三笠宮大殿下逝去で園遊会など一連の儀式の中止もあり
タイミングの良さに対する胡散臭さと昨夜の三笠宮邸への
にや気た顔をした皇太子の表情とふんぞり返った態度等々
皇室、皇族に対してガッカリ感が半端ない状態です。

普段はバリバリの方言で話をして、ブログに書く時は
多分、標準語とため口、時に毒舌であり、時に若者言葉
時に2ちゃんねる用語、入り混じって書いている。

今時、珍しいカナ入力を20年も続けてきたので
おそらくローマ字入力の方よりはタイピングが早く
ガタガタ打っては、誤字脱字、改めて読み返して
時が過ぎてから訂正する時も多々あり。

ブログに書くのに時間が掛かるか?と問われれば
その時々で違いますが、思ったよりは時間を掛けていない方かもしれません。
内容が濃くないのが一番の理由だと自覚しています^^;

自分の好きなように書きたいと思うのですが
こと、皇室関連のことを書くときは、なるべく敬語を
使わなければ、とは思っているのです。

スポンサーリンク

敬語、これ私にはかなり苦手な部類でして、敬語を使う相手が
なかなか居ない、居なくなったので、敬語使用頻度が少ないのです。

皇室は「皇室用語」といって、普通は使わない言葉が多いです。

wikipediaに「最高敬語」が書いてあります。

「第二次世界大戦後、一部の表現を除き多くは廃れた。
一方で、現在も残る最高敬語表現は、外国の国王・王族についても
天皇・皇族に準じ用いることがある」とのこと。

少し書きますが

天皇の外出 「行幸」(ぎょうこう)

天皇・皇后ご同伴の外出「行幸啓」(ぎょうこうけい)

天皇・皇后・皇太后・太皇太后の死「崩御」(ほうぎょ)

上記以外の皇族の死 「薨去」(こうきょ)

もったいない 「畏くも」(かしこくも)「天皇陛下」の前に付けて形容する言葉。

なさる、する    「あそばされる」
いらっしゃる    「あらせられる」
於かれてはの意味  「おかせられましては」

例えば、天皇皇后両陛下におかせられましては
10月某日岩手に行幸啓あそばされました。

このような使い方をするのでしょうか。

私など、頭がノータリンなので、タイピングと同時に
皇室言葉に変換できないのでございます。

なので、自分の中では精一杯の敬語として
名称だけは、様付けをしているのですが
本来「皇太子殿下」と書くべきところを
皇太子と呼び捨てにしていました(苦笑)

どんなにアレでも、一応、雅子様、愛子様と書き
天皇皇后両殿下と書き、呼び捨て、愛称呼びよりは
敬語らしき言葉を使うように心掛けてはいます。

敬語とはなんぞや。

○ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

話の主題になる人物や話し相手に対する敬意を示すために用いられる言語表現

○デジタル大辞泉の解説

話し手または書き手が相手や話題の人物に対して敬意を表す言語表現。

相手に対して敬意を表す言語表現

あの~~~昔はともかく、今は礼儀として
天皇皇后両殿下、雅子様、と書いていますが
全然敬意は持っていないのですが・・・

寧ろ、フィリピンのドゥテルテ大統領みたく
言いたい放題したいほどでございます。

「おい!こら まさこ いい加減 疲れた疲れたと
嘘言ってるんじゃないよ! あいこの看護だと???
アホいってるんじゃないよ。家事炊事もやらない身分で
どーやって看護してるんだよ。側についてるだけで
看護ってか? それで疲れるわけないだろうが~~
一緒になって寝ては食べ、食べては寝てのグターラやってるんだろ
その調子だと、もう次の皇后は無理だな、ワハハハハ
残念でしたぁ~~親父のカンキリもぐやじいーだろう
ざまーーみろ」

「天皇皇后、税金使って海外に行くのはやめろよ~
疲れたから退位するんだろ、もう動かなくていいから
御所にすっこんでろっ
美智子さん、年なんだからもう新しい服作らなくてもいいだろ。
毎度お馴染みのケープ、10年前の服でもわからないから
古い服を沢山着なさい。 着物にも金掛け過ぎ!!
山のようにある着物は身内にプレゼントしてやんなさいよ
自分だけ良い着物着てさーーー衣装道楽にもほどがある
あんたらの衣食住ぜーーーんぶ、わてらの税金ですぜ」

このくらい言いたい放題できたら
スッキリしますわね。おっほほほほ

もうひとつ

「あいちゃん、学校に行きたくなければ行かなくていいよ。
無理しないでお家で好きなことをしてたらいいよ。
まさこのいうことなんか聞かなくていいからね。
まさこの顔色、機嫌を見たり大変だったでしょ
海外留学なんかやだよね~日本語も上手くないのに
どうして外国語まで覚えて留学しなきゃならないのよねぇ」

いよいよ恐怖の年金生活に入りました、節約、家族のこと、
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てくださいね。

スポンサーリンク