毎回、毎回、ある事ない事じゃなく、ない事ない事をよく捻り出して
生活の為とはいえよく書くもんだなぁ~と、この頃は怒りを通り越して
気の毒にすら思えてくる。

素人の私ですら妄想記事はここのところ書かなくなってるのに(笑)
妄想、デッチアゲ、推測、憶測、なんでも作り上げて書いて、中には本気にして
読む人もいるだろうけど、私や皇室をずーっとウォッチングしていた人達は
誰も本気にして読まないだろうな。そもそも小室圭氏ネタを絡めて秋篠宮家批判記事も
段々飽きてきていると気が付かないのだろうか。

小室圭氏がNYに渡米したのは2018年8月。今は2019年11月。
一年以上経ち、退位、即位関連、特に即位関連では大きなイベントで、祝日にした
即位礼正殿の儀、饗宴の儀もあり、10日は延期になった「祝賀御列の儀」もある。
その後は大嘗祭、伊勢神宮参拝などまたまた大きな儀式が控えているため
小室親子関連ネタへの関心も薄れてきました。

だいたい、もうこの結婚は無理だろう、できないだろう、眞子さまも既に
諦めているのでは?と思っていることもあるだろう。
シロガネさんのブログに、眞子さまが紀子さまが若い時に着用したサーモンピンク色の
のローブモンタントを着用していたことを知り、親子関係も修復しているのだな、
と思うようになりました。

小室関連ではすっかりネタ切れなはずだが、どうやったらその発想が
出てくるんだろうか?と思うような記事(苦笑)

小室圭さん第一志望ハワイ大を翻意させた紀子妃のお言葉。

週刊新潮2019年11月14日号

さる宮内庁の関係者である。
「小室さんはニューヨークのフォーダム大へ留学しましたが、
実は本来の第一志望はハワイ大だった。そのことを彼が宮邸を訪れ
口にした際、紀子さまから”ハワイは止めましょう”と言われたんだそうです。
これから公務で行く予定もあり、いろいろ書かれてはお互い面倒でしょう、
というニュアンスで仰ったようですが」記事引用 週刊新潮 2019年11月14日号

さる宮内庁関係者、名無しの皇室ジャーナリスト、皇室関係者、皇室記者、
秋篠宮家に近い関係者、いろーーんな関係者がいるものですが、このところ
こういう人達は週刊誌の皇室記事を書いた人ではないか?と思います。
宮内庁職員は公務員で守秘義務があるのでオクのことは言わないし言えません。


猿 宮内庁関係者がギャーギャー言いふらしているのかもしれません(笑)


雅子さまアイボリードレスを曇らせる美智子さま純白の和装 茶会事件

女性セブン2019年11月21日号

こちらの全文は以下のURLに載っています。興味のある方は読んでください。
https://www.news-postseven.com/archives/20191108_1481772.html

私が変だと思ったのは、美智子さま純白の和装のタイトル。
美智子さまの着物は私のパソコンではどう見ても純白に見えません。
帯が焦げ茶色に渋い金糸に着物は薄いベージュ色に見えるのですが。
半襟は純白に見えます。 以前も女性セブンは一般参賀での紀子さまの
ドレスを雅子さまの同系色に驚きとの記事を書いた前歴があります。

一般参賀での紀子さまのドレス「雅子さまと同系色」に驚き
https://www.news-postseven.com/archives/20190510_1368837.html

肉眼で見ると薄いイエローがかっていて、雅子さまのドレスと同系色に見えた。
通例では、皇后さまのドレスの色とかぶらないように各妃殿下が調整されること
になっているので、これには心底驚きました。
また、お手振りの際には紀子さまが雅子さまの一歩前に出ていたようにも見え、
より目立っていらっしゃいました」(前出・皇室記者)
女性セブン2019年5月23日号引用

肉眼で見て光の具合で同系色に見えたとしても、帰ってきてから
写真で確認したら驚くほどの同系色じゃないと分かるだろうに・・
薄いベージュ色を純白と書いたり、おかしいんじゃないの??
一事が万事この調子なので、近頃は週刊誌の皇室記事も滅多に読まなくなりましたが
久しぶりに読んで、というか見て「あ~~あ、懲りずに書いてるなぁ」と思ったのでした。
女性誌の皇室関連グラビアはネットでも見れない写真が載せてあるので好きですよ。