日本の皇室はこのような事件があった時、どのような対応をするでしょうか。
死傷者の人数の問題ではない、王室、皇室が国民をどのように
思っているのか? こういう時に国民に試されるのだと思います。

次代国王になるヴィクトリア王女と王配殿下になるダニエル殿下は
早々に事件現場を訪れ、花を供え、その鎮痛な面もちに
心からの「計り知れない悲しみ」を見てとれます。

スウェーデン王室の人気ランクは、
1位 ヴィクトリア王女
2位 ダニエル殿下

民間人だったダニエル殿下を王室に迎えることに国王は大反対しましたが
ダニエル殿下の数年間に渡る、努力は凄いものでした。
立ち振る舞い、服装、マナー、英語・仏語・独語、
美しいスウェーデン語の話し方、歴史や公務に関する教養。

どうですか、高卒のダニエル殿下がヴィクトリア王女と婚約に至るまで
習得したことは、今や国王より人気が出た成果として現れています。

ヴィクトリア王女とダニエル殿下の人気は揺るぎないものになり
国民とスウェーデン王室離れにもストップがかかりました。

スポンサーリンク


スウェーデンの首都ストックホルム中心部で7日午後3時
(日本時間同日午後10時)前、トラック1台が歩行者専用道路を暴走し、
デパートの1階に突っ込んで止まった。
地元メディアは少なくとも4人が死亡し、多数が負傷したと報道。
公共放送SVTは死者は少なくとも5人に上ると報じた。
ロベーン首相は「すべてのことが事件はテロであることを示唆している」
と述べ、テロとの見方を示した。

スウェーデン、トックホルムのテロ事件により
ブラジルを訪問中の国王夫妻は今後の予定をキャンセルし
スウェーデンに帰国します。

ブラジル訪問中に事件を聞いた国王夫妻。

またwebにテロ事件に対しての失望と事件の背景はまだわかりませんが
私達の思いは被害者と家族と一緒にいると見舞いのメッセージを出しました。

ヴィクトリア王女とダニエル殿下はテロ犠牲者を追悼するために
Sergels広場を訪れました。
花を下に置いた後、彼女は事件についていくつかの簡単な言葉を言いました。
彼女は自分の涙を数回拭いたことが明らかとなりました。

ブラジルを旅行中の国王と王妃は今帰国途中です。
国王がスウェーデンに帰国するまでの間、次の摂政ヴィクトリア王女と
カールフィリップが国民をリードしています。

土曜日の間にストックホルム宮殿とドロットニングホルム宮殿と半旗が掲げられました。

ブラジル訪問を途中で切り上げ帰国した国王。

ソフィア妃は第二子懐妊中で秋頃に出産予定。

ストックホルムでのテロ攻撃の後、ロイヤル・カップルはブラジルでの訪問をやめ、
昨日の午後に戻ったが、ストックホルム王宮でテロ攻撃に関する情報会議が開催された。
この会合は、カール・グスタフ王とシルビア王がスウェーデンに到着した直後に行われた。
会議には、ビクトリア皇太子、カール・フィリップ皇太子、ソフィア王女、内務省の関係者が出席した。

以上、スウェーデンサイトとloyal newsから、Google その他の翻訳サイトにて
スウェーデン語と英語を翻訳、正確ではありませんがご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク