秋篠宮殿下誕生日会見後の週刊誌は小室圭最後通告が多い

秋篠宮さまのお誕生日会見、紀子さまが言外に滲ませた娘への想い

週刊女性PRIMEより
http://www.jprime.jp/articles/-/13958

《今でもその二人が結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応を
するべきだと思います》
11月30日に53歳のバースデーをお迎えになるにあたり、記者会見で眞子さまの結婚延期に
関して、こう述べられた秋篠宮さま。

《やはり多くの人がそのことを納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、
私たちは、いわゆる婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません》

続けて、こう発言された殿下の胸の内は“父親”として、複雑な思いを抱えられていることがうかがえる。

「眞子さまの結婚延期に関して、秋篠宮さまが公の場で発言される初めての機会でした。
そんな貴重な場で、今夏にあった“現状では、一般の結納にあたる『納采の儀』を行えない”という新聞報道を裏づけされたのです。

お誕生日の会見で、ここまで踏み込んだ発言をされたことから、小室圭さんへの“最後通告
なのでは?”と、記者の間で衝撃が走っています」(皇室担当記者)

昨年12月に『週刊女性』がスクープした、小室さんの母親が元婚約者との間に抱える400万円超の借金トラブル。
“それ相応の対応”とは、「贈与なので問題ない」と主張する小室さんに、経緯に関して国民
にきちんと説明してほしいというもの。しかし、一向に動きを見せない小室さんサイドに対して、もどかしい気持ちをお持ちなのだろう。

さらにもうひとつ、この会見に出席した記者たちも驚いた“ご意見”が飛び出した。

「来年5月に即位する新天皇が五穀豊穣を祈る皇室行事『大嘗祭』にかかる費用を、
公費で賄うことは適当ではないとおっしゃられたのです。

平成の大嘗祭では、総額約22億5千万円がかかりましたが、秋篠宮さまは“内廷費で挙行
できる範囲の儀式にするべき”という主旨のご発言をされました。
つまりは公費ではなく、ご自分の収入から支出するべきというお考えなのです」
(同・皇室担当記者)

来年11月に行われる見通しの同行事だが、殿下はこうも苦言を呈された。

《そういう形で行うのが本来の姿ではないかなと思いますし、そのことは宮内庁長官など
にはかなり私も言っているんですね。ただ、残念ながらそこを考えること、言ってみれば
話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています》

“異例”のご発言から間もなく、山本信一郎宮内庁長官は記者会見で、「政府の方針に従って準備を進める」と話し、平成と同じように公費で費用を賄うことを念押しした
来年のお代替わりに伴い『皇嗣』のお立場になる秋篠宮さまと宮内庁との間に“溝”が生まれてしまっているようだ……。


日本の人口 1億2千680万人(2017年)
平成30年度 宮内庁、皇室の予算 約213億2500万円
(間違っていたら訂正するので教えてください)

人口に比率すると少ない金額に思えるのですが、
日本人の人口は既に減少している。
超高齢者も続々亡くなっていき、週刊誌では「多死社会」
「超高齢少子多死時代」と表現されるようになってきました。

外国労働者を受け入れても、所詮外国人。
皇室に対して尊厳の気持ちなど無く、ひたすら働いて
母国に送金、お金、自分たちの生活で目一杯の状態でしょ。

これからの時代は税収入減りこそすれ、増えることは難しく、
人口減少と税収入不足、皇室の予算だけ同じでセレブ生活を維持していくのは
じわじわと税金の無駄と言われかねない。
曳いては「皇室などあってもなくても同じじゃん」になる可能性も出てくる。

デンマークは人口577万人。
以前も書きましたが、
2016年から「法定推定相続人であるフレデリック皇太子の長男、
クリスチャン王子以外の王室の子どもは成人(デンマークでは18歳)した年から、
王室から給料が出ない」という決まりが制定された。

日本がデンマークほど人口が少なくなるとは思えませんが、
極端な例としてデンマーク王室をあげてみました。

577万人の人口しかいないのでは、日本のように約213億もの
予算をつけることは無理で、18才から自立しなさい。
しかし、王族として王室行事には出なさい、というかなり厳し状態になります。

長々と何を言いたいかと言えば、
秋篠宮殿下が誕生日会見で言われた大嘗祭の予算のことで、
今回は決まってしまったことで仕方ないとしても、
大嘗祭の宗教的性格を指摘したうえで
「やはり(天皇家の私的生活費の)内廷会計で行うべきだ」(秋篠宮殿下)
これには一理あると思っています。
いや、今までと同じように続けるべきだ、
賛否両用あるので、これは私の気持ちです。

秋篠宮殿下がこういう発言をしたことは「諸刃の剣」でもある。

特に現状では眞子さまの結婚に対してまだ白紙になっていない為、
小室圭のマンションの警備費、1年半もSPを付けた経費など
批判の的になってしまう。
天皇皇后両陛下の仮住まいの改修工事、東宮御所へ引っ越しも
無駄な経費で、なぜそのことについて秋篠宮殿下は言わないのか。

追加で書き忘れ、
皇位継承順位1位の「皇嗣」となる秋篠宮さまは代替わり後、皇太子さまの一部公務を
新たに引き継がれる。公務増に対応するため、宮邸の増改築工事が必要となる。
3年間で計約33億円かかる工事費のうち、19年度は2億3100万円を要求した。(日経新聞)
来年は2億3100万円ですが、3年間で33億円の増改築費用も批判される。

皇太子一家の館内貸し切り、静養三昧もある。
ま、秋篠宮殿下が投げた石が波紋を呼んで皇族方も贅沢三昧から
身の丈に合った生活になれば良いのですが。
特に上皇、上皇后、金は天から降ってくると思っているように見えます。

それとこれも前々から書いています。
皇族減少で女性宮家創設だの旧皇族を復帰だのと検討するより、
皇族は少なくても良い、公務を少なくして悠仁さまの代になってから
考えたら良いと思います。
貞明皇后のように男子4人授かる可能性もありますから。
悠仁さまの時代なら男子3人に恵まれれば上等でしょう。


紀子さま、“小室家”への不信感

一方の紀子さまは、眞子さまの結婚騒動に関する質問に対して、「小室さん」の名前に1度も触れずに、眞子さまへの思いをゆっくりと、次のように述べられた。

《昨年の夏から、さまざまなことがありました。(中略)昨年の暮れから、だんだん寒くなっていく中で、長女の体調が優れないことが多くなりました。そうした状況が長く続き、長女は大丈夫だろうか、どのような思いで過ごしているだろうかと、私は、大変心配でした》

昨年の夏といえば、眞子さまと小室さんの婚約会見が7月上旬に予定されていたものの、九州北部を襲った記録的豪雨の被害を受けて延期に。

同時期には、圭さんの祖母・八十子さん(すでに他界)が新興宗教団体『A』に入信していたこと、かつて佳代さんが30代くらいの霊媒師のような女性に頼り切っていたことが報じられ、その後、小室さんがかつて2年ほど勤めていた『三菱東京UFJ銀行』(当時)での“秘話”に関しても、昨秋に『週刊女性』が初出ししている。

「部内でクライアントとの重要書類が紛失したことがあったのですが、その会社の担当者が小室さんでした。彼はその書類を女性行員に“渡しました”と主張し慌てる様子もない。新人にもかかわらず、女性のほうは大泣きしているのに彼は取り乱しておらず、図太い人だと思いましたね」(小室さんの元同僚)

そんな“違和感”を覚える小室さんの対応を報じたのだ。こうした数々の報道に紀子さまも、彼に対して不信感を募らされたのかもしれない。

「極めつきは、小室家が抱える金銭トラブルの発覚でした。秋篠宮ご夫妻だけでなく、眞子さまもこの事実を知らなかったそうで、“なぜ教えてくれなかったの”と、圭さんに怒ったそうです。今回の紀子さまも“昨年の暮れから長女の体調が優れなかった”とお話しされていますが、このころの眞子さまは食欲も減退し、自室にこもりがちだったのです」(秋篠宮家関係者)

眞子さまの結婚関連の質問に答える際、紀子さまは複雑な表情を浮かべていたというのは、ある宮内庁関係者。

「眞子さまの最近のご様子についてお話しされていた際、紀子さまの目には涙が潤んでいたのです。涙が落ちないようにこらえていて、“母親”として眞子さまのことを心配されているのだと感じました。

“家族として非常に難しい状況の中にある”ともおことばに含め、秋篠宮家の中でも結婚問題の重大さを認識していることを示唆されました」

娘のことを思われるあまり、感情が昂ってしまった紀子さま。しかし、そんなお母さまの思いとは裏腹に、眞子さまは現在も小室さんとの結婚を信じて疑わない様子だという。

「秋篠宮さまは“小室さんとは2、3か月に1度くらい連絡をとっている”とおっしゃっておられましたが、眞子さまは頻繁に連絡をとられています。おふたりは今でも、再来年以降に結婚できるというお考えだと思います。

小室さんは、少なくとも年内には留学中のアメリカから帰国する予定だそうです。眞子さまは再会できることを心待ちにしていることでしょう」(前出・秋篠宮家関係者)

一部では秋篠宮さまの真意は「小室さんから結婚を辞退されるべき」とも報じられている。記者会見で秋篠宮ご夫妻が発された“メッセージ”を小室さんはどう受け止めたのだろうか。

決意のパープル・コーデ  

最後に女性誌、得意中の得意フレーズ「決意」が出たのでアップ。
誰がどんな決意?愛子さまと眞子さまが来年は天皇家、皇嗣家の長女として
愛犬由梨さまのスカーフと愛子さまのカーディガンが薄紫色。
くしくも眞子さまのジャケットがパープル色、
内親王として、将来の天皇の姉としての決心は・・・・ただそけだけのこと。
悠仁さま、身長がかなり伸びました。多分、150㎝くらいあるのでは?
頭も大人並みに大きくなり(当然小室Kより小さい)これから成長期ですね!





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。