合格発表の今日、悠仁さまの作文にガイドブックの記述の記事に悪意を感じた

悠仁さま

筑附高の合格発表は今日だと思いましたが、まだ悠仁さまの合否は宮内庁から正式な発表がありません。今日のこの日に、悠仁さま文学賞入賞作文が他の著作物と酷似している箇所があると判明した、とNEWSポストセブン、デイリー新潮の記事がヤフーニュースにアップされました。

NEWSポストセブンの記事はコメント欄無し、デイリー新潮にはありましたが、またひとつ悠仁さま叩きの要素が加わったということでしょうか。引用元、参照を書いていれば良かったのかもしれませんが、作文とのことでそこまで気が回らなかったのかもしれません。私はこの時期にこの記事を出すことに、出版社に対して悪意を感じました。

ブログでも週刊誌の記事、ヤフーニュースやネットに載った記事を全文転載することはたま~にありますが、著作権などなかなか難しい問題があります。私も数年前に論壇ネットのライターから脅迫コメントを書かれて以来、画像には画像出典先を表示したり、記事もリンクしたりしていますが、中には画像出典先もリンクも無くブログを書いている人達もかなり多いのではないでしょうか。

また大学生の卒論でwikiに書かれた文章をコピペなどの記事も見たことがあります。今の時代はパソコンで文章を書くのでコピペも簡単なので気が付かなければやってしまうでしょうね。

悠仁さまは今、高校進学でどうなるのか注目の的なので、悪意に受けて盗作などのコメントも出ていました。姉の眞子さんの結婚問題から、ただでさえ若い男子皇族は悠仁さまだけ、前途多難な人生でお気の毒です。悠仁さまが皇族辞めたいと思われるのではないかと心配です。記事の内容はリンク先で見てください。

この悠仁さまの作文問題の内容は12年刊行のガイドブック『世界遺産 小笠原』(JTBパブリッシング)には、〈小笠原諸島は、火山が隆起してできた島で、一度も大陸と陸続きになったことがない。こうした島を海洋島という〉(11ページ)
〈(小笠原諸島に)生きものたちはいったいどのようにしてたどり着いたのだろうか〉(12ページ)と、悠仁さまの作文にそっくりの記述があるのだ。

悠仁さまの文学賞入賞作文の一部が他の人の文章と酷似
宮内庁は参考文献の記載漏れを認める

NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20220216_1726642.html?DETAIL
ヤフーニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/d0804399bc019b4e80bbf2152553de9de9bc79de

【独自】悠仁さまのコンクール入選作文に疑惑浮上
複数箇所がガイドブックの記述に酷似

デイリー新潮 https://www.dailyshincho.jp/article/2022/02161131/
ヤフーニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/71318f1ec984e1c6d93ec568400344945a40aa12



コメント 【注意】既にコメントしている方に被らないハンドルネームを入れてください。匿名・名無し、通りすがりは承認できません。皇族方には敬称をつけてください。

  1. 三島 より:

    合格発表と同時に、早速や悠仁さんの作文が殆ど他者からのコピーペーストだとする問題が浮上してきました。
    秋篠宮家の印象が、眞子さんの結婚でガラリと変わってしまった印象を私の中で持つようになってきてからは、秋篠宮家の検索をするようになりました。
    いろんなブログや動画を見聞きしてきたけど、最近、下記のような生々しい印象がするブログを見つけ、過去から20記事程あるものを2日でほぼ全部読みました。
    ●「皇室新聞」ブログ佐川良子 で検索すると見つかります。
    2月17日の記事のタイトルには、
    「悠仁さま、コピペ作文疑惑で、つくば合格取り消しの可能性?」
    という内容です。

    インターネットが普及してから、惑わしの時代に入ったし、人の口に戸はたてられなくなりました。
    佐川さんとその仲間が書いているブログを読んで、何が事実なのかは横に置く事が冷静な判断だという、自分の中にまだ曖昧だけど持つようになりました。
    噂に尾ひれをつけたもの、愉快犯、悪意、感情や好き嫌いで物を言う、ネットで小銭稼ぎなどの目的でいい加減な事を書いたり、言ったり、してはならないと思う事は確かだけど難しいです。
    このようなネット普及のご時世になってからは。
    悠仁さんの合格についても、まっとうなものかについてはネットを読む限りわかりません。
    なので、これからもずっと書かれ続ける事だけは確かでしょう。

    佐川良子さんは元秋篠宮家の宮内庁の職員です。
    パソコンを奪われたり、皇族しか手に入らない便箋や葉書で白紙の手紙が届いたり、無言電話、パソコンが盗難に合ったりと、かなり圧力がかかっている事がこのブログにも書いています。

  2. ユフノ より:

    管理人さん、みなさん、こんばんは。高校合格という慶事のタイミングで、転写疑惑というマスコミ報道、これはたしかに秋篠宮家と悠仁さまを貶める悪意に他ならない。マスコミは、ときに人に後ろ指を指すような商売とはいえ、こども相手にいい大人がみっともないなと思う。…っていうか、応募したのは、いつの話ですか!?

    悠仁さまは、皇族としてではなく一般人として、お一人の力だけで応募なさりました。その自立心とチャレンジ精神は、ご成長の証であり、とても立派なことでした。ただ、マスコミがまるで鬼の首でも取ったかのごとく指摘しているように、文章をそのまま転写したり盗用するのはルール違反(著作権侵害)になります。大人の助力はなかった証拠でもありますね。

    悠仁さまは、ひとり広く調べて丁寧に書かれたとは思いますが、悠仁さまの佳作、これは副賞の図書カード5万円と合わせて、潔く返したほうがよいのかもしれません。そして、この苦い経験を活かして、次に文章を書くときは著作権には気をつける、そのことを学ぶ機会にしてほしいと思います。臥薪嘗胆ですね。

    第12回子どもノンフィクション文学賞(主催、北九州市)の募集パンフレットが、北九州市ホームページに掲載されています。
    https://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000934560.pdf

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    応募の注意
    (8)他人の文章を勝手に使ってはいけません。使う場合は、「  」で囲んだり、段落を落としたりして、自分の文章と他人の文章の区別がつくように工夫してください。また、どこから用いたかも必ず書いてください。

    応募のきまりを守っていない作品は、受けつけられません。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    …とあるので、一般人ならみなアウト、応募作品は門前払いになると思います。ただ、主催者も審査員もみな日本人ですから、敬愛する皇室にはみな甘い。外国人は、著作権も個人の権利なので、もっと厳しく審査するようです。僭越ながら、悠仁さまは、まだ若いので、成果を焦る必要はないのです。一国民として、悠仁さまの高校生活も応援しています。ガンバレ!

    「文章は下手でも字はメチャクチャでもいいから、とにかくたくさん書きなさいというのです。(中略)そんなふうに、ぼくは作文を書くことによって、お話を書く、作ることの楽しさ、つまり、ストーリーテーリングのおもしろさを教えていただいたわけです。」(『ガラスの地球を救え』手塚治虫、光文社、1996年)

  3. 男系ですが… より:

    いや本当に、恐れ入谷の鬼子母神なミラクル擁護を沢山拝見して、これはご一緒に暮らされているご家族やらお子様やら、まぁ、話が通じなくて距離を置かれるだろうなぁ、と。
    日本の専業主婦の知的レベルは本当に、吃驚感動!
    普段窺い知る事の出来ない世界、大変興味深く拝見いたしました。

    • mayu より:

      男系ですが…さん

      あははは 鬼子母神、最高じゃないですか(^^)

      息子は寄り付きませんね(笑)
      旦那は雅子さまの眉毛にしか興味なし。

      私の知的レベルは低いのですが、コメント寄せる方々は高いですよぉ。
      専業主婦だけでなく働く主婦、女性を甘く見ないでくださいませよ。

    • クロワッサン より:

      >男系ですが…さん

      精一杯、上から目線のイヤミと皮肉を言ったと思っているでしょうが、mayuさんにとって、痛くも痒くもないでしょうね。

      男系ですが…さんは、mayuさんのようなユーモアのある鋭い切り返しは、出来ませんね!
      心の余裕もないし、そのボキャブラリーの乏しさだと無理。mayuさんとは大違い。

  4. わかくささき より:

    mayuさん、記事投稿ありがとうございます。

    悠仁様、高校合格おめでとうございます。

    悠仁様の作文、この記事が出て初めて読みました。
    原稿用紙19枚分の量なのに良くまとめられて読みやすかったです。
    大人の代作だという人もいますが、中2位で読書もそこそこする子なら書ける文章だと思います。

    簡単に言うと、旅行での出来事を時系列順にところどころに感想を交えて書いている作文です。

    上手過ぎとの意見も有りますが、それは一般人の旅行とは違うからだと思います。
    紀子様と悠仁様の小笠原旅行なので、お二人でただ島を回り歩いたというものではなく、知識のある案内人がどこにでも付いていて説明を受けていたと思います。そこで聞いた動植物の名前を記憶していたかメモや写真、動画撮影した物を頼りに、図鑑などで確認し正確に数多く紹介しているからだと思います。
    悠仁様は昆虫がお好きなので、普段から図鑑や百科事典などをよく読んでいらっしゃると想像出来ます。お小さい頃からなら、文章の書き方も影響されていると思われます。
    だから、文献のように感じられるのだと思います。

    今回、引用したとされる文章を自分で考えたように変えていると指摘がありました。
    私の子供の頃を思い出すと、作文を書くとき、今回のような島の成り立ちなどの参考文をそのまま書いたら自分の文章にならないので、接続語や修飾語を使ったり、今回のように順番を変えたりして書いていましたが、今の時代、それはいけないのでしょうか?
    参考にしたものは、一字一句そのまま書いて、引用記録を付けないといけないのですか?

    何より1番に思うのは、悠仁様だからと言って子供の作文を一字一句何かないかと粗探しをして週刊誌の記事にする方が如何か?ということです。
    大人のすることとして、情けなく思います。

  5. 月の砂 より:

    mayuさん
    お忙しい中記事更新ありがとうございます。

    悠仁様合格されましたね。
    本当におめでとうございます。
    どうぞ良き高校生活となりますようにお祈りしております。

    何処の世界に今高校合格を果たした悠仁様にアレコレ難癖を
    着けるような事をこの時期に出すのですか。
    悠仁様の年齢を考えて下さい。
    大人が意地悪くこの時に出してくることではありません。
    後は悠仁様が平穏な高校生活をお送りすることを祈るのみです。
    変な大人や雑誌は付いて回るなと言いたいです。

  6. mayu より:

    こんばんは。

    速報が出てヤフーニュースに載っても、ブログなので
    直ぐ書いてアップできませんでしたが、合格の記事を書きました。

  7. やしま より:

    筑附の合格速報出ましたよ。

    悠仁さま 筑波大学附属高等学校に合格(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース
    秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまが、国立の筑波大学附属高等学校に合格されたと宮内庁が発表しました。

    悠仁さまは、現在、お茶の水女子大学附属中学校の3年生で、進学先が注目されていました。

    今月13日に

    「お茶の水女子大学附属と筑波大学附属の間で設けられている「提携校進学制度」によるものということです。」

    いわゆる一般入試ではなく、渡邊氏の書いたとおり「抜け道」というやつになるんでしょうか。また叩かれそうです(涙)。

    一つだけ。学習院男子高等科勤務友人の「学習院が滑り止めの気配は微塵もない」は、事実だと改めて。

  8. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    悠仁様合格されましたね。
    まずは、おめでとうございますと申し上げたいです。
    ヤフコメは設けてありませんでした。
    そして、この盗作したかのような書き方、もうマスコミには嫌悪感しかないです。
    マスコミはそんなに秋篠宮家が憎くて、今上一家押しなんですか? 天皇皇后が伊勢神宮へ行かれているのに、皇居を守らず志賀ですスキー遊びしていた皇太子、自分の役目をこれっぽっちも理解していないボンクラを天皇と良く崇められるものだと感心します。
    娘は時間にルーズだとテーミスに書かれているそうですが、だからなんでしょうね、成年会見が決められた日に出来ないのは。
    全て眞子さんが悪い!は無理があるのは承知していますが、この悔しさや、やるせなさ、やりきれませんわ。
    悠仁様は合格されましたが秋篠宮家の春はまだまだ先のようです。

    これで又鬼の首をとったかのようなコメントが沢山沸いてくるのでしょうか?見たくないわ~。

    • ミラージュ より:

      さっき見たヤフーではコメ欄がありました。
      そんなに批判の嵐ではなかったのが救いです。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    そう言えば、ありましたね。
    小笠原の事を書いた事。

    うーん…週刊誌の記事は
    何故今頃・今日にぶつけて来るんですかね?参考文献(?)などの件はあったにせよ、これでもかって感じで気の毒に思いました。

    そっと見守りたいです。
    進路の発表は後日かも知れないですね。
    報じ方はちょっとやり過ぎ…と感じましたが
    受検(でしたか)は良い経験になったのではないかな?
    と思いました。

    • 白雪山羊 より:

      このコメントを書いて、Yahooを見たら発表になっていました。

      悠仁親王殿下、おめでとうございます。
      静かな環境で、充実した
      高校生活を送れる様に願っています。

  10. やしま より:

    私は今の悠仁様の心情を思うと、たまらない気持ちになるのです。mayuさんのお写真で見せていただいた15歳の悠仁様の細い肩。まだまだ少年期にあるあの方は、将来至高の存在になられる方なのです。
    だのに今、日本のマスコミは、そのただお一人の方を叩いて、叩いて、叩きまくる。

    胸が張り裂けそうです。
    この方の今の窮状を救えるのは、お母さまの紀子様、ただお一人です。
    お姉様方は頼りになりません。眞子さんに至っては、ひたすら足を引っ張るばかりで。
    殿下のお気持ちをよくくんで、どうなさりたいのか、そして客観的に考えて、どんな道がベストなのか、いまひとたび足を止めて考えていただけないでしょうか。

    皇位継承者2位のお方とテレビで放映されますが、今の日本には「皇位継承第3位」の方は存在しないのです。
    先はただお一人になられるかもしれないという危うさ。
    そんな細くて長くて遠い道を、ずっとお一人で歩まねばならない。
    せめて今は、明るく楽しい学校生活を送られるように、ただひたすらお祈りしております。
    あの細い肩が震えませんように。この先、喜びに満ちたお顔が見られますように。

  11. ぐりぐら大好き より:

    mayuさんこんにちは。

    大人げないほど悪意全開ですね(笑)。

     引用文献や参考文献記載漏れは出版物ではやってはいけないミスですが、中学生の作文ですよね。そこまでいうかなあ。ゴーストライターとか大人の添削疑惑を目にしたこともあったこの作文ですが、ある意味悠仁様ご自身の作だったという証明でもありましたね。

     進学についての宮内庁からの発表はもう少し後になるのではないかと思います。今日発表するのは他の受験生への配慮に欠くような気がします。同じ理由で当日朝の撮影を宮内庁が許可しているというのはないように感じます。

     私は今回の受検は出来レースとは思ってません。
     提携校の推薦は悠仁様のためのものではなく、悠仁様を含めたお茶の水附属中学と筑波の附属中学の3年生のためのものです。悠仁様より成績のいいお子さんがこの制度の利用を希望した場合、当然悠仁さまではなくその生徒が選ばれると思います。全生徒に顔向けできないようなことは先生方はなさらないのでは?
     また一般受検を忖度で合格にするということもないと思います。受験をする側の立場から考えると、いつもよりできた、できなかったは感触として分かるものです。全く歯が立たなかったのに合格をいただいたとしたら悠仁様はどうお感じになられるでしょう?それぐらい進路指導されているお茶の水附属中学の先生方お分かりになられるでしょう。

     他の私立高校の受験もされていたかもしれませんよ。マスコミも全ての学校に取材なんて出してないでしょうし、今回の映像をみると周りの受験生は全く気付いてなさそうです。マスクで顔の大半が隠れてますしね。行くか行かないか分からない学校の受験についてまで報告の義務はないように感じます。

     受検に向かわれる朝の映像、緊張と高揚感が入り混じったような受験生特有の雰囲気を感じました。結果が残念であってもいい経験をされたのではないかと思います。その後、都立高校の入試にいらしたら更に前代未聞ですね!不謹慎ですが、ちょっと面白いです。

    • ぐりぐら大好き より:

      合格発表されましたね。

      読みが外れました(笑)。

  12. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。ありがとうございます。この件に関して5ちゃんねるにて目にしましたが、ざっと読んだだけで終わってしまいました。出典はみ○○セブンでしたか。天皇家上げ秋篠宮家アンチの人達は、平成4人組などと呼び、上皇夫妻と秋篠宮夫が雅子様をいじめてるようなことを書いていますが、私にはとてもそのようには思えません。上皇后が「憎くてたまらない」と思っているのは紀子様では?「愛子天皇でいこう」と思っていたのに悠仁殿下がお生まれになったのだから。眞子さんの結婚によって、秋篠宮家には色々と問題がある事もわかりましたが、悠仁殿下が次々代の天皇であることは動かしがたく。静かに見守りたいです。

  13. シロガネ より:

    mayuさん素早い記事の更新、ありがとうございました。あぁこれでもかと、炎上ネタを週刊紙は書きますね。でも宮内庁も今回は、アッサリ認めて、悠仁親王殿下の反応も知らせてますので、ご本人的には、想定内のうちだと思われていらっしゃるのでしょう。

    資料等ネットで直ぐに見られますし、自分たちの頃に比べたら、便利な分、こういうことは起きやすいのでしょう。

    ご自分では、そう意識していなかったのではないでしょうか?

    こういう問題は、悪い様に書けば、如何様に悪し様に書けますから。それこそ大人の配慮があって良いのに、若宮殿下がおかわいそうです。でも学ぶ意味でも、かえって良かったと思います。

    シロガネ何て、読書感想文が苦手で、後ろの解説を8割写して提出していたものです。

    余計な事を・・・・  

    若宮様には沢山の資料を読まれて、ご自分独自の表現を身に付けられて、又、こういう感想文にチャレンジして頂きたいです。

タイトルとURLをコピーしました