なんだかんだで忙しく昨日のニュースを今日、6日の夜に書いている。

九州北部は6日、活発な梅雨前線の影響で記録的な大雨が続き
大分県日田市で2人、福岡県朝倉市で1人の計3人の死亡が確認された。
読売新聞の午後7時時点のまとめでは、福岡、大分、熊本の3県の
計4万1631世帯 11万1444人に避難指示が出され、計1745人が避難している。

昨日からこの大雨により災害のニュースが放送されていますが
どうでしょう、土曜日の婚約会見は強行されるか延期されるか?

私は強行するのではないか?
もっと大災害か北朝鮮のミサイルが国内に落ちるくらいの惨状に
ならないと延期にしないような気がしています。

週刊文春によると、眞子さまは結婚に向かって一直線。
ただ前だけをご覧になっています。
「一日も早く結婚したい」との思いが全身から溢れ出ていらっしゃる
(秋篠宮家関係者)

6月18日日曜日、小室圭と母親の佳代さんが宮邸を訪れた。
眞子さまと小室さんの関係性は、どちらかというと
眞子さまの方がお強い。 お二人揃っての会見では
小室さんをしっかりとリードされるのではないでしょうか。

以上の記事が事実だとすれば、結婚に積極的なのは眞子さま。
小室圭は眞子さまの尻に敷かれ引きずられているということか?

もう、眞子さま、小室圭の婚約発表もカウントダウンに入った気分。
一応、録画はするものの、当日は私を動かさないでくれと旦那にお願いした(笑)

やはりリアルタイムで見たいもんね。
私にとって怖いもの見たさのような感じでワクワクドキドキする部分もある。

たった15分、関連質問無しのお寒いコンニャク会見。

何度もリハーサルをして、質問に対するセリフと
2人の演技を見せられるだけなのだろうが

もしかしたら意図しないハプニングがあるかも!!
あったら嬉しいし、それくらいサービスしろよ。

眞子さま、小室圭偽物説を信じている方々は早々に
眞子さまが本物か偽物か?小室圭が偽物か本物か?
徹底的に検証してくださいませ。(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

宮内庁は5日、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと、国際基督教大(ICU)の同級生で法律事務所勤務の小室圭さん(25)のご婚約内定後の記者会見を、8日午後3時から東京・赤坂御用地の赤坂東邸で行うと発表した。これに先立ち、宮内庁の山本信一郎長官が同日午前11時15分から、宮内庁でご婚約内定の記者会見を行う。宮内庁の宮務課長が8日朝、横浜市の自宅に小室さんを迎えに行き、東京・赤坂御用地内の秋篠宮邸へ。山本長官が天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻に、それぞれご婚約内定を発表することを報告する。続いて眞子さまが小室さんを伴って皇居・御所を訪れ、両陛下に小室さんをご紹介。午後3時からの2人での会見に臨まれる。同日夕には、秋篠宮ご一家と小室さんの母親も交えて、秋篠宮邸で夕食を共にされる機会が設けられた。 なぬ!秋篠宮一家と小室親子が一緒に夕食。全員の画像を見たい!!特に小室さんのお母さんをよーーく見たいのですが・・・

 

●時間は15分

●事前に提出された質問のみ

●関連質問無し

「通常、婚約内定の会見では事前に記者クラブから宮内庁に質問内容を提出してもらいます。回答は基本的にご本人たちがお考えになりますが、事実関係の間違いなどがないようにご両親や宮内庁が確認しているはずですから、やり取りはそのシナリオ通りに進みます。ただし、『関連質問』では何を聞かれるのか分かりませんので、宮内庁はヒヤヒヤしますよ」会見では予定された質問以外は原則できないが、答えに対する追加質問はできる。これが「関連質問」だ。ところが、今回は“禁止”になったという。週
刊ポストより

・時間を長くすると質問事項が多くなる。
・聞かれたくない質問が出るかもしれない
・受け答えに困る質問がでるかもしれない
などにより、15分でさっさと切り上げ
関連質問無しになったと推測。

おおよそテレビで見る、タレント、俳優他
いろんな婚約発表を見てきましたが
こんなに不安要素のある婚約発表も珍しいです。

皇族、内親王のおめでたい婚約発表なのに
なんなの、このピリピリモードは・・・

かなり抗議、不満のメール、手紙、電話が宮内庁に入ったのでしょうし
ブログだけでなく、ヤフコメでも小室圭との結婚に不満、不安の
コメントが多かったのを知っている為だとしか思えません。

結婚の儀までの様々な儀式がありますが
「小室さんの使者」は誰が務めるのでしょうか。

黒田清子さんの時は黒田さんの従兄弟が使者の大役を
果たされたそうですが、小室圭って兄弟はいない
母方の家族関係が全く表に出ない、わからないので
(わかるのはパパ呼んでいる祖父)
母方の従兄弟、親戚がするのかしら。
父方の親戚とも疎遠とのことでしたが、相手は皇族、
父方の親戚がする可能性もありそうですけど。

その辺りは納采の儀になればわかることで
それらから、少しづつ見えなかったことが見えてきそう。

とにかく「使者」は誰がするのか?

眞子さまと小室圭さんのご婚約内定の発表以降、結婚までは
一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」に始まる
皇室の慣例に従ったさまざまな儀式が続く。

●納采の儀では、小室さんの使者が納采の品を持って秋篠宮邸を訪問。
婚約を正式に告げる。
●次に宮邸を訪れ、結婚式の日取りを伝える「告期(こっき)の儀」が
ある。

●眞子さまが皇室を離れられる際に国から支出される一時金の額は
衆参正副議長や首相らが出席する「皇室経済会議」で審議される。

●結婚式の日が近づくと、眞子さまは歴代天皇などを祭る皇居内の宮中
三殿を参拝する
「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」に臨まれる。

●式の数日前には宮殿で、両陛下に感謝の言葉を述べられる「朝見の儀
」が行われる。

● 式当日は、小室さんの使者が宮邸に眞子さまを迎えに行く「入第の
儀」があり、結婚式に至る。

● 婚姻届を提出し、眞子さまは皇室を離れられる。
一般の国民と同様に住民登録され、選挙権などが与えられる。大まかに産経ニュースより

【お願い】
*どんなコメントでも匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは承認しません。
*コメントが多い時はコメ返しを省略することもあります。ご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。

スポンサーリンク