1月22日小室Kが「解決済み」と「言い訳」文書を公表してから
2、3日でテレビ報道は収まると思ったら、意外に引っ張って
3週間近く報道していました。
全部の放送局、番組を見る事が出来ませんでしたが、
テレ朝の2月4日の「羽鳥慎一モーニングショー」は
相変わらず皇室の事情を知らない、テレ朝社員の玉川徹が
頓珍漢なことを言いまくっていました。
国民の規範となるような結婚じゃないと結婚できないのか、
宮内庁は2人の仲を引き裂こうとするのか、物凄く不自由だ。等々。

玉川は眞子さまの立場、石原良純は父親の立場、でコメントしていたけど
石原良純も何とも歯切れが悪く、しどろもどろ。
この場に南 美希子さんか、竹田恒泰さんが居たらなぁ~と思いました。

それとテレビ報道で圭与さんのアイコン、映像が婚約内定記者会見の
時のものだけなのが不満です。
ほぼどの放送局も婚約内定記者会見の時の圭与さん。


著作権の問題もあるとは思うけど、FRIDAYの写真、他週刊誌の画像を出したら
とてもじゃないが、あの母親が眞子さまの姑、義母になるのは無理~~!と、
テレビを観ている人ももっと多くなるのは確実です。

直撃LIVE グッディ 2019年2月5日

こちらもいずれ削除されるかな?

眞子さまとの結婚は変わらず、佳代さんと元婚約者の金銭トラブルは
解決するよう努力している。あ~あ・・・




簡単ですが週刊誌の眞子さまと小室K。

なんというか、本当に全然引かない眞子さまと結婚に前向きで
辞退しそうもない小室Kには呆れてしまい、ブログに書くのも
気乗りしなくなってきました。また、度々、美智子さまの・・・と
書かれますが、それも同じように「これっ」と言った動きが見えなくて。
今回、秋篠宮殿下の公務が眞子さまに移動したことが、美智子さまの
主導でなされた、と書かれてもピンときません。

週刊新潮 2月14日号

*宮内庁、皇室はこぞって破談を前提に物事を進めている。

*その急先鋒が皇后さま。

*皇后はかねて、ご公務に真摯に取り組まれる眞子さまの姿を見て
「さすがは内親王ね」と感嘆されていた。

*眞子には公務を続けて欲しい。 成年皇族としての人生を形成し、新しい
天皇皇后をお支えすることに繋がる。次の代は皇嗣家という非常に重要な家が
ができるわけですから、是非その状況でつとめを果たして欲しい、と
しきりに仰り、その流れに沿って公務の引継ぎは決まっていった。

*当の眞子さまは依然、小室さんへの思いを断ち切れない。

*気持ちは完全に小室さん側に傾いたまま。

女性自身 2月19日号

*皇太子さまは深刻な表情で一言「困りましたね・・・」とつぶやかれた。

*眞子さまには以前から「女性宮家の当主に」と期待する声が根強くあった。
皇太子さまもそうした可能性も想定していらしたはず。

*最も危惧されるのは、眞子さまが皇室との関わりを断たれてしまうこと。
海外へ移住され「日本も皇室も捨てる」などという選択されないか、
皇太子も心配している。

*皇太子は眞子さまとの親子仲を修復し、結婚への「最終結論」に向けて
話し合うように秋篠宮さまを説得されるのではないか。

アトヨロ皇太子が秋篠宮殿下と眞子さまの仲を修復 ( ゚Д゚)
「困りましたね」これで終わり、何の役にも立たない気がする。

雅子さま1ヵ月お出まし無し

それよりなにより、雅子さまのお出ましが無くなって1ヵ月経ちます。
全く姿を見せなくなって1ヵ月。さすがに2月23日の皇太子の誕生日映像には
親子3人か夫婦2人で出てくるとは思うのですが、1ヵ月も出ない、出られない
状況に陥っているのでしょうか。
37度台の風邪ならとっくに治っているでしょうし、やっぱりあれかな。
躁鬱病の鬱状態になっているのかしら?
去年、園遊会にフル出場(フルマラソンみたいだな)辺りから、少しづつ
落ちていったのだろうか? 公務予定も増えたし皇后になるのはかなりの
重圧、ストレスになっているのかも。
まさかねぇ~~退位、即位まで2ヵ月半で「皇后になるのを止めます」とは、
ならないだろうけど、とにかく皇后になるのが近いのに大丈夫なのですか?




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。