天皇陛下の叔父様で、昭和天皇の一番末の弟である
三笠宮殿下が 本日27日、午前8時34分
入院先の聖路加国際病院でお亡くなりになりました。

9-2

心因は高齢に伴う心不全とのこと。

100才という驚異的な長寿を全うされました。
寝たきりでチューブに繋がれた状態でもなく
ごく最近までは手足を動かす運動もして安定していたそうですが
お年ですからね、容態が急変することも大いに有り得たと思います。

三笠宮妃殿下の百合子さまが27日から同病院に検査入院され
急遽病室に呼ばれて最期を看取られたそうです。

天皇ご一家は27日から7日間の喪に服されることになりました。
このほかの皇族方も、三笠宮妃の百合子さまの90日を最長に
30日間から7日間の喪に服されます。

これを受けて、天皇陛下は27日夕方予定されていた
フィリピンのドゥテルテ大統領との会見や
11月1日秋の園遊会を取りやめられました。(|||_|||)ガビーン

三笠宮殿下にはもう一週間、頑張って生きて欲しかったです!
ドゥテルテ大統領の会見、秋の園遊会、楽しみにしていましたのに。

これで、雅子様は大の苦手だった園遊会から今回は解放されて
ほっとしているのではーーー(-_-;)

スポンサーリンク

三笠宮殿下の御葬儀関連には出なくちゃならないでしょうが
園遊会よりは会話の必要も無しなので楽だしネ。

せっかく国民栄誉賞授与した伊調馨選手が記念品に貰った
帯と振袖で出てくるのを楽しみにしていたのに・・・
勿論、招待された人達も秋の園遊会の為に支度をしたはずで
天皇陛下が亡くなったのならまだしも、三笠宮殿下100才ですよ。

2000人の招待客のある園遊会を中止にするのは残念過ぎます。

やはり、一番喜んでいるのは、雅子様でしょ!(-“-)

4人兄弟の年の離れた末っ子の三笠宮殿下は
皇族の立場を大いに享受された方だと思います。

長生きをして、ご自分の好きなことが出来て
昭和天皇ほど重い責任も無く過ごしてこられました。

壮観な4人兄弟です。

p9-1

p9

10月23日には、三笠宮ご夫妻結婚75周年をご家族で
お祝いされたそうで、それもまたお幸せなことでした。

しかし、一番の親不孝であった
親より先に息子三人が亡くなるという悲劇も経験しました。
三度、息子を送り出した時のお気持ちは察するに余りあります。

三笠宮家にはもう女性皇族しかいなくなりました。
果たして喪主はどなたになるのでしょうか。

当然、百合子様ではありますが、いかんせん高齢ですので
代理で喪主をする人は、順番からいえば、長男の嫁である信子様ですが
娘の杉子女王との確執があるので早々簡単にいきそうもない雰囲気じゃないですか。

いやーー今後百合子さまも亡くなられたら
三笠宮の当主には誰がなるのか?庶民としては興味津津。

信子様、娘の杉子女王、あるいは高円宮久子様か!?

百合子様が100才まで長生きするとしたら
杉子女王40才くらいまで独身を通すのかな?
お金、特権も有りの皇族の身分は美味しいでしょう。

※「赤の宮様」と呼ばれた三笠宮大殿下について追記、加筆有かもしれません。

いよいよ恐怖の年金生活に入りました、節約、家族のこと、
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てくださいね。

スポンサーリンク