最近の女性誌は眞子さまと小室Kの「別れの予感」を
感じさせる記事がボチボチと出てくるようになりました。

女性セブンは
眞子さまと小室さん、別れのタイムリミットは6か月か
余計な事を省いて掻い摘んで転載しますが全文は以下のURL
https://www.news-postseven.com/archives/20181014_779629.html
「美智子さまは先々のことまでお考えを巡らせ、“小室さんが留学を終えて
日本に戻られたとしても、日本の社会に受け入れられるでしょうか”と懸念
されているそうです」(前出・別の宮内庁関係者)

「宮内庁の一部には、“ふたりの結婚を裁可したのは天皇陛下なので、もしも今、
破談になると陛下にも責任の一端が生じてしまう”という危惧もあります。
しかし、美智子さまは、次の天皇に負担をかけるようなことはしたくない
お考えのようなのです」(前出・宮内庁関係者)

「宮内庁サイドとしては、それまでに結論を出すよう動くでしょうが、
その期限の中で眞子さまと小室さんのご結婚がまとまるのは不可能に近い。
小室さんは秋篠宮ご夫妻に留学後ほとんど連絡もとっていない状況と聞きますから…。
つまり、“別れのタイムリミット”があと6か月に迫っているということです」(皇室記者)

女性セブンでは、とにかく美智子さまは、即位の儀式を厳かな落ち着いた
雰囲気の中で執り行えるようにとお考えです、新天皇に負担をかけたくない、
の記事のように新天皇=皇太子ファーストで考えて即位の儀式までは、
何とか小室問題を解決してしまいたい、そうです。

裁可取り消しも出来るのだから、さっさと取り消したらいいんだよ。
こういう時こそ、ラスボス美智子さまの強権発動じゃないですかっ!
小室Kが留学を終えて帰ってきても、眞子さまとの結婚を白紙にしたら
日本の社会でも受け入れる人はいるんじゃないですか?
親子でお笑い芸人になるもよし、いろんな道を歩くことができますから
余計な心配などしなくてもいいんです。
とにかく、裁可取り消し、これだけ考えていればよいんです。

そして「女性自身 最新号」では


眞子さまショック!「小室圭さん母子はもう他人」
「2人の愛」支え続けた秋篠宮さま豹変宣告

女性誌だけ読むと、なかなか良い流れになっていて
本当だったらいいのになぁ~本当に眞子さまと小室Kは
結婚できないかもしれない、このまま白紙になるのでは?と、
思ってしまいそうです。




今、発売中の「女性自身」の記事、秋篠宮ご夫妻、眞子さま、小室Kの
重要部分だけ抜粋します。そのうちネットに全文アップされるのでは。

・小室圭の留学ビザについて、奥野法律事務所担当者の話。
フォーダム大学のロースクールの学生として滞在できる正規のビザを取得している。
報道されるように、一定期間ごとに帰国する必要はない。
だからといって3年間ずっと帰国しないとは、私どもも言い切れませんが…

・秋篠宮ご夫妻は、圭与さんの所在地、圭さんが留学に至った過程は把握していない。
秋篠宮家から指示があれば、調査に乗り出すがそういった指示は全くない。

・眞子さまと圭さん、当人同士がどう考えているにせよ、秋篠宮ご夫妻にとって、
小室Kはすでに眞子さまの婚約内定者ではなく、眞子さまと交際している男性に
過ぎない、つまり秋篠宮ご夫妻にとっては
「小室さん親子はもう秋篠宮家にとって他人」ということ。
(秋篠宮家に近い知人)

・圭与さんの借金トラブル発覚後、紀子さまは即座に破談を決断。

・秋篠宮殿下は眞子さまの意思を尊重されていた。
眞子さまの唯一の味方というべき存在だった。

・秋篠宮殿下は小室家に、
「国民の理解を得るために記者会見を開いてはどうでしょうか」
「借金トラブルを解消するため相手にと話し合ってはどうでしょうか」
などとアドバイス、温情を見せていた。

・しかし小室親子は耳を貸そうともせず、勝手にアメリカ留学を決めた。
圭与さんは秋篠宮家に連絡もなく自宅から姿を消した。

・眞子さまを月と表現したり、以前から小室家には「皇室軽視」の傾向があった。
アドバイスの無視、秋篠宮家の立場を考慮せず自分たちの都合で勝手に行動、など
軽視の傾向が強まった。
そのため、秋篠宮殿下も「小室家を切る」の決断をせざるをえなかった。

もう秋篠宮家と小室家は無関係、との考えを眞子さまに伝えた。
眞子さまにとってはお父様が「豹変」されたように感じたかもしれません。
秋篠宮殿下の宣告に意気消沈されているという眞子さま。

・紀子さまも眞子さまを励まされるような心境にはないという。

・現在、紀子さまと眞子さまは小室K話題について話し合うどころか、
普通の親子の会話もままならない状態。

・紀子さまがオランダにたたれる10月23日は、眞子さまの27才の誕生日。
眞子さまは孤立無援のままその日を迎えられる〆

2018年10月4日にNHKホールASEAN日本音楽祭に出席した秋篠宮ご夫妻

2018年10月15日世界湖沼会議に出席した秋篠宮ご夫妻

秋篠宮ご夫妻は15日、湖沼に関する環境問題について国内外の研究者らが
意見交換する「第17回世界湖沼会議」の開会式に臨席するため、茨城県
つくば市竹園のつくば国際会議場を訪問された。

眞子さまも27才になる大人ですから、自分の立場というものをしっかり
把握しなければならないのです。紀子さまと会話したくないなら
紀子さまも無理に眞子さまのご機嫌をとって会話をしなくてもいいでしょ。
小室親子など元々皇室のことなど何にもわからなくて、金づると思って
眞子さまに近づき、これだけ批判記事が出ても小室家流で通してしまう、
私以上に不敬な輩ですから、突き放してもよい、いーーや、寧ろ
甘やかすよりは突き放す方が良いのかもしれません。

どーしても小室Kと結婚したいなら「皇族辞めます」で庶民になり
小室圭と結婚すれば良いでしょ。一時金は出るそうなので、一時金を
貰って庶民になれば良いんです。誰も祝福なんかしませんよ。
それどころか、一時金は国民が一生懸命働いて収めた税金だ。
小室Kと結婚するなら一時金辞退せよ、の声もあがり炎上するかもね。

秋篠宮殿下も呑気過ぎたが、納采の儀は行わない、と伝えた時点で
小室家に対して「駄目だ、これは・・・」と思ったかもしれない。
それに拍車をかけたように米国留学。
弁護士になれるかどうかわからないけど、圭与さんとNYに滞在し
日本には帰って来ない方が良いと思いますよ。
これは私からのアドバイス(≧∇≦)

そういうことで、小室圭の文字が出ると週刊誌の売り上げも良くなり
売れるので書いているのかもしれない、週刊誌ネタでした。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。