いつも明るいオランダ王室、今日はディズニーのシンデレラを思い浮かべるような
オランダ王室の黄金の馬車と、マキシマ王妃12㎝のヒールの靴と、序に
日本の皇室、儀装馬車1号から4号まで。
今、即位式に向けて皇太子と雅子さまが乗る、2号、3号を修理中だそうです。
1号は大正天皇と昭和天皇の即位の礼で使われ以後使われていません。
是非!悠仁さまの即位の礼で使って欲しいですねぇ。
金の馬車も良いけど日本らしい豪華で品の良い馬車です。
1号、2号と言うと私の年子の孫の呼び名みたいです(笑)


2018年9月18日に、ウィレム・アレキサンダー国王、マキシマ王妃、コンスタンティン大公、
ローレンティエン公妃がハーグで開催された毎年の王子の日に出席しました。
Prinsjesdag(「王子の日」)は新しい議会の年の始まりを意味し、王子の日に、
オランダ王室は、ハーグのRidderzaal騎士団またはHall of Knightsのオランダ上院議員と
下院議員の共同セッションに取り組んでいます。
翻訳はGoogle先生。 チョーー簡単に書けば国会開会の日です。
オランダではこの黄金の馬車パレードを大勢の人が見るそうです。

次男のフリーゾ王子はスキー事故で亡くなりました。
三男のコンスタンティン王子とローレンティン妃の乗る馬車、格が違います。
欧州王室も長男で国王、長女で女王、先に生まれた後継者とその下では
待遇がかなり違うのでした。

こちらはオランダ&フランダースさんのTwitterより
金の馬車が修復中のため、王族の結婚式などで使われてきた
200年の歴史のガラスの馬車が登場。2017年9月19日。
オランダ王室にはこんな金ピカの馬車もありました。

王妃が履いてる靴は12㎝ヒールで178㎝の身長が190㎝になったそうです。
下の動画はパレードです。



皇室の儀装馬車には1号から4号まで

豪華絢爛な1号馬車は昭和3年の「即位の礼」の際に昭和天皇が使用されました。

2号は平成2年の「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」の際に天皇陛下が使用
昭和34年の皇太子殿下ご結婚の馬車列にも使用されました。

3号は平成2年の「即位礼及び大嘗祭後神宮に親謁の儀」の際に皇后陛下が使用されました。
また,昭和27年の立太子の礼及び皇太子成年式,昭和55年の徳仁親王成年式,
平成3年の立太子の礼などの儀式にも使用されました。

※画像 “iQ乘り”の日常より

現在使用している儀装馬車4号
昭和60年の文仁親王成年式などの儀式に使用されました。
信任状捧呈式の際,大使の送迎にも使用しています。

画像 ドイツ大使館ネコのきまぐれブログより

ご成婚パレードや即位の礼後の伊勢神宮ご参拝。
天皇、皇后両陛下が重要な皇室行事で使われた「儀装馬車」の修復が
今秋にも始まる。来年の代替わりに伴い、皇太子ご夫妻が新天皇、皇后として
伊勢神宮参拝時に使用されることを想定。
実現すれば皇室の方を乗せた運行は約30年ぶりとなる。
昭和3年の製造から90年の歴史を誇る皇室の馬車。
昭和、平成を経て次代へと走り続ける。
中略
今回修復されるのは昭和3年製造の2号と3号。
長年保管し、メンテナンスを重ねてきた。来年の代替わりが決まり、
新天皇、皇后が伊勢神宮の参拝時に使用されることを想定し、
今年度予算に修復費を計上。2号は馬に取り付ける革製のベルト類を、
3号は御者台(ぎょしゃだい)の飾り布や幌(ほろ)などを修復し、本番に備える。
産経新聞 2018.8.21




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。