皇太子は何しにフランスへ行ったんだっけ?とまたまた忘れてしまいそう。
1人公務だけどリラックスして楽しそうに見えます。
雅子さまに気を使わなくて済むのでそのように見えるのかな(^^;)
愛子さまもイギリスに行くとき満面の笑顔で楽しそうでした。
障碍者施設、小児病院を訪問したり、今回はなんと!!
歓迎式後の昼食会では、フランス語で8分もスピーチしたそうです。
英語でのスピーチも何回かやっている皇太子ですが、フランス語も
日本で練習してスピーチ。大した度胸がある、というか・・・
次から海外訪問の時は、その国の言葉でスピーチが定番になるのでは。
なんちゃって・・・残念なことに8分間のフランス語スピーチは動画で
見つけられませんでしたが、触りだけの動画をアップしました。
9月12日


フランス公式訪問中の皇太子さまは12日、パリ市内にある「ネッカー小児病院」を
訪問し、入院患者や日本人研究者と面会された。
同院は1778年に開設された欧州屈指の小児病院で、外国からも難病患者らを
受け入れている。皇太子さまは数日前に盲腸の手術を受けたばかりという少女(15)
の病室を訪れ、「早く良くなるといいですね」とお見舞いの言葉を掛けた。
続いて、病院の付属研究所などに留学している日本人研究者らと面会。
「日本では小児科の先生が少なくなっていますが、フランスではどうですか」などと
質問して回った。(2018/09/12-19:55)時事通信

9月11日

パリ訪問中の皇太子さま フランス語でスピーチ

画像 歓迎行事に臨まれる皇太子さま=11日午前、パリ
フランスを公式訪問中の皇太子さまがフランス語で
両国の友好の進展を祈るあいさつをされました。
皇太子さま:「こうして再びフランスを訪問できたことは、私にとって
大きな喜びです」
皇太子さまは11日朝、パリの中心部で歓迎行事に出席し、その後、
フランスの下院議会の副議長らを前に両国の友好の進展を祈る
あいさつをされました。
宮内庁によりますと、皇太子さまはフランス語でスピーチをするため、
日本でも練習を重ねてこられたということです。ANNNEWSより



スピーチを終えてホッとした皇太子、ワインが美味しい(^^)

高円宮妃久子さま IOC総会で復興支援に感謝の言葉
前半フランス語、途中から英語。
私は日本語しかわかりませんが、当時の久子さまの語学力は
絶賛されていたと記憶しています。

また、皇太子さまは日本人学校も訪問され、小学生を前に水の大切さ
について語り掛ける場面もありました。

フランス訪問中の皇太子さまは11日、パリ市内で障害児らが通う施設
「レ・ザミ・ド・カレン」を訪れた。車いすに乗った障害児ら約20人に
出迎えられ、身体と精神に障害があるという女の子(7)から両手を
差し出されると、その手を握り、女児の動きに合わせて「ダンス」を楽しんだ。

画像 障害者施設「レ・ザミ・ド・カレン」で、動物セラピーの説明を受ける皇太子さま=2018年9月11日、パリ、代表撮影




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。