今週の小室K話題も買わないと読めません。
週刊文春、小室話題で儲かってウハウハのようで、
今回の小室話題も読みたい衝動に駆られて買いました。
なんたって前号にアップされた、あの卑猥な写真がかなりの
物議と波紋を出していることと、5つの宿題が気になりました。
確か、3つだったはずでは? いつの間にか2つ増えている。
今後も、ダラダラと増やしていったら面白いと思う。
第3ステージでENDがバージョンアップして第5ステージになり、
クリアできなくてGAME OVER。小室K残念でした~(^^)

なんちゅうか・・・すっぱり破談にならないのでイラつくけど、
ここは仕方ない、ロールプレイゲーム(RPG)をしているつもりで
ウォッチングするしかないでしょう。
ちなみに私はシューティングゲームが好きでRPGは苦手ですが。

それで買って読んでくださいの発売中なので詳細に紹介はできないので、
大きく省略した部分もあちこちありますが、掻い摘んで紹介、転載禁止です。

「英国王室であればこの写真が出た時点でアウトです」
英国王室に詳しいジャーナリスト多賀幹子氏。
ネット上では口元の裏ピースは中指を立てるくらい下品。
米国でやれば発情していると勘違いされる。


井の中の蛙のオバハンは知らなかったのですが、
このブログでも海外在住の方々のコメントで初めて知り
舌出し、裏ピースで検索すると出た内容にビックリしました!
いつ見ても気色悪い表情で、イギリス王室だけじゃなく、
国際感覚豊かな皇室でもアウトにすべき写真でしょ。

小室さんのあの写真はオーラルセックスを意味する。
日本人が何も知らずに裏ピースだけでも欧米では失笑。
中高インターに通い留学生も多いICU2年生だった小室さんは
ポーズの意味を分かっていただろう。
「小室さんは意識的にポーズを取っている、
女性の扱いに長けているとアピールしたかったのでしょうか。
欧米ではその人の品性、家庭での躾、交友関係までもが
問われかねない、最もタブー視されているポーズの一つです」
(前出 多賀氏)

ある宮内庁関係者、溜息交じりに
「秋篠宮ご夫妻はほぼすべての週刊誌に目を通されます、
小室さんの写真もご覧になりショックを受けられているでしょう」

「英国王室では最近、メーガン妃が公務先でシースルーのスカートを
穿いただけで批判された。それを注意しなかったエリザベス女王や、
キャサリン妃の責任まで問われ
『メーガン妃の恥は英国王室全体の恥』と言われている。
日本の皇室においても
『なぜこんなポーズをする小室さんを選んでしまったのか』と
眞子さま、秋篠宮さまにまで批判が波及しかねないのです」(前出・多賀氏)

このポーズ写真が出る前、小室Kが眞子さまの婚約者として
出てきた時点から、ネットでは胡散臭い、チャラ男と言われ続け、
今更なのですが、英国王室に対しての国民の目を厳しいです。
日本は日本人はどうしてこうも皇室、皇族に甘いのだろうかと思うほど。
英国王室風に書けば『小室圭さんの恥は皇室全体の恥』になる。

・一般人の品位と皇族の品位とでは違いがある。
・戦後女性皇族の結婚は8例、相手の家柄が問題になっても
本人の品位が問題になったケースはなかったと思う。
(皇室ジャーナリスト・山下晋司氏)

そして秋篠宮殿下の53才の誕生日会見に注目が集まっている。

秋篠宮殿下は皇太子殿下と違って事前に原稿は用意せず、
まるでアドリブのように話される。時折「うーん」と考えるので、
一時間近くに及ぶこともある。事務方トップと宮務主管でさえ
事前に内容は知らされない。(宮内庁関係者)
だからこそ”衝撃発言”が飛び出す可能性がある(宮内庁担当記者)

皇太子は誰かが書いた原稿を読むだけなので、
書いた誰かが分かる時があるんですよね。
ままま雅子、愛子が連発されると・・・(笑)
秋篠宮殿下だって今回の眞子さま関連の質問では
相当に考えて頭に入れておくだろうから、衝撃発言が出る確率は
20%くらいじゃないだろうか、と思っています。
ガックリしない為にも期待しない方がいいです。

いろいろ省略

「現状のままでは納采の儀は行えない」の考えは
小室親子と会談を重ねる中で醸成されていった。
延期発表後、2月に1回、4月に2回、6月に1回、秋篠宮邸で
秋篠宮ご夫妻と会っている。

秋篠宮殿下から小室に「5つの宿題」を課した。

①圭与さんの借金問題「国民が納得できるような説明を」
※解決に向けて動こうとしない。

②「警護の問題」警備費用に毎月700万円もの税金が使われているとの
批判的報道を気にされた秋篠宮殿下が周囲に警備削減の意向を離された。
※小室親子自ら警備の削減を申し出ることはなかった。

③「米国留学」留学して3ヵ月あまり、小室親子からは一切の連絡、報告がない。
留学の真意、いつ帰国できるのか、将来の展望について不透明なまま。

④「母子密着」宮邸での会談を通じて秋篠宮ご夫妻も母子密着ぶりを痛感。
小室親子は秋篠宮ご夫妻が驚かれるような信じがたい発言をすることもあり、
会話がまったくかみ合わない、強い違和感を覚えられた。

⑤結婚に強く反対されている紀子さま。
宮内庁に届く「このまま結婚させるのはおかしい」という抗議や、知人の
アドバイスも耳ににされ不信の念を強められ、たとえ秋篠宮殿下が納得されても、
紀子さまは反対し続ける可能性がある。

小室さんが5つの宿題を自ら動いてクリアしない限り、結婚問題に
新天の兆しは見えない。〆

第5ステージの紀子さまが納得するまで行けそうもないのですが、
そもそも宿題①からしてまだ未解決なんだから~~(笑)
しかし、週刊文春も楽しそうに小室Kの印象を悪くする記事を
どんどん書いているところを見ると、宮内庁お墨付きで
とにかく書いて書いて破談に持ち込もう作戦に出た可能性が高くなりましたね。
私もこういう小室Kがマイナスになるネタは書いていて楽しいのですが (^^;)
他に女性セブンの今週号では、美智子さまが眞子さまに厳重警告。
だそうですから、こちらも気か向いたら紹介します。






【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。