昨日から今日の朝ワイドでは取り上げられていた20代女性の行動にはガッカリでした。
多分、この女性だけでなく他にも特定警戒13都道府県内から地方へ帰省した人がいた、
居るかもしれませんが、この女性は職場でコロナ陽性の人がいて、自分も味覚、臭覚の
異変を感じていたものの、高速バスに乗り山梨県の実家に帰省した。

大体、この時点でアウトでしょ。今は地方に帰省しないように、自粛するように
ネット、テレビでも大型連休前に言われていました。なんの為に実家に帰省したのか、
わかりませんが、1週間も経たないうちに帰京するのなら親も止めるべきでした。

26日頃から症状がある。
29日高速バスで帰省。
30日友人ら4人とバーベキューを行うなど。
1日、PCR検査、実家待機と公共交通機関を使用しないように要請。
結果が出る前に高速バスで帰京したと嘘をついた。
2日、感染判明した後、犬が心配だからと高速バスで帰京。
3日、1日に女性と会った20代男性がPCR検査で陽性になる。

20代とのことで、20才~29才まで年齢に幅がありますが、いずれ山梨県の方から
この女性の住まいなど特定されてしまうと思います。
BBQをした4人の知人、BBQを見ていた隣近所、高速バスから自宅まで乗せた親戚、
1日に会った男性の感染、と接触者がそこそこ多いので、人の口に戸は立てられず、
地方では住まいから早く特定されてしまうでしょうね。
怖いのはこれからです、特に女性の実家と家族が無言の嫌がらせを受けるでしょうね。
みんな我慢している中で、こういう悪質で非常識で人がいると怒り心頭でしょ。

それにしても、関東圏内では症状が出て保健所に電話しても繋がらない、
なかなかPCR検査も受けられない状態で、自宅待機、自宅で療養しながら
検査を受ける前に亡くなっている方もいる中で、感染者が少ない山梨県では
簡単にPCR検査を受けられて、自宅待機と言われたのにまた高速バスで帰京とは。
あ・・・犬が心配なのは充分に分かります、友達か誰かに犬の世話を頼めなかったのか。
やっぱり帰省するべきじゃなかったのです。

このように自由に行動したい人はスウェーデンで暮らしていたら良かったのです。


スポンサーリンク

「封鎖せず」独自路線 自主性尊重、「集団免疫」目指す―スウェーデン

「スウェーデン方式」と呼ばれたり「大きな実験」とも言われています。
経済的打撃は少ないけど、感染による死亡率が高く日本では到底出来ないことですが
その国の宗教とか死生感の違いでしょうか。
特に死亡率の多い高齢者切り捨てとも取れるのですが、大昔の時代なら
例えばペストが流行った時代とか、自然淘汰に近いものを感じました。

「スウェーデン方式」が成功するのか、死者が多過ぎてパンデミックになり
後から封鎖になるのか、とにかくスウェーデン人は受け入れているわけです。

以下のURLのような記事もあり、果たしてスウェーデン方式が良いのか
都市封鎖が良いのか、結果は時間が経たないと分からないようです。

「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に
https://news.yahoo.co.jp/articles/37596792ded1e661d99f4a3bfc05271bf7011b4b?page=2

新型コロナウイルスの感染が深刻化し、多くの国がロックダウン(都市封鎖)状態にある欧州で、封鎖をしない北欧スウェーデンの「独自路線」が注目を浴びている。ソフト対策の背景には、強制より個人の自主性を尊重する伝統が根強いほか、医療制度が充実し医療崩壊の懸念が少ないことなどがある。さらに多数が自然感染して免疫を持つことでウイルスを抑制する「集団免疫」の形成も念頭にあるとされる。スウェーデンの新型コロナウイルス対策をめぐっては、経済的打撃が少ないとして期待が寄せられる一方、高い致死率など感染拡大のリスクに懸念も出ている。スウェーデンでは感染が広がる中でも小中学校は開校し、飲食店やジムも通常通りの営業を続けている。
集会も50人以下なら可能。学校閉鎖や外出禁止といった厳しい規制を敷く国が多い欧州で異色の対応だ。首都ストックホルムのカフェやレストランは今も、食事や会話を楽しむ人々でにぎわいを見せる。政府は、封鎖の代わりに国民に「責任ある行動」(ロベーン首相)を求め、他者と距離を保つ「社会的距離」の実行を呼び掛けている。これに対して大方の市民は、政府方針を許容しているようだ。
【ロンドン時事】記事出典 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042300702&g=int

*今回もコメ返しを省略させて頂きますが、自由にコメ返しをしてください。