雅子さまは風邪の症状で昨日のうちに欠席を発表。
今日になったら治っているかもね(苦笑)

私は和歌、歌のことはわからないので、歌については何も書けません(^^;)
今年の歌会始の儀では、女性皇族方のドレスが華やかで
色被りもなく、まるで色鉛筆のようだと思いました。
中でも帽子の着用の代わりにドレスと同系色の髪飾りをつけた
承子さまがとても綺麗に見えたのです。
紀子さま、眞子さまも明るい色のドレスで華やかで良かった。
お二人は座っている姿もキリリッとして見事なものです。
瑤子さまは体調が悪いのでしょうかね、講書始の儀には出席していたのに
歌会始の儀は欠席でした。

秋篠宮殿下がやつれたように見えました。
年齢的なものと、一連の小室騒動で心労が絶えないのでしょう。
皇太子は毎回何を考えているのか同じですね。
招待客の中に林真理子大先生に似た方が見えましたが、別人だったかな。

以下から動画の下までデジカメで撮影した画像で画質が悪いと思いますがご了承ください。

 




天皇皇后両陛下と皇族方の歌とドレス画像など

新年恒例の「歌会始の儀」が16日、皇居・宮殿で催された。今年の題は「光」。
天皇、皇后両陛下や皇族方、天皇陛下に招かれて歌を詠む召人(めしうど)、
入選者10人らの歌が披露された。宮内庁によると、両陛下の出席は今回が最後。
皇太子妃雅子さまは風邪の症状が続いているため欠席した。

陛下は皇居・御所の庭のヒマワリが成長していく様子を詠んだ。
2005年に両陛下が阪神・淡路大震災10周年追悼式典で兵庫県を訪れた際、
懇談した遺族代表の少女から、震災で犠牲になった当時小学6年生の加藤はるかさん
の自宅跡地に咲いたヒマワリの種を贈られ、御所の庭にまいて毎年育てているという。

皇后さまは、夕方に御所のバラ園の花が寂光に照らされ、一輪一輪浮かび上がる
ように美しく咲いている様子を詠んだ。
高齢となり時に心が弱くなる中、深い平安に包まれ、残された日々を大切に
生きていこうと思った「静かな喜びのひととき」を詠んだという。

皇太子さまは高校1年生の頃に登った金峰山(山梨、長野両県)の山頂付近で、
差してきた光に導かれるように歩みを進めた時の印象を詠んだ。

雅子さまは、皇太子ご一家のお住まいである東京・元赤坂の東宮御所の庭にある
白樺(しらかば)を歌にした。かつて昭和時代をこの地で過ごした両陛下が慈しみ、
大切に育ててきた皇后さまのお印でもある白樺の木立。その白樺の木々が朝の光を受けて
白く輝く様子を見ながら、二十数年間過ごしてこられたことへの感謝を詠んだという。

秋篠宮さまはかつてご家族で浅間山のそばの石尊山(せきそんさん)に登った際、陛下が
山腹の洞穴の中を指さして教えてくれた光苔(ひかりごけ)に大層驚いたことを詠んだ。

天皇、皇后両陛下や皇族方、召人、選者、入選者の歌は次の通り。

天皇陛下

 

贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に

皇后さま

今しばし生きなむと思ふ寂光に園(その)の薔薇(さうび)のみな美しく

皇太子さま

雲間よりさしたる光に導かれわれ登りゆく金峰(きんぷ)の峰に

皇太子妃雅子さま

大君と母宮の愛でし御園生(みそのふ)の白樺冴ゆる朝の光に

秋篠宮さま

山腹の洞穴(どうけつ)深く父宮が指したる先に光苔見つ

秋篠宮妃紀子さま

日の入(い)らむ水平線の輝きを緑閃光(グリーンフラツシユ)と知る父島の浜に

秋篠宮家長女眞子さま

日系の百十年の歴史へて笑顔光らせ若人(わかうど)語る

秋篠宮家次女佳子さま

訪れし冬のリーズの雲光り思ひ出さるるふるさとの空

常陸宮妃華子さま

つかの間に光る稲妻さ庭辺の樹木の緑を照らしいだし来(く)

三笠宮家寛仁親王妃信子さま

被災者の苦労話を聴きにける七歳(ななさい)が光れる一語を放つ

三笠宮家彬子さま

らふそくの光が頼りと友の言ふ北の大地を思ひ夜更けぬ

高円宮妃久子さま

窓べより光のバトンの射し込みて受くるわれらのひと日始まる

高円宮家長女承子さま

朝光(あさかげ)にかがやく御苑(みその)の雪景色一人と一匹足跡つづく




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。