昨日12月23日天皇誕生日の祝日も今年で終わり、退位→即位後は2月23日が
新天皇陛下誕生日で祝日になります。
我が家では珍しく旦那、娘夫婦が23日、24日の振り替え休日の連休になり
天皇陛下誕生日の祝日を家族で夜までクリスマス前々夜プチパーティーをしました。
12月23日の祝日はクリスマスイブ前日で微妙に良い日で、来年から12月23日が
祝日でなくなることに大人はガッカリしていました。大体普通の庶民はこんなものでしょ(^^;)
そういうことで、私は今日一般参賀の録画した映像を見ました。
今まで「平成最後」が続きましたが、これからは大きな行事、儀式の
「平成最後」が続き、天皇陛下も年を取ったが私も年を取ったなぁ~と
若干感傷的な気持ちになりました。

*平成最後の一般参賀、最多8万2850人

ニュースで見たらさすが凄い人出でした。今年は特別に大型スクリーンを設置し
後ろの人にもよく見えるように配慮していました。
天皇皇后両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さまが並びましたが、
女性皇族方のドレスが寒色系なので地味に見えたのが残念でした。
雅子さまは、またメーテルドレスと言われる紺色のドレスでしたが、次は皇后に
なるんだから別にドレスを作るか、別の色、ワインレッドのドレスにすれば良かったのに。
全体的に地味でした。 天皇陛下、退位を望み退位するのですから派手で良いと思いました。

 

天皇陛下の85歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。
在位中最後となる天皇誕生日で、参賀者は平成最多だった昨年を約3万人上回る8万2850人に上った。今の皇居・宮殿で行われるようになった1969年以降でも最多の人出となった。
小雨がぱらつく中、陛下は午前中に3回、皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまとともに宮殿・長和殿ちょうわでんのベランダに立ち、お言葉を述べられた。
陛下は、今年も各地で自然災害が相次いだことに触れ、「家族や親しい人を失い、いまも不自由な生活を送っている人々のことを深く案じています」と気遣われた。最後に「来る年が皆さんにとり、明るい良い年となるよう願っています」と笑顔で手を振られた。
午後には、宮殿で三権の長や閣僚らを招いた祝賀行事も開かれた。
皇居前には朝から長い列ができ、午前中に皇居に入れず、記帳だけをして
帰る人もいた。読売新聞


*天皇陛下の誕生日を祝う「宴会の儀」と「茶会の儀」

雅子さま「宴会の儀」と黒田清子さんも出席された御家族での夕食会には出ていましたが
昔「ウォーリーを探せ」という本が流行りましたが、動画を見ながら雅子さまを探しましたが、
「茶会の儀」はいくら探しても雅子さまの姿を見つけられませんでした。
秋篠宮ご夫妻、眞子さま、佳子さま、三笠宮家も信子さま、彬子さま、瑤子さま、
高円宮家から久子さま、承子さま、「今上天皇最後の誕生日のお茶会」全員出席しているのに、
次期皇后の雅子さまが出席されないとは、ひじょーーーーに残念で、先が思いやられました。

茶会の儀

夕食会

動画をキャプチャーしたので良い画像ではありません。

動画は以下のNEWS24のサイトをクリックしてください。
http://www.news24.jp/articles/2018/12/24/07412582.html

皇居で行われた誕生日の一般参賀には、去年より約3万人多い8万2850人が
皇居を訪問され、平成最多を更新した。
また秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまも1回目の一般参賀にお忍びで訪れたという。
午後には宮殿で天皇皇后両陛下が安倍首相ら約500人と昼食を共にする
「宴会の儀」が行われたほか、外国大使らを招いた「茶会の儀」が行われ
陛下や皇族方は親しく懇談されていた。

夕方には孫の愛子さまと悠仁さまがお祝いのためお住まいの御所を訪ねられた。
愛子さまと悠仁さまの祝賀を受けたのち、両陛下はご一家でお祝い御膳を囲むなと、
皇居では平成最後の誕生日を祝う行事が続いた。
画像出典 時事通信・産経新聞・朝日新聞・日経・など各新聞社、NEWS24より




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。