新年を迎えられる天皇ご一家 映像と写真

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
早速ですが、恒例の新年を迎える天皇ご一家の写真と映像が配信されました。

撮影されたのは去年、2018年12月3日と約1ヵ月も前でした。
2018年の新年との違いは、佳子さまがいらっしゃること、
悠仁さまがジワジワと大きくなって、障子の桟5本目を追い抜き
今年中に6本目を追い越すでしょう。
毎度同じ部屋で味気ないのですが、お子様がたの成長が一目瞭然で
わかるのが面白いです。
映像では愛子さまも喋っていますし、和気藹々とした映像に見えます。
新年早々から嫌な顔を国民に見せるわけにはいきませんから
当然といえば当然なのですが。
2019年になったばかりなのに、2020年はどのような
新年写真と映像になるのか?興味津々です。
真ん中に新天皇皇后と愛子さま?
上皇と上皇后は写真に載るのか?
皇嗣ご一家も一緒でしょうね、悠仁さまが障子の桟を6本目を抜いて
7本目に到達しているところを見たいです。

今日はちょっと忙しいのですが、1月1日、新年祝賀の儀があります。
果たして雅子さまは正装に車内お手振りで終わりか?
新年祝賀の儀にもお出ましするのか? 追加で書ける時に更新いたします。

以下からの画像は動画をキャプチャーしたものです。動画は画像の下にあります。

新年を迎えられる天皇ご一家
皇居・御所の応接室で2018年12月3日、宮内庁提供

天皇ご一家は1日、代替わりを前に、平成最後となる新年を穏やかに迎えられた。
宮内庁が公表した写真と映像では、ご一家が皇居・御所の応接室に集まり、
日本地図を前に平成30年中に訪れた地域の思い出を、それぞれが語り合われる
様子が収められている。
今年は4月10日に天皇陛下と皇后さまがご成婚60年を迎えられた後、同月30日
に陛下が譲位し、翌5月1日に皇太子さまが新天皇に即位される。
陛下は毎年担ってきた恒例の地方公務を全て終えており、譲位までに地方を訪れて
国民と触れ合う機会は、3月26日の奈良県橿原市の神武天皇陵、4月18日の
三重県伊勢市の伊勢神宮を訪問される際などに限られる。産経新聞


4月1日に新元号公表 安倍首相、年頭会見で発表

最近、ネットで入力するとき元号を使わないので、私は元号離れに
なっているようです。明治、大正、昭和、平成、〇〇 と元号を使うのも
年々不便になってはきています。どんな元号になるのでしょうか。
頭が悪いので慣れるまで大変です(>_<)

安倍晋三首相は、天皇陛下の譲位と皇太子さまの新天皇即位に伴う新元号について、
4月1日に閣議決定し、同日中に公表する方針を固めた。
1月4日に伊勢神宮(三重県伊勢市)参拝後の年頭記者会見で正式発表する。
首相は当初、4月11日の新元号公表を検討していたが、5月1日の改元に伴う
コンピューターソフトのシステム改修が間に合わないため断念した。

複数の政府関係者が明らかにした。
今回の改元は明治以降初めて譲位に伴い行われるため、首相は皇室の伝統を尊重
しつつ国民への影響を最小限にすることを重視するよう指示。
杉田和博官房副長官らと断続的に協議を続け、昨年12月末に最終決断した。
産経新聞





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。