秋篠宮殿下の誕生日会見は明日だというのに、週刊誌ではもう
あれこれ書いています。
今週、今日発売では週刊文春と女性セブンが書いています。
女性セブンは全文ネットにアップされたので全文転載しました。
週刊文春は文春オンラインにまだ載っていないので、物凄く簡単に
結局こういうことが書かれていると、掻い摘んで書き出します。
最初に女性セブン、その下に週刊文春です。

肩凝りが酷いなど体調がいまいちなので休みながら本など読んで
過ごしたいと思いますので、コメ返し省略させてください。
コメント承認は気づいた時にやります、またコメ返ししたいコメントが
あった時にする予定です。記事に感想など加筆するかもしれません。
誤字脱字など見つけたら訂正します。
【追記】コメントで週刊新潮にも会見前の記事が載っているとのことで
改めてdマガジンで週刊新潮を見ても載っていない。
デイリー新潮には
不快感を隠されなかった「秋篠宮」会見の高すぎる「納采ハードル」
11月30日のお誕生日を前に秋篠宮殿下が会見に臨まれたのは22日のことだった。
そこで殿下から発せられた言葉に場は静まり返ったという。
ほかでもない、初めて「海の王子」に対するご不満を赤裸々に吐露されたからだ。
ここまで・・・・
いよいよ週刊新潮も週刊文春の真似をしたようで「定価で買って読め」になりました(^^;)
今日は出かけたくないのでネットで買って読めたら追々アップします。
読みたくなるタイトルですよねぇ・・・(>_<)

秋篠宮さま、眞子さまの「結婚断行」に「白旗宣言」か 


NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20181129_813385.html?PAGE=1#container

「オー、シー」。宮中祭祀をつかさどる掌典の一声が静寂に響き、場が戒められると、
楽師による神楽歌の演奏が始まる。ゆっくりと歩みを進めるのは、入浴による斎戒を
済ませ、純白の祭服に身を包まれた天皇陛下だ。
11月23日夕刻、平成最後の「新嘗祭」(にいなめさい)が始まった。足元を小さな
炎で照らされながら、陛下は神嘉殿に到着された。白い帳の中で、神々と対座された
陛下は、古来の作法に則り、神とともに神饌(新穀で作ったご飯)と神酒を召し上がる。
古代から現代に至るまで、皇室の最も重要な祭儀とされる新嘗祭。
その様子を、かがり火が焚かれた前庭に並ぶ天皇家の男性親族や、総理大臣をはじめ
三権の長など、限られた参列者が見守る。
今年はその中に、高円宮家の三女・絢子さんと結婚した守谷慧さんの姿があった。
つい先日、天皇家と親族になった守谷さんに、今年から参列の資格が与えられたのだ。

秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)との結婚が延期されている小室圭さん(27才)も、
もし婚姻が成立すれば、この“神代”(かみよ)から続く祭儀に参列することになる。
「小室さんは今上天皇の孫である眞子さまの夫として、宮内庁長官や守谷さんよりも上席で、
国家の重要行事に参列することになります。
国民の感情は果たして、それを受け入れられるでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

眞子さまの結婚問題は、今もなおくすぶり続け、解決の目処がたっていない。
そうした状況で、秋篠宮さまは11月30日、53才の誕生日を迎えられ、紀子さまとともに
会見に臨まれる。会見に際し、宮内記者会からは5つの質問が提出された。
そのうちの1つが、眞子さまの結婚問題に関するものだった。

「秋篠宮ご夫妻にとっては語りづらい話題です。しかし、記者会としては、『国民の関心
が高いこのテーマに触れないと存在意義にもかかわる』と、質問を決めたそうです。
ご夫妻は、国民がこの問題にどのような印象を抱いているのか、かなり気にされていて、
報道にもつぶさに目を通されているようです。
国民の関心の高さから考えて、会見の場で、“その質問に答えないことはありえない”と
判断されたのでしょう」(皇室記者)
そうして誕生日会見は、秋篠宮ご夫妻の口から直接、国民に向けて「長女の結婚問題」が
語られる初めての機会になった。
それまで知られていた秋篠宮さまのスタンスは、8月上旬に報じられたような
「皇族として国民から広く祝福される状態になく、現状では納采(婚約)の儀は執り行えない」
というものだった。
しかし、会見の中で、ご夫妻の口からはもっと踏み込んだ発言があるのではないかと
見る向きがあった。すなわち、眞子さまの胸中や、婚約内定の「取り消し」や「破談」といった
言葉が語られる可能性が指摘されていたのだ。

◆「話し合いができない」は言い訳にならない
「会見では、“秋篠宮ご夫妻には、結婚への強い希望を持たれている眞子さまを諭すことが
できない”という状況が明らかになるでしょう」と語るのは、宮内庁関係者だ。
「秋篠宮さまは“このままでは納采の儀を行えない”という立場で変わりないようです。
つまり、小室さんと母・佳代さんの『金銭トラブル』について秋篠宮家、そして国民が納得する
ような説明がない以上、前には進めない、現状維持ということです。
紀子さまに至っては、『小室さん』という名前にさえ触れられることもないようです。
結婚について忸怩たる思いをお持ちなのはわかるのですが…」
この宮内庁関係者が案じていることは、つまりこういうことだ。
昨年12月に小室家の400万円の金銭トラブルが発覚し、今年2月に結婚行事の2年延期が発表された。
秋篠宮さまは、今年の年初から繰り返し、眞子さまや小室さん、母・佳代さんに、
「しっかりと説明してほしい。そうでなければ、婚約は認められない」と伝えられてきたという。
しかし、もう年も暮れに近づいてきた。トラブル発覚から1年が経つ。それほど時間があったのに、
なぜ話が進展しないのか。なぜ現状維持なのか。
そもそも秋篠宮さま自身に“決着をつけたい”というお気持ちがないのではないか──。
「ご夫妻は、眞子さまと話し合えていないそうなのです。普段、まったく会話がないわけでは
ありません。しかし、話題が結婚に移りそうになると眞子さまは急に口をつぐんでしまい、
話をされようとしないといいます。
とはいえ、秋篠宮家の親子にとってだけでなく、時代の移り変わり目にある皇室にとっても喫緊
の課題になっているのに、“親子で話ができない”が、問題の先延ばしの言い訳になるでしょうか。
本気で話し合おうと思えば、できないことだとは思えません。
どうも秋篠宮さまの胸の中には、積極的に眞子さまを翻意させようという気はないようです。
“心変わりしないなら、そのうちに金銭トラブルについて周囲が納得する説明をして、
結婚すればいい”という諦観さえ抱いているように見えます」(前出・宮内庁関係者)
進展なしを露呈するであろう誕生日会見は、“眞子さまの結婚断行のお気持ちは、
もう止められない”という「白旗宣言」にも聞こえるのだ。
※女性セブン2018年12月13日号


小室さんから辞退を 秋篠宮殿下の真意  週刊文春

秋篠宮殿下

*今のままでは納采の儀を行うことはできない、つまり納采の儀を
行うためには、手続き上、当主である秋篠宮殿下の許可が必要で、
秋篠宮殿下が「できない」と断言されたということは、今も眞子さまと
小室さんの結婚を認められていないことを意味する。
(ある宮内庁関係者)
*借金トラブルなど解決すれば、小室さんとの結婚に納得されるかも
知れません(宮内庁関係者)

紀子さま

宮内庁に届く「二人を結婚させるのはおかしい」という抗議の声
知人からも小室家に対する疑問を呈され呈されることが影響し、より強く
反対され続ける可能性がある。

眞子さま

*公務には真摯に取り組まれているが、自室に引き篭もり
両親とコミュニケーションが上手く取れていない状態が続いている。

眞子さまの結婚に向けた意思は依然固いとされる。
秋篠宮ご夫妻は会見での発言内容を眞子さまに事前に確認されていない。

小室圭

*感謝祭の連休も帰国せず、連休中は学校も閉鎖されたが寮に残り、
自らのペースで勉強に励んでいたのだろう。12月から期末試験が始まるため、
小室Kも今頃は試験モードに入っただろう。

小室佳代さん

*愛息が持ち前の「鈍感力4」を発揮してマイペースを貫く一方で、
佳代さんは圭さんの結婚問題が深刻化し、報道も過熱する中で
かなり思い悩んでいるそうだ。
久しぶりにマンションに帰ってきた際も生気なく精神的に相当参っている様子。
ある時は「もう耐えられない」と漏らしていたそうだ。(近隣住民)

最後に秋篠宮家関係者が緊張した面持ちで打ち明ける。

秋篠宮殿下の真意は「小室さんから結婚を辞退されるべき」というもの
契機となった借金トラブルについて、発覚から一年経とうとする今も何ら
対応する様子は見えてこない。秋篠宮殿下が公の場で”納采の儀は行えない”と
発言せざるを得ない状態にあること自体、非常に重いものがある。

このままでは残念ながら破談に向かっていかざるを得ないように見えるが。
「たとえそうだとしても、皇族の眞子さまからそれを言い出すわけにはいきません。
小室さんには、そうしたすべてに思いを巡らせて自らの責任で判断していただきたいと
秋篠宮殿下はかんがえているのです。

年末年始、大学も長期休暇に入るため、小室さんが帰国する可能性がある。
来年の御代替わりを前に、重大な決断が迫られる時だ。〆




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。