昨日はブログを続けて書く元気がなくて一日遅れましたが、
紀子さま52才の誕生日おめでとうございます。

平成2年6月29日、23歳で秋篠宮殿下と結婚されて28年。
早いものです、あと2年で結婚30年になります。

若い時の秋篠宮殿下と悠仁さま似てます。

 

佳子さまのご成年をお迎えになるに当たっての記者会見での
紀子さまの性格を聞かれた時の答えが印象的でした。

母は,週刊誌などでは様々な取り上げ方をされているようですが,
娘の私から見ると,非常に優しく前向きで明るい人だと感じることが
多くございます。幼い頃は手紙にスマイルの絵を描いてくれたことが,
よく印象に残っております。

気難しそうな面々がいる皇室でよく頑張ってやってるな~と
思っていました、若い時は慣れない皇室に相当苦労したでしょう。
若い時から「紀子さまスマイル」大変なことは顔に出さない女性でした。
そして、努力の人だと思っています。



父親、学習院大学名誉教授 川島辰彦氏の仕事の関係で
子供の時から海外での生活、帰国してからは転校を繰り返し、
中学生になって学習院女子中等科に入学し、同大学まで進みました。

郷に入れば郷に従う、適応力の良さは子供時代に培われたのか
前向きで明るい性格と努力が皇室に適応していったのだと思う。

紀子さまを羨ましいな!と思うのは心身共に健康なこと。

結婚してから病気になった、過労で寝込んだ、あっち痛い、こっち痛い、
こういうことを聞いたことがありません。
紀子さまも人間だから、しんどい時もあるにはあったでしょうが、
とにかく元気によく動いてくれました。

自分自身の経験から、健康で働ければ人生何とかなることもあり、
病気になることほど辛いことはありません。
どこで見たのだろうか、雅子(サマ)のことを「あんな病人」と
書いてあるのを見て、自分に向けられた言葉では無いものの
自分に言われたような感覚に陥りました。
というのも、同じことを義姉に言われたことがあったからでした。

健康で元気に仕事、子育て、家事炊事をしていた
スーパーウーマンから見れば、私のような病気持ちは
仕事もしないで主婦をしている「あんな病人」レベルなのだろう。
普段からキツイ言葉使いで自信満々なところがある人でしたが、
いずれ年を取って自由に動けなくなったり病気になったら
病気持ちの気持ちも少しは理解できるだろうか?とは思いました。

雅子(サマ)は適応障害と発表してから15年になります。
未だに寛解まで行けたのかどうか?定かではないが、
もし紀子さまだったら、病気を治す努力を惜しまないだろう。
セカンドオピニオンを受けて本気になって治す、寛解まで
持ち込むだろう、15年も体調の波など申し訳なくて言えずに
前向きに治療に頑張るだろうと思いました。

50代は元気に過ごせても、60代になるとガックリ疲れが出ます。
紀子さまには、来年は益々多忙になりますが身体に気を付けて
あまり無理せず過ごして欲しいです。
眞子さまも、いつまでも親に気苦労を掛けないでください。


Photo gettyimagesより




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館のアドレスはリンクコーナーです。