今週発売の週刊女性は案の定、福岡訪問で珍しくレセプションまで
出席したため、雅子さま着々と「新皇后」のオーラと題した
グラビアページを出していました。

福岡訪問の投稿、コメント欄でも、
紀子さまなら普通にできること、もしかすると日帰り公務も可能、
とのコメントだったのですが、今までやらなかったのか(サボっていた)
出来なかったのか(本当になんらかの病気)、真相はわからないのですが、
雅子さまが全部の公務をこなすと女性誌はアゲアゲ記事を書くことに決まっている。
皇后の座が近づくごとに雅子さまは動き出し、こういう記事が続くと思うと、
私の今の心情ではかなり悔しいですねぇ。

そして、美智子さま、美智子さまと渡邉みどり氏に「お黙りっ」ってくらい
美智子さまの文字が多発している。
なんでもかんでも美智子さま。流石~女帝!
女性誌は美智子さまをアゲておかないと、皇室記事を書くことが
許されないのでしょうか?と問いたいほどです。

更に!本文記事には、
雅子さま連日公務で応えた美智子さまからの期待。
掻い摘んで紹介します。

その連日公務とは、前にも記事で紹介したように
9月21日 敬老の日にちなんで「東京清風園」を訪問。

本来なら、子供の日の訪問も新天皇皇后で引き継ぐべきなのに
秋篠宮ご夫妻と交替で引継いだ、秋篠宮ご夫妻がいなければ
2人でやるべき公務なのに、大袈裟なのです。

 

9月25日から1泊2日で「世界社会科学フォーラム」の開会式。
昨年夏の九州豪雨の被災地の視察のため、福岡県入り。
同日午後、「福岡県立粕屋新光園」を視察。
腰を低くして子供たちと同じ目線で優しく声をかけた。

翌26日、九州豪雨で大きな被害に遭った朝倉市や東峰村をお見舞い。
車いすに乗る高齢女性と、ここでも腰を落として同じ目線にされて
更には女性の手を握って励まされた。




「雅子さまが腰を落として被災者の目線に合わせて笑顔で励まされたのは、
美智子さまをお手本にしているからだと思います。
東北の被災地の慰霊碑に行かれた時は、スカート、ヒール、手袋の
正装にお召し替えされたのも、美智子さまをお手本にされていると感じた。
来年のお代替わりの後も、皇后として両陛下のスタイルを踏襲しながら、
活躍されると思います」渡邉みどり女史。

9月27日 福岡から帰京された翌日、「国際青年交流会議」に出席。

2日続けての地方訪問の翌日にも公務に出席したのは
雅子さまが療養に入ってからでは初めてのこと。

「国際青年交流会議」は皇太子夫妻の結婚を記念して始まり
毎年開かれているが、今回は福岡から帰った翌日なので、出席は
厳しいと周囲の見立てだったのが、結果的に出席されて驚きました。(元東宮関係者)

私も驚きました!しかし、懇親会には欠席していた雅子さまです。

連日の公務で美智子さまの期待にお応えになっている雅子さま。

一方で未来の天皇陛下である、悠仁さまに関する仰天計画が進行中、
だというのは、ある宮内庁関係者。

既に一部で報じられている、悠仁さまを皇太子ご一家に預けるという
計画が浮上している。
秋篠宮殿下が天皇になる教育を受けていないので、皇太子と日々を
過ごすことで「帝王教育」につながることが狙い。

この計画の発端は
美智子さまが秋篠宮家の教育に対して不信感があるからでは?
との話が流れている。

この記事部分は本当に思っているのか?アホらしい。
前回はどの週刊誌が書いたのか、忘れてしまいましたが(^^;)
なんで皇太子一家に預けなくちゃならないんだ??
これこそ大きな謎です。帝王教育など専門家のお任せで良いです。

皇太子一家に預けたら、ごめんなさい、コメントに書いて貰いましたが
遡って見る気力がありません(T_T)
食う、寝る、遊ぶ、海水浴で日焼けする、水泳が上手くなる、
スキーが上達する、色黒のスポーツマンにはなりそうだけど(笑)
他はダメダメ~~で大笑いした記憶があります。

眞子さまの結婚延期騒動、悠仁さまの夏休みに危険な槍ヶ岳に
登らせるなど、秋篠宮家の教育に疑問を抱いているのかも。

いつもでもネチネチと・・・
無事に登山して帰ってきた、皇太子も登らなかった難易度の高い
槍ヶ岳に登ったことが、かなーーーり悔しかったようです。

さらに、悠仁さまの中学進学。

一昨年に設けられた「提携校制度」を利用し、筑波大学附属中への
進学が本命視されているが、そういった制度を使うことに対する批判もあり、
逆風にさらされている現在の秋篠宮家は、
筑波を断念してお茶の水大学附属中学校にそのまま内部進学される、
という案も出ているそうです。(秋篠宮家関係者)

そのまま内部進学が無難だと思います。

今は、眞子さまと小室Kの結婚延期問題で秋篠宮家は頭を抱えているはず。
世間の批判も多く、これで「提携校制度」を利用し、筑波大学附属中に入学したら
底辺層の国民が炎上するでしょ。皇室不要論まで発展しかねないと思う。
とかく貧乏人は喧嘩するんです、「金持ち喧嘩せず」の言葉があるように
お金持ちは気持ちと財布に余裕があるけど、貧乏は税金使って小室KにSPを
つけることさえ嫌悪感でいっぱいなのです。
昔と変わってしまい、今の日本は中流層が少なくなり、高所得者で
悠々自適の生活を送れる層と低所得でギリギリの生活を強いられている層の
格差社会が益々進んでしまっている。
私が格差社会関連の本を読んでから、もう7、8年くらいは経つと思う。
当時より更に進み、尚且つ来年は消費税10%、東京オリンピックなど
東京一極集中が激しく、地方は人口減少で消滅する町村が増えます。
少子高齢化を一番実感するのも地方の田舎です。
関東県内、関西圏内など都会は若い人達が多いので、少子高齢化の
少子の実感がいまいちなのではないでしょうか?

次代の両陛下は悠仁さまにどのような期待を託されるのだろうか。〆

間違っても「愛子を天皇に」「女性宮家」と言わないでほしい。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。