愛子さまのご優秀記事がよく出てきます。
偏差値72、進学先候補として、東大、一橋、上智大など報じられます。

愛子さまは2年生から文系の特別進学クラスに在籍。
女子高等科の特別進学クラスでも優秀な成績を修められ、
東大を狙うことも十分可能だとの評判、難関私立大学への推薦も
勝ち取ることもたやすいはずだそうです。
(女性自身8月13日号より少しだけ抜粋)

そんな超優秀な愛子さまなので、学習院大学では物足りないだろう。
東大受験に挑戦するのかな~?と思ったら

学習院女子高等科では、約3割の生徒が学習院以外の大学を受験。
夏休み前に外部受験希望者のための説明会に愛子さまは出席されていなかった。
すなわち、愛子さまはこのまま学習院大へ進学されることを固められた。
(女性自身8月13日号より)

超優秀だと、目が悪くなるくらい週刊誌で読まされてきたのに
ここにきて学習院大では府に落ちません。
何年にも渡って「ご優秀、偏差値72、東大進学も」と勝手に
週刊誌が書いたのか?は分かりませんが、散々書かれてきたのですから
ここは是非!愛子さまには東大を受験して欲しかった。
今からでも遅くないでしょう。何しろ超優秀なのですから。

宮内庁関係者って・・苦情電話係(お世話になってます)警備員、他
いろんな関係者がいるでしょうけど、その宮内庁関係者によりますと、
「偏差値で学校を選ぶより落ち着いた環境で学問に取り組んでほしい、
雅子さまのご希望があったのではないでしょうか」(女性自身8月13日号より)

つうことは、東大、一橋、他難関私大は落ち着かない環境で、
超優秀な愛子さま、学問に取り組めないのでしょうか???

即位後の世論調査では、女性天皇賛成8割「愛子さまを天皇に」と
待望する国民の声は高まる一方だ。(女性自身8月13日号より)

マスコミが勝手に世論調査して、適当な数字を出しているだけでは。
国民の声が高まっている?
私も国民の1人ですが、私の友人知人親戚の国民は誰も言っていませんが(・・?
序に美容室で皇室話題になった時も愛子さまを天皇に、など聞いたことがないです。

いい加減引退してほしい、美智子さまと同い年の渡邉みどり女史。
「尊敬されているお父さまと同じ史学科への進学も検討されているかもしれません」

2019年8月1日 臨時国会開会式での徳仁天皇

お父さま=徳仁天皇も、学習院大学→大学院に進学、さらにイギリスの
オックスフォード大学に留学されている。(本当に勉強したのかな?)
この時のエピもいろいろあるのですが、それはいずれ暇な時でも。

「愛子さまが天皇陛下をお手本に2年ほどイギリスへ留学されれば、皇族としても
おひとりの女性としてもかけがえのない経験になると思います」
(いい加減引退してほしい、美智子さまと同い年の渡邉みどり女史)

ということで、超優秀で東大も狙える愛子さまは、落ち着かない環境の
東大、他難関大学進学を止めて、愛子さまが落ち着いて勉強できる
学習院大学へエスカレーターかエレベーターで進学し、その後は
イギリスのどこかの大学に留学のコースをとるということですね。

ローブモンタントにティアラの正装になったお姿も拝見したいのですが
もしかすると、成年会見が行われる前に留学してしまうかもしれません。
成年会見はビデオレターで見せられるとか。( ゚Д゚)
それとも、2年掛けて成年会見の練習をするかもしれませんね。

女性自身は、愛子さまがこれからの皇室で重要な役割を
培われることは間以外ありません。と断言しています。

英語もペラペラでお父さまの天皇陛下より上手いとも書かれる愛子さま。
眞子さまのように単独で振り袖姿をお披露目した海外公務も是非!
やっていただきたい。

その前に、海外から要人、特に王族が来訪された時もお出ましになり
カーテシーやら、時に着物、当然独身女性の礼装である振り袖を着ての
お迎えなども見せて頂きたいです。
また、雅子さまと2人で公務見習いもやらなければ。

にこにこお手振りするだけが皇族のお役目じゃありませんからね。

勿論!天皇となれば、一番重要な祭祀、国事行為、様々なところでの
スピーチも必要になるし、国民との交流も必要な時があります。
天皇になる前に、即位式とか即位礼正殿の儀など沢山の関連行事があります。
去年は10月2日の運動会翌日から11日まで9日間も「運動会の疲れ、
天候不順で体調を崩して」学校をお休みになられた、ように、
あまり丈夫ではない愛子さまが天皇とは・・・大変ですね。
あ~~私だったらパスするわ。こんなに期待されてお気の毒な愛子さま。
【お願い】
*HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*私に対するしつこいコメントは載せないことにしました。
*匿名でのアホ、バカなどのコメントも載せません。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。