしょうが体調のことに触れるのかしら。

      以前として体調に不安があり引き続き温かく見守って・・・
      だったら、えええええ!!! なんなんだよ~と思っちゃいますが。

      色黒よりは色白、痩せているよりはやや太目、身長が低いよりは高い方、
      信子さまは全部備えているので、たおやかで福々しくて良い雰囲気ですねぇ。
      たまに麻生大臣に似た口元になる時がありますが(笑)

      雅子さまも信子さまプロジュースでお支度したら
      かなり良くなりそうじゃないですか!(^^)

  6. nono より:

    mayuさん、連続更新有り難うございます!
    承子さまはユニセフの嘱託職員ですし、清子さまは山階鳥類研究所などの研究者でいらっしゃいました、彬子さまも研究職ですが、瑶子さまは何かされてるのでしょうか?実は不思議な三笠宮姉妹です。
    お身体もあまり強くはなさそうですし…。
    変わってローブデコルテ、眞子さま佳子さま紀子さまは色味や生地感など、決まりがあるのかな?と思うほど同じ感じのものをお召しです。
    以下の女性皇族はバラエティーに富んだ感じになり、見映えがあります。
    佳子さまはマーメイドラインのドレスもお似合いになると思うのですが…もったいないです。

    • mayu より:

      nonoさん

      瑤子さまは剣道をやっていた方で、そーーんなに弱い方じゃないと
      思ったのですが、どこか悪いのでしょうかね。
      ミャンマーに行けるくらいなので普通程度の元気はあると思うのですが
      瑤子さまは普段何をしているのでしょうか??謎です。

      秋篠宮家女性皇族は毎回同じ白のドレスで、ホント決まりでも
      あるのかしら~と思うくらいです。
      信子さまが着ていたドレスは肩から背中も開いているし
      ネックレスが映えるデザインで午後からの正装にピッタリでした。
      佳子さま、眞子さま、若いのだから脱マンネリして欲しいわ~

  7. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こちらも更新有難うございます。

    mayuさんが仰る様に、信子さまは帽子のおしゃれも素敵です。ただ被るだけではなく、角度にも気を配ってますよね。
    (眞子さま、佳子さまにもこういう帽子を被っていただきたい)
    深緑のお召し物、信子さまに良くお似合いです♪

    瑶子さまが、今度ミャンマーにご訪問されるんですか。直々に招待ってあるんですね~
    一つ前の記事で、瑶子さま5日に鴨場の接待があるそうですし、お出ましの機会が増えるのでしょうか。

    饗宴の儀での女性皇族のドレス姿、楽しく拝見いたしました(*^^*)

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      信子さまは帽子の被り方もお洒落ですね。
      ブリムを少し上げたり斜めに被ったり。
      トータルコーディネートが上手い、センスの良さが見えます。
      太っていてもこれだけお洒落で素敵な夫人になれるお手本。

      日本のマスコミは女性皇族方のドレスを詳細に見せてくれなくて
      サービスが悪いですよねぇ。もっと見せてくれーーと言いたいです。

タイトルとURLをコピーしました