新皇后おな~り~に大笑い*小室圭さんと消えた母 NYのまさかの禁じ手とは?悪縁契り深し 女性誌を読んでの感想

眞子さまの結婚問題

先週の女性セブンは悠仁さまを東宮に預けるなどと書いて
アホちゃうか?大顰蹙だったのですが、今週号の
カラーグラビアには大笑いしてしまいました。
タイトルが「新皇后さまの おな~り~!」(≧∇≦)

 

ええっ? いつから皇室は大奥になったのかと錯覚。
頭の中をテレビドラマ「大奥」のテーマ曲が流れました。
YouTubeで探したのですが、私の「大奥」のテーマ曲は

大奥 第一章 プロモーション動画

この曲なのですが、これしか探せませんでした。
サザンオールスターズ 愛と欲望の日々がテーマ曲の「大奥」
もありましたが、新皇后に似合うテーマ曲はどんな曲かしらねぇ。
しかし、女性セブンもよくこういうタイトルを
思いついて実行したものだと感心してしまいました。( ゚Д゚)

次に週刊誌のことですから、話半分だとしても
小室K関連の記事には興味をそそられます。
NEWSポストセブンに記事は載っていないか?と探したのですが、
まだ載っていません!コピペできないじゃん、残念だわ~~(T_T)
近々記事半分くらい配信されると思うのですが、掻い摘んで紹介します。



9月11日は秋篠宮妃・紀子さまの52才の誕生日。
参内して、天皇皇后両陛下へご挨拶。
皇居での滞在時間は1時間ほどだった。
これは週刊文春9月20日号と同じ内容で一致しています。
両陛下へ挨拶のために参内はされました。

今年は映像も写真も無かったので寂しかったのですが、
北海道の大災害に配慮されたことで仕方ないですね。

NYの小室Kは留学生ともすぐに打ち解けて親しくなり、
勉強の合間に映画を見たり、ブロージウェーにミュージカルを
観劇しに行ったりしているようです。(現地メディア関係者)

小室K、日本を離れて羽根を伸ばしている、ムカツク

小室Kの待遇は破格と言っていい。
空港で2人の大学スタッフが出迎え、高級ワゴン車でアパートまで送り、
入学前に学生寮に引っ越し、専属スタッフがつきっきりで
アテンド(世話をする)している。
登校初日は大学側のセッティングで日本のメディアに
初登校シーンを撮影させる異例の演出。
警護する大学スタッフを引き連れ、意気揚々と大学へ乗り込んだ。

皇室パワーがなかったらここまでの待遇はなかったでしょ。
そもそもフォーダム大学に入学できたのかも怪しいのに。
マジでムカツクことをする奴だなぁ。
もっと質素に目立たないようにしてよ。

・眞子さまが必要以上にセンシティブにならないように配慮している。

センシティブ=感じやすいさま。敏感
女性セブンの読者年齢層はそれほど若くないのに、なんでいちいち
アテンドとかセンシティブなど英語、カタカナを使うのでしょうか。
私以外にも意味がわからない人だっているはず。
立派な日本語があるんだから、日本語表記してください。

・眞子さまと小室Kが物理的な距離をとったことは大きなこと。
眞子さまは立場嬢、お忍びで渡米するのは不可能。

・さらに、秋篠宮殿下が結婚を認められるほどの結果を
小室Kが出すのはかなりハードルが高い。

宮内庁は小室Kが嫌いで、眞子さまと離したくてたまらないようです。
婚約内定会見の時の宮内庁長官の苦渋に満ちたお通夜みたいな会見を
思い出します。
※ロイヤルという強力な印籠

・小室KはロイヤルではなくVIP待遇を受ける立場にない。
入学前に眞子さまのフィアンセであることを充分にアピールできたから。
自分にとってプラスになるのであれば、皇室でも大学でも、
という姿勢には正直驚きを隠せません。(外務省関係者)

・小室Kが弁護士になり形勢が逆転し、眞子さまとの結婚が認められれば、
渡航費、滞在費など少しも惜しくはないだろう。
ちなみに眞子さまが結婚する時の一時金は1億数千万円とされる。

毎度、毎度、眞子さま1億数千万円の一時金をアテにした
記事が出るのですが、それは本当だろうと思います。

ここで、眞子さまがどーしても結婚したいから
「皇籍離脱、一時金も辞退して、小室Kさんと結婚します」と
小室親子に宣言してみたらどうでしょうか。
小室親子の本心を試す、探ってみて欲しい。

必死で皇籍離脱を引き留め、一時金で幸せな生活をしようとかなんとか
言葉巧みに言いくるめられるんだろうなぁ。

・もし弁護士になっても日本の弁護士資格がないので、日本で
仕事を探すのは難しい。弁護士として仕事をするのならNYを
仕事と生活の拠点とするのが当然。

※日本の社会に受け入れられるか

・美智子さまは、小室さんが留学を終えて日本に戻られても、
日本の社会に受け入れられるでしょうか、と心配されている。

美智子さまも鈍感だね~受け入れられるワケないじゃん。
国民の99%が小室親子の生き方、やり方が嫌いなんだから。

眞子さまがNYで暮らされると皇室が大いに困る。
日本で暮らすとしても国民から祝福される理由が見つからない。
八方ふさがりの現状から導き出される結論は・・・
眞子さまの心中はいかばかりか〆

もし、眞子さまがNY州の弁護士となった小室Kと結婚するならば、
これ以降の記事は「もし」なので、現実的にならないことを
願っているし、眞子さまの気持ちが小室Kから離れる事が一番良い。

タカリ体質の小室Kに洗脳されている可能性もあり、連絡を
取れないようにする方法はないだろうか。
スマホを買い変えても、また連絡すれば同じ事の繰り返し。
暇なく公務をして貰う、冷静に時間を掛けて説得できる第三者はいないのか。

天皇皇后でも無理、両親では感情的になる。

常陸宮ご夫妻、華子さまなど適任と思われるが、こういう時に
親戚関係、交友関係の幅を狭くし自分達本位にしてしまった
天皇、皇后の度量の無さを実感してしまいます。

今更、美智子さまが心配していると書かれても、すんなり
天皇陛下は孫の言いなりで裁可してしまっているからね。

こんなに疫病神と皇族が縁を持つとは。
韓ドラではよく「悪縁」の台詞が出てくるけど

「悪縁契り深し」とはよく言ったものだ。
よくない縁ほど、結びつきが強く、断ち切ることが難しい。

ちなみに、悪縁切り神社があり、京都に最強の縁切り神社があると
ネットの検索で出てきました(^^;)
京都の『安井金毘羅宮』。悪縁切り&良縁結びのパワースポットです。
とのこと。これは本人が行かないと駄目なのかな?





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館のアドレスはリンクコーナーです。



コメント

  1. mimingapha より:

    はじめまして mayuさん

    馬之助さんのblogから流れてきて
    いつも拝見しております。

    唐突ですが小室さんの母上は、NYにはいないと思います。
    もし私が似たような立場なら、連日の取材で迷惑していた学芸大学前のケーキ屋の経営者と交渉します。

    何ヵ月分かの給料を退職金がわりに受け取って都心を越え反対側の千葉や埼玉方面へ行きマンスリーマンションを借ります。
    NYに行けば再び取材陣に捕まるから。

    小室さんは目立ちたがり屋だけどお母さんは人前に出たくはないでしょう。容姿にもコンプレックスがあるようですし。

    そして息子がフォーダム大学に通学する残りの2年と11月の時間をどう過ごすか。

    住み込みの仲居さんとか、ビル清掃とか、まさかみんな日本に小室佳代さんが残って働いているとは想像していないから、マスクや制服でバレないようにして潜伏(犯罪者じゃないけど)します。

    取り敢えず最初の給料日までは遺族年金の9万円が奇数月に2か月分(7月と8月分)入金があるので18万円で給料日まで一人暮らしなので十分ですね。

    脱線しますが海外住みでも必要な手続きを踏めば現地のネットバンクを利用して小室佳代さんは日本年金機構から65歳で基礎年金、または61,62歳辺りで厚生年金が支給される要件を満たしているとすれば自分の老齢厚生年金を受け取り始めるまで遺族年金の受給ができる。

    以前べつの皇室blogで借金を返すために本気でパートを掛け持ちするのかと誰か書いておられたのですが無理をする必要は無い。

    今は優先順位として
    1,息子の安全
    2,結婚を優位に進める
    3,もし破談になったら解決金を受け取るために弁護士を雇う

    そのあとは得意のお金持ちに寄生して都合をつけてもらえないでしょうかとメール一本で魔法のようにお金が銀行に振り込まれるたかり生活を死ぬまで
    さらに息子が心配なので眞子さまにはお袋の味を花嫁修行として教えるために同居させジジの介護も練習して介護を押し付けるつもりでしょう。
    焼身自殺も元婚約者の生命保険の話も裏で操っているのが、祖父で、韓国人は家父長制が強いようですので
    おじいさまが望まれることを具現化したら結果、小室さんはこのような経歴になり親子揃ってろくに働いたこともなく保険金や年金で暮らすのが普通という感覚の民度低い感じになってしまった。
    親戚や友人が少ないので誰にも指摘されずにここまできて眞子さんと知り合ってからは自分たちも皇族のような錯覚に陥ってしまいまさか元婚約者が恥を忍んで暴露するとは思わなかった。

    小室佳代さんは合わない家庭にお嫁に行って適応障害を15年も患った雅子さまより確実に勝ち組。労せずお金が自動的にはいってきて何に使いましたと報告義務がない。

    • mayu より:

      mimingaphaさん、こんばんは、初めまして。

      いやーー大胆な発想ですね。

      圭与さんは小室Kと違い頻繁にテレビに出ないので
      ネットをしない、週刊誌を読まない人達には顔は知らない人も
      多いと思います、国民全員が圭与さんの顔を知っているワケじゃない。

      ただ、遺族年金9万円だけで暮らせる圭与さんではない、
      何か仕事をして、少しの期間は顔ばれしないで済むかもしれませんが、
      「なんか似ていない?」と噂がたてばアウトでしょ。
      今までのように洋菓子店でパートしていたら良いのに、
      圭与さんまで辞める必要ないでしょうに。
      高齢の父親と二人、マンションで父親の年金、遺族年金、圭与さんの
      パート収入があれば余裕で暮らせるでしょ。
      地道に暮らすことが出来ない性格の人みたいだからなぁ。

      私自身の考えでは、容貌、来年新皇后になる雅子(サマ)の方が
      圧倒的に勝ち組だと思います。

  2. うーしー より:

    mayuさん、おはようございます。

    まあ見事に品格が一番無い方がセンターにおわする…。この世の春をもうすぐで謳歌できるとウキウキなのでしょうか。
    さすがは昭和天皇が生前、「あの女だけは罷りならん」と仰せられただけのことはあります。事実、平成初期は災害が多く、ロイヤルニート期間になったら少し落ち着きましたからね。神域に足を踏み入れれない皇后など、全方面で厄を拾うでしょう。大きな災害が来ていないのは東海と関東だけ、これだけで済むはずはないので、我々庶民も来るべき災厄に備えなくてはいけません。

    KKは日本と違い悠々自適でしょうが、やっぱりママンから離れられない26歳児。眞子さまとダメになったときのための新たな寄生先をNYで探すのでしょうか?その見極めには金の臭いに敏感なママンも不可欠でしょうし。日本人皆を敵に回したので、成田空港のVIP待遇はさぞ最後の日本の思い出になって良かったでしょうね。

    縁切り寺(神社)には当人でなくとも参拝される方は多いそうです。絵馬を書いて祈願すれば効果はありますよ。
    皇族に害なす存在に早々に神罰が下り、秋篠宮様の即位が早くなることを願います。

    • mayu より:

      うーしーさん

      仕方ないですね、品が有っても無くても公務してもしなくても
      長男の嫁は長男の嫁、雅子(サマ)自身はフランスに行きたかったでしょうね。

      画像処理したかどうか?わかりませんが、立ち姿、表情は
      今までよりよく写っていると思いました。
      瑤子さまの投げやりな表情が気になるところですが。

      私は自然災害と皇室は関係ないと思っているのですが、
      どうなんでしょうねぇ、因果関係はあるのか、偶然なのか
      わからないです。こういう考えの人は皇室関係のことを
      書くのに向いていないような気がするこの頃です。

      私の住んでいるところには縁切り寺、神社がないのです。
      わざわざ京都まで行くのも疲れます。

      順番は、決まったことなので
      皇太子➡秋篠宮殿下➡悠仁さま。
      日本の人口も少なくなるそうなので、皇族も少数で
      祭祀メインに公務は出来る範囲内で良いと思っています。

  3. よこはま より:

    本当にこの手の週刊誌ってのはいい加減な記事を書きますよね~…

    ちょっと事実関係を指摘しておきます。

    1.
    「NYの弁護士試験は全米の中でも難関、現地で法律を学んだアメリカ人でも合格率3割にも満たない。
    評判を聞く限り、小室さんには難しいでしょう(宮内庁関係者)」

    2017年7月のNY州bar全体合格率は68%、うち外国人は32%でした。(JDとLLM両方含め)
    全体で7割合格ですよ。
    最難関といわれるカリフォルニア州でも昨年の合格率49%です。
    ちなみに昨日発表された2018年の日本の司法試験合格率は29%でしたね。
    ニューヨーク州の合格率は全米51州の10~20位圏をうろちょろしてて、受験する人にとっては難関かもしれないけど、特別難易度が高いわけじゃないでしょ、実際7割も合格できるんだから。
    何回目かで合格するんじゃなくて合格者68%のうち1発で合格した人が86%だそうですよ。
    受かる人はだいたい一発目で受かるようで、受からない人は何度も何度も落っこちるみたいな傾向のようで。
    それにアメリカにも合格率の高いロースクールとそうでないロースクールがあるのは当然。
    フォーダム大学ロースクールはかなり優秀な部類で昨年のbar合格率は91%です。
    ほぼ全員じゃん…。
    さて、記事はいったいどこからアメリカ人でも合格率3割にも満たないとかいう数字持ってきたんでしょうね…。

    2.
    「フォーダム大は200人ほどの留学生から1人しか選ばれない3年間で約2000万円の授業料を免除した。」

    これについては以前ここでも指摘したことがありますが、小室氏が得た奨学金はLLMの1年間のみとフォーダム大学が公表しています。

    3.
    「もし、眞子さまがNY州の弁護士となった小室Kと結婚するならば、新居はNYに構え、当然そこには圭与さんも同居することになるだろう。」

    マンハッタンの住宅売買の平均価格が公表されていますが、2018年現在の中央値は193万ドルです。
    現在の日本円に換算すると2億1600万円です。平均ですよ、平均…笑
    それも多くが中古!
    ニューヨーク、それもマンハッタンで2世帯の住居なんてたとえ弁護士でも新人じゃ無理なんです。
    最初の数年は大手弁護士事務所でも給料500万円程度ですから。
    新婚はワンルームの家賃20万円程度のところに住むのが普通で日本と同じ。
    新居を買うんじゃなくて借りるにしても2世帯となると戸建でもアパートでも月家賃100万円クラスがほとんどです。
    電車で1時間くらいの郊外であれば50万円ぐらいでありますけどね。
    つまり小室氏じゃニューヨークに眞子さまを連れてそれなりの家に住むというのはどう考えても無理。
    よって記事書く人はニューヨークで新居構えるなどという発想は消去しないと…。

    なんというか、まともな思考で記事書いてる記者いないんですかね。

    • mayu より:

      よこはまさん

      私のブログだけでなく、この記事を紹介している、これから紹介するかも
      しれないブログにコメントで週刊誌のいい加減さを指摘して拡散してください。

  4. ゆう より:

    こんばんは(*^^*)

    なんだかあげてるんだか下げてるんだか^^;
    周りも興味な~しって感じだし(笑)
    玄関先に出てきて「行ってらしゃい」って挨拶するだけでしょ?未来なんて見据えていないってば!

    KKママ、ほんとに息子を追いかけて行ったんでしょうか? 年寄りを1人残して?
    そのお金の出所は?(この2人に関しては、いつもお金の出所が気になる^^;)
    いくら昔住んでいたって、何日も生活出来る場所があるんでしょうかね?
    謎だらけで怖いです・・・

    • mayu より:

      ゆうさん

      「上さまのおなーり~!」 で、上皇后が出てくるなら分かるけど。
      それでも大いに笑っちゃう(≧∇≦)

      皇室は海外訪問の旅にこうやってスーツ着て帽子被って
      お見送りで面倒くさいところですね。
      瑤子さまなど「面倒くせーー」な顔してるじゃないですか(苦笑)

      圭与さん、渡米したとしたら知り合い宅に居候か?
      3年間働かないでいるのか、生活費は? 
      もしかして、他人にケチなだけで小金持ちなのか?
      不可解な親子ですが、自腹で行くなら何処へでも・・・だけどネ。

  5. もも より:
    • mayu より:

      ももさん

      出ましたねーー! 半分か1/3くらいかな?
      明日辺り残りを出すかも。ぐやじーーー( ノД`)
      時間掛けて書き起こしする必要もない時があります。

  6. やしま より:

    新・下皇后さまのおな~り~

    いや、本当にこういう記事なんですか。
    皇室、すっかりお笑い系の芸人扱いですね。

    この写真だと、雅子サマ、少しおやせになったよう。
    そして、絢子さまも後ろにいらしたんですね。今回もお顔が見えないけれども。
    瑤子さまの仏頂面よりも、絢子さまのスマイルのほうがいいかも(^-^;

    • mayu より:

      やしまさん

      本当にそんな記事なのです。
      皇族方を引き連れてフランスへ旅立たれる
      皇太子さまを貫禄のお見送り、これがサブタイトル。

      いつもは他の皇族方は玄関内で見送られるのだが、
      この日は秋篠宮ご一家、高円宮ご一家など
      雅子さまの後ろにズラリと並ばれた。本当に並ばれてます。
      お笑いですね。

  7. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんばんは。

    >新皇后さまのおな~り~

    って、完全にバカにしてますよね、これ。
    皇室ももう敬われる存在というより、タレント化と言った方がいいかもしれません。

    でも、もっと目をひくのは、瑤子さまのぶんむくれた表情です。
    「ったく、やってらんねーよ」と吹き出しをつけたら合いそうです。

    ところで、KK母が渡米しているとすれば、そんなお金あるんだ、どっから出てるんだ?ということになりそう。
    しかし、ここまで息子にベッタリの母親がいる家に嫁ぎたくないなぁ、私なら。
    結婚しても、絶対、妻よりママン優先でしょ。

    眞子さん、もし結婚したら、この母子のメイドさん扱いですよ。お金を持ってるメイドさん、サイコー!!ってか?
    遠距離のうちに目が覚めるといいのですけどね。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      よくこのタイトルを考えてつけて出版したと感心しました。
      もはやお笑い芸人並みの扱いで、確かに皇太子夫妻はお笑い系なのですが(^^;)
      瑤子さまは口元が麻生太郎氏にそっくり、ブーたれてる表情が多いのです。

      圭与さん、所在不明でどこにいるんでしょ。
      パートも辞めたそうだし(パート先の人の話)
      渡米したとすると、生活費など何処から出すのか、出るのか、
      本当は小金持ちなのか、不可解です。

      昔のことわざで「孝行息子とは結婚するな」と聞いたことがあります。
      親優先にするからでしょう、小室Kは典型的なマザコン、圭与さんも
      息子ベッタリ、気持ち悪くて結婚など考えられないね。
      眞子さまは何にも気にならないのかしら。

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、お久し振りです。ブログ記事ありがとうございます。

    「その視線は未来を見据えて」「新皇后さまのおな~り~!」って…(^_^;)
    何だか真剣味が足りない、と言うよりふざけている様に感じます…

    kk、勉強の合間にブロードウェイで観劇を楽しんでいる、ですか(溜め息)。
    大学の特別扱いを当然の事と考えているのなら、その神経が理解出来ません。
    うーん…長引けば長引く程複雑になりそうで良くない気がします。どうなんでしょうね。

    • mayu より:

      白雪山羊さん、こんばんは。

      なんちゅうタイトル、おふざけも過ぎますっ!
      と言いたいところですが、皇太子夫婦はお笑い系ですから( ゚Д゚)

      小室KはNYで我々の神経を逆なでするようなことをしてます。
      ブロードウェイで観劇とは、ムカつきます。
      勉強について行けなくて苦労して激痩せ!こういうところを見たいわ。
      早く結論出した方が皇室の為ですよね。
      秋篠宮家の話題には必ず、眞子さまを何とかしろ、等々
      酷いコメントが多くて凹んでしまいます。

タイトルとURLをコピーしました