11月30日以降のコメントで自動的にスパムコメントに振り分けられたコメントが
4件ありました、スパム解除しコメント表示しました。
プラグインの不都合かもしれません、申し訳ございませんでした。m(_ _”m)
今年も王室好きには目の保養になるスウェーデンで
ノーベル賞授賞式と晩餐会が行われました。
西洋の薔薇と言われ、今でもその美貌は欧州王室でダントツな
マデレーン王女と夫のクリス・オニール氏が出席していないのは
かなり残念でした。夫妻はマイアミに滞在、12月18日帰国するそうです。
(海外サイトからの情報)

日本からの受賞者、本庶佑・京都大特別教授は和装で授賞式に臨みました。
テレビのインタビューでは日本人に燕尾服は似合わないからと仰っていましたが、
本庶氏は身長も高く充分に似合うと思いましたが、和装もよく似合い堂々として
良かったです。夫人の着物も豪華でした。
エスコートと晩餐会は国王の姉、クリスティーナ王女が隣に座っていました。




注目のシルビア王妃、ヴィクトリア皇太子、ソフィア妃のドレスですが、
なんと!ビクトリア皇太子が着用したドレスはシルビア王妃が1995年の
ノーベル賞に着用したドレスでした。画像を見比べてください。
全く違和感なく着られています。 母から娘へ・・・良いですね。

今年のシルビア王妃のドレスは深い緑色、ドレスに合わせたネックレスと
サッシュ留めがグリーンの宝石。エメラルドでしょうか、ゴージャスです。
ティアラも大きくて立派!眼福です。

マデレーン王女に変わり、ソフィア妃が真っ赤なドレスで華やかです。
婚約当初はどうなるかと心配したのですが、国王夫妻もかなり心配したでしょう、
当時の写真はあまり浮かない表情でしたが、すっかり王室の一員になっています。

カメラマンからはバシャバシャ撮られてますが、カメラが負担などと言いません。
欧州王室はサービス精神旺盛で、国民の「見たい」欲求に応えてくれます。






【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。