退位・即位に加えて小室親子まで参戦しての皇室、話題提供も多く
今週も週刊新潮は張り切って特集を組んでいます。
「御代替わり」20の謎、たった20と見るか、20もあるのか?と見るか?

1「早く天皇をやりたい」という「秋篠宮の乱」
2 宮内庁の助言を拒んだ「佳子さま」炎上
3「小室圭さん」奨学金1300万円の行方
4「眞子さま」海の王子と「西海岸密会」
5 どうなる「新天皇」の「登山」「お酒」
6「雅子新皇后」に重圧「習近平」「プーチン」
7「美智子皇后」が御退位後に行きたい場所
8 御所のお引越しが進まない「サーヤ」の私物
9「上皇」の仮住まいを見下ろす「住友マンション」
10 相続税は免除「三種の神器」の贈与税問題
11「大嘗祭」宮中祭祀の秘儀とは?
12「恩赦」にざわつき始めた塀の中の面々
13 兜町が狙う「令和銘柄」
14 改元に便乗の「商標登録」一覧
15「令和の芸能シーン」をリードする女優
16「令和元年」パーフェクトを狙うあの投手
17 サッカー日本代表「令和の10番」
18 指名殺到という風俗店の「れいわちゃん」
19「南海トラフ」で「令和元年大震災」が起こる!?
20 急務という「悠仁さま」帝王学を授ける家庭教師

ピックアップして 1「早く天皇をやりたい」という「秋篠宮の乱」

秋篠宮の乱とつくから何事かと思えば、
「大化改新の中心人物であった天智天皇が亡くなったあと,
天皇の弟の大海人皇子と天智天皇の子の大友皇子との間で
皇位継承問題がおこります。これが「壬申の乱」(672年)です」
出典http://www.asuka-tobira.com/jinshin/kantan.htm

週刊新潮は兄弟喧嘩をさせたいのか、あったら面白いなぁ~と思ってるのか。
人の寿命などわからず、兄が重い病に倒れ70代前半で崩御するかもしれないし、
反対に弟の方が不整脈の持病があるので先に薨御(こうぎょ)されるかもしれない。
先の事もわからないのに、これもひとつの秋篠宮殿下を貶める記事ではないか。
それも、これから退位・即位で、まだ皇太子は即位もしていない、
またこの時期にこういう記事を出すとは・・・

一体、週刊誌に出てくる宮内庁関係者って何人いるのでしょうか。

一昨年6月の生前退位に関する特例法成立後、
「兄が80才のとき、私は70代半ば。それからはできないです」との記事を
朝日新聞4月21日朝刊の一面<退位「一代限り」への問い>との見出しで
書かれ、タブー視されてきた「即位辞退」の可否もが議論の爼上にのぼりだした。

「秋篠宮殿下は最近でも『(ご自身が天皇を)継ぐことになるからには、
できるだけ早くやりたい』と漏らされています。そして、『自分は短くてもいい。
そのあとは早く悠仁に継がせたい』という趣旨のお話もなさっている。
すなわち、今回の生前退位を一代限りとするのではなく、先々にわたり恒久化
したいとのご意向をお持ちだというのです」(宮内庁関係者)

「殿下の仰りようは、まるで新天皇となられる兄宮に対し、皇位を
譲ってほしいと急かしておられるかのようで、お立場に鑑みれば適切ではありません。
とはいえ、かりに新天皇が30年お務めになれば、秋篠宮殿下も80代、
殿下は、兄宮とご自身がそれぞれ10年ほど務められた後、悠仁さまに
引き継がれるようなイメージを持たれているのではないでしょうか。」
(宮内庁関係者)
2006年に悠仁さまが誕生される前後、先々の皇位継承が兄弟間で
なされるという事態を、月刊誌などは
「現代版『壬申の乱』と称した。令和の和が長らく続くことを願うばかりだ。

一度に書けないので続きは明日にでも・・・



そして明日発売の週刊文春

新天皇を悩ませる
秋篠宮さま「即位拒否」
雅子さまのご体調

▼新天皇に早期退位勧告? 朝日「秋篠宮さま発言」の衝撃
▼お代替わり直後秋篠宮さまタイご訪問希望の混乱
▼6月初行幸啓予定表から雅子さまが消えた
▼一般参賀美智子さま5月2日推薦も雅子さまは…

結婚なら2021年秋、破談なら来年2月…
眞子さま・小室圭さん「未来年表」が見えた

週刊文春も朝日新聞の記事を受けて
新天皇を悩ませる秋篠宮さま「即位拒否」の記事だと思う。
明日発売なのでまだ読めません。
そこで、以下にデジタル朝日から秋篠宮殿下の
秋篠宮さま、高齢で即位は「できない」 タブーの辞退論を載せます。
麗沢大学の八木秀次教授は生前退位そのものに当初から反対していました。
私も反対だとブログに書いてきたし、コメントしてくださる皆様がたも
反対が多かった、保守だ、リベラルだ、関係ないと思ってます。
一昨年も書いたはずですが、皇室典範に生前退位はなく、その代わりに
「摂政」がありました。憲法違反までおかして何故退位するのか、
なぜ摂政ではダメなのか、その理由は明らかになっていません。
天皇陛下が言われたとする「摂政では駄目なんだ」これが週刊誌で
報じられたお言葉でした。
国民の80%が生前退位に賛成し、安倍総理は苦慮を重ね(たと思う)特例法で
生前退位が実現されることになりました。
もう、こうなると諦めるしかないのでした。

天皇陛下が「身体の衰え」を訴え、退位の意向をにじませた2016年8月の
ビデオメッセージから2年8カ月余。
陛下のお気持ちは高齢化社会に直面している日本国民の共感を集め、あと10日で、
約200年ぶりとなる天皇退位が実現する運びとなった。
ただ、今回の退位は法的には一代限り。「その次」はどうなるのか。
兄が80歳のとき、私は70代半ば。それからはできないです」
一昨年6月、天皇陛下の退位を実現する特例法が成立した後、秋篠宮さまが皇位継承
についてこう語るのを関係者は聞いた。

当事者として、高齢で即位する難しさを指摘した形だ。
代替わり後、秋篠宮さまは皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となる。
「天皇になることを強く意識している」という皇室研究者の見方が報じられると、
「そんなこと思ったことがない」と打ち消す発言もあったという。
近代以降、天皇は終身在位制となり、逝去すれば疑問の余地なく、皇室典範で定められた
次の皇位継承者にバトンが回ってきた。だが今回、高齢を理由とした退位が認められたことで、
タブー視されてきた「即位辞退」の可否もが議論の俎上(そじょう)にのぼり出した。

2月27日、衆議院予算委員会第1分科会。国民民主党の津村啓介氏は
「皇嗣の地位にある方が、世代が近い、高齢などを理由に皇位の継承を望まない
意思を公に表明した場合、皇室典範の中でどう解されるのか」と疑問をぶつけた。

皇室典範は、皇位継承者の意思による即位辞退を想定していない。
宮内庁の西村泰彦次長は「仮定を前提にした質問」として回答を控えたが、
津村氏は、皇太子さまと秋篠宮さまが同世代であることを踏まえ、
「決して非現実的な想定だと思っていない。国の根幹に関わる部分について、
さまざまな内部検討をお願いしておきたい」と訴えた。

しかし、保守派からは異論もある。麗沢大学の八木秀次教授(憲法学)は
「退位の実現は皇室を危機にさらすパンドラの箱。
将来的な即位辞退をも認めることにつながれば皇統を揺るがしかねない」と危惧する。
かねて①短期間での退位や即位拒否を容認する余地を生み皇位継承を不安定化させる
②退位が政治的に利用されかねない――と退位そのものに反対してきた。朝日新聞




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。