週刊文春 最新の8月30日号を掻い摘んでと書きながら、またまた長文なのです(^^;)
記事の感想はあくまでも私の感想です。
秋篠宮家は今、大変な状況なのに小室KはずーっとNYで暮らした方が
良いんじゃないの?元々「英語脳」なんだし・・・と思うくらい
文春の記事を読んでも、学生生活を満喫している様子にムカつくんですけど

最前列に陣取り熱心に講義を聞く、ラフな服装が多い中で
ジャケットにパンツ、ワインレッドのドレスシューズのお洒落なスタイルで
ひと際目立っていた。昼休みはコーラ片手にピザを頬張り、時には
流暢な英語で他の留学生との会話に花を咲かせていた。

3人で共有だけど個室はある、なかなか良い寮じゃないですか。

出国の様子は省略

小室Kとは対照的に、秋篠宮家は以前にも増して重苦しい雰囲気が漂っている。

「娘の意思に任せる」と干渉しない立場だった秋篠宮殿下。
しかし、圭与さんの借金トラブルや突然の米国留学などの問題に
秋篠宮殿下も「(小室さんに)娘を任せられない」と思われるようになった。

来年の御代替わりの前までに決着をつけると”最終判断”に向けて
意思を固めつつあるようだ。

秋篠宮殿下が最終決断を示唆(しさ・それとなく知らせる)する
二つの出来事があった。

・8月4日、渡米前に眞子さまと会うため、秋篠宮邸を訪れた時のこと。

・秋篠宮邸から最も近い巽門(たつみもん)から入ると思われたが
東宮御所正門から入った。

・本来、皇太子一家、天皇皇后両陛下、東宮御所の来客が通る門で
東宮と関係のない小室Kが、秋篠宮邸を訪れるために使うなと異例のこと。

・皇太子夫妻は全国高校野球開会式のため兵庫県、愛子さまは英国に
短期留学中で不在だった。

・マスコミのいない東宮御所正門から入らせると決めたのは秋篠宮殿下で、
皇太子には無断で決めたようだ。

・秋篠宮家と関係を持つ小室Kの姿をこれ以上マスコミに撮らせたくない、
という想い、突然留学を決めた小室Kに対して強い不信感を持たれたことの現れ。

・8月8日の朝日新聞朝刊一面に「納采の儀、現状では行えない
秋篠宮ご夫妻、小室さんに」の記事を掲載した。

・週刊誌報道先行の中、これまで小室K騒動には殆ど触れてこなかった
新聞が一面に掲載した衝撃は大きかった。と語るのはある皇室ジャーナリスト。

・記事は無記名だが、秋篠宮家と近いとされる島康彦記者が書いた、
との推測。

・秋篠宮殿下に「納采の儀を行わない」つまり破談にする、という
ご意向があり、その話を以前から聞いていた朝日は小室K渡米翌日の
タイミングで報じた。

絢子さまの納采の儀の使者の話。

早くに父親を亡くされた絢子さま、この世の中、何が起こるか
わからない、しっかりと生きていかなければいけない」と
相当な覚悟を持って結婚に臨まれていることが分かり
今時の人にはない凄みを感じた。

納采の儀の使者の話を深読みすれば、眞子さまは覚悟を持って
結婚に臨まれていない、とも受け取れます。
こうして、いちいち絢子さまと同じ名前の守谷慧さんと比較されてしまう。
それもこれも、小室Kの身の丈に合った生活をしていない、タカリ体質の親子で
良い話がひとつも出て来ないという、トンデモな男だしなぁ゚(T_T)

ひとつ年下の眞子さまの心中はいかばかりか。

学習院女子中・高辞退から仲の良い親友の結婚式、7月22日に
眞子さま欠席などは省略。ブラジル訪問公務で欠席。

※ここから、美智子さま登場です。

孫娘を思う美智子さまにとって、秋篠宮殿下の最終決断は
遅過ぎるくらいかもしれない。

美智子さまは、小室さんの件で紀子さまに対して折に触れ

「もっと秋篠宮が積極的に行動してくれたらよいのだけど」
と伝えているようだ。

だったら美智子さま自身で直接秋篠宮殿下に言えばいいのに。

美智子さまが心配される理由。

秋篠宮家は月次和歌(つきなみ)を送られていない。

月次和歌は平安時代から脈々と続く皇室の伝統文化。
天皇陛下が月ごとのお題を決められて皇族の方々は
それに合った和歌を詠み短冊にしたためる。

簡単に両陛下に会えない皇族の方々は思いを込めて月次和歌を
ご詠進、両陛下は届いた歌を通じてその人の気持ちを知る。
重要なコミュニケーションツール、秋篠宮家はそれを途絶させている。

今のように直ぐ伝えたい事を伝えるツールが無かった時代の
和歌に親しむ、難しそうですが風情のある伝統文化、いいですねぇ。
ところで、病気療養中の雅子(サマ)は毎月送られているのかしら?



最後の全国戦没者追悼式での天皇陛下

去年のボーーッと立ちよりはそつなくこなしたと思って見ました。
生放送で見ていたのですが、全然気が付きませんでした。

お言葉を読まれた後に、原稿を手にしたままでいる陛下をみかねて、
美智子さまが小声で「ポケットにお入れになって」と囁かれた。
陛下が再度「え?」と聞き返されるので再度「ポケットにお仕舞いに
なって」と伝えると「あ、そうね」と気づかれたように仕舞った。

陛下の体調の不安は、美智子さまにとってご心痛の核心にあたる。
次代の天皇を支える皇嗣家となる秋篠宮家が小室問題で危機に
瀕しているしいる現状は、美智子さまにとって耐えがたいこと、
なのではないでしょうか。

上記の天皇陛下の高齢による物忘れは今週発売の「女性セブン」にも
同じようなことが書かれています。
これは仕方ないと思います、ボケないで100才まで生きる方もいれば
若年性アルツハイマーになる方もいて、天皇陛下などまだ良い方だと
思うんです、まだ杖も無しに歩けて移動できるだけ恵まれています。

それに、次代の天皇を支える皇嗣。
これもおかしな話で、天皇皇后は常陸宮ご夫妻に支えられて
きたのでしょうか? 注目を一身に自分達に集めて
鑑賞も含めた公務を増やしたのは天皇皇后じゃないですか。

秋篠宮家は次男の宮家、常陸宮ご夫妻に子供がいたとしても
今の秋篠宮家ほど注目はされなかったと思います。
不甲斐ない長男夫婦を支えなければならない立場になった
本来はお気軽な次男夫婦だったはずなのに・・・

公務の断捨離をして、出来る公務だけやっているので良いのでは。
お金も使わずに済む。 日本の人口もどんどん減る、皇室もタイトて
良いと思っています。

そんな皇室をよそに小室Kは国際弁護士を目指して3年間の留学生活を
送ることになる。 しかし、自宅マンション前には依然として、
警備の為のポリスボックスが置かれたままだ。

小室さん親子が「たまには日本に帰ってくるから」と言うのだ。
取りあえず帰国時に備えてポリスボックスは置いたまま。
11月22日、サンクスギビング・デー前後にフォーダム大は大型連休に入る。
小室Kが帰国するとすれば、その時、秋篠宮殿下小室Kに”最終決断”を
伝えることになるのだろうか。

一体何に怯えて帰国時までポリスボックスなんだか・・・
自分達に命の危険が及ぶと思っているんだろうね(苦笑)
守屋慧さんはSPを辞退したそうだけど、それが普通じゃないかな。
過剰過ぎるほどの警備、よっぽど嫌われてる証拠のようなもので
もういい加減、潔く辞退しろよーー!と言いたくなりました。

※両陛下、静養で長野県入り、今年も皇后のピアノ演奏が聴けるか

天皇、皇后両陛下は22日、静養のため北陸新幹線で長野県に到着された。
同県軽井沢町に滞在し、27日には群馬県草津町に移動。29日に帰京する。
両陛下はこの時期に軽井沢、草津両町で静養するのが恒例で、来年4月末
の退位前では最後となる見通し。滞在中は旧満州からの引き揚げ者が戦後に入植した
大日向開拓地での散策や、草津町でのコンサート鑑賞などが予定されている。
時事通信(2018/08/22-12:59)
静養のため、軽井沢に向けて出発される天皇、皇后両陛下
22日午前、JR東京駅(代表撮影)
大日向開拓地の野菜畑を散策される天皇、皇后両陛下=23日午前、長野県軽井沢町(代表撮影)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館のアドレスはリンクコーナーです。