9月7日~15日まで、日仏友好160周年に合わせてフランスを
公式訪問する皇太子に雅子妃は同行しない。
「フランス側からは、夫妻揃っての招待だったそうです。
当然同行されるとみられていたのですが、宮内庁は8月に入ってから
見送ることを発表しました」(皇室関係者)以下、記事後半部分だけ抜粋しました。

 

1週間にも及ぶ海外訪問や長距離移動には、まだ耐えられないのだろうか」
との心配の声も囁かれた。ただ、宮内庁はこんな言い方をする。

「雅子さまの体調は、すこぶる良好だと伺っています。当初はフランス
行きを前向きに検討されていたといいますし、それどころか、予定されて
いるすべての公務をしっかりと担えるという自負もおありの様子。
それでもフランス行きを回避した理由は、来年立て続けに行われる、
“大イベント”への備えを優先したからだといいます」

年が明ければ、平成最後の新年一般参賀、今年よりさらに多くの
人が駆け付けるのは確実だろう。

2月24日、今上天皇の「在位30周年記念式典」
4月30日、「退位礼正殿の儀」をもって平成が終わる。
5月1日、「即位後朝見の儀」で雅子妃は皇后として新天皇の横に立つ。
さらに
10月22日、即位礼正殿の儀、パレード、海外要人を招いての饗宴。
世界に向けて新時代の幕開けをアピールすることになる。

皇后の重圧は想像を絶するもの。雅子妃はそれを背負いながら、
立て続けに様々な儀式、行事へと臨まなければなりません。

仮に今、体調が良好だとしても、雅子妃は回復の途上。
周囲も「来年になって何かあっては大変だから、今のうちから
無理は避けていただきたい」と気を揉んでいた。

雅子妃の「フランスに行かない」という選択は、来年以降の
皇后としての役目ほまっとうしたいという自覚の表れだと捉えるのが
自然でしょう。昨年、12月、誕生日に際しての文書で
「これから先のことを考えますと身の引き締まる思いがしますが、
努力を重ねて参りたいと思っております」と決意を明かした。

あえて海外での公務に同行しないという「努力」は実を結ぶことに
なるのだろうか。〆

フランスに同行しないのは良いと思います。
雅子妃は現状「行っても批判され」「行かなくても批判される」
それなら行かない方が賢明です。
国内の公務もまだ満足にできないのに、海外には行けるのか!
この文言は必ず出てきます。現に国内の公務もまだ二泊三日の
公務には出られない(出ないのか)状態で、一週間以上も、
皇太子に同行し、全部のスケジュールは無理でしょ。

また、来年の即位関連に多忙になることを考えるのも良いけど、
今年の秋の園遊会に中抜けせずに最後まで出席できるのか?
来年早々の新年祝賀の儀、歌会始の儀に出席できるのか?
雅子(サマ)には即位式まで乗り越えなければならない壁、山が多い。

今まで「体調の波」「体調を考慮して」「病気療養中」と
言いつつ避けてきたことを、今年から来年まで一気にこなして
いけたとしたら、体力はある、後は精神的なものだけで
15年もの長期間に渡り「嫌なものから避けてきた」ことになる。

私は取り合えずは、今年の秋の園遊会の雅子(サマ)がどうするのか、
興味を持って見たいと思っている。



雅子さま、今年の「那須ご静養」で例年とは違った“出来事”が起きる
週間女性PRIMEより 週刊女性2018年9月18日号2018/9/4
全文は以下のアドレス
http://www.jprime.jp/articles/-/13209

「8月27日には、昼ごろに『東急ハーヴェストクラブ』に向かわれましたが、
皇太子さまと愛子さま(16)だけで、雅子さまは同行されませんでした。
さらに、翌日の夕方ごろに訪問された『テディベアミュージアム』にも、
雅子さまはいらっしゃいませんでした。
30日の夕方ごろの『りんどう湖レイクビュー』にも、皇太子さまと愛子さまと
お友達親子だけで足を運ばれていたのです」
昨年の夏は、この3か所ともご一家全員で楽しまれていただけに、不在だった
雅子さまは立て続けにこなされた“異例対応”にお疲れぎみだったのかもしれない……。

異例対応とは。
●今回の駅前でのご交流は、例年に比べても長い約20分間にわたった。
●ご一家にとって初めてとなる、那須御用邸内での取材が実現した。
●静岡県須崎御用邸でも、隣接する三井浜での取材が“16年ぶり”に行われました。

しかし、ある宮内庁関係者は、“大事をとった”のではないか、と次のように話す。
「現在の雅子さまはすこぶる快調で、久しく実現していない2泊以上の地方訪問も
“問題ないのでは”と囁かれているほどなのです。
しかし、来年のお代替わりを控える大事なこの時期に、“万が一、ご体調を
崩されてはいけない”と周囲が無理をさせないようにしています。
今回のご静養中の訪問先でも、雅子さまだけお出かけを“セーブ”された可能性が
あるでしょう」
9月7日から皇太子さまは、「日仏友好160周年」のためフランスを訪問される予定で、
今春には雅子さまのご同行も有力視されていた。
しかし、8月初旬ごろに雅子さまの訪問は見送られたと一斉に報じられたのだ。
この件に関しても、雅子さまのご体調を考慮されたのだろう。

「お代替わりに伴う一連の行事を滞りなく進めるためにも、療養中の雅子さまに
ご無理をさせるわけにはいきません。
静養中とはいえ、訪問先には一般の観光客も多く、雅子さまのご負担になる
可能性がありますからね。今は、“次期皇后”になられるための準備を万端にしている
段階なのでしょう」(前出・皇室ジャーナリスト)
とはいえ、せっかく家族で過ごせる大切なお休み。
8月29日の午前11時ごろには、皇太子ご一家と愛子さまのお友達親子の
総勢10人ほどで、『那須どうぶつ王国』に向かわれた。

「強めの雨が降っている中でしたが、ご一家は傘を差して来園されました。
正午ごろには、今年7月に新しくオープンした施設で、ユーラシアカワウソや
アメリカビーバーをガラス越しで見学されていましたよ」(どうぶつ王国の関係者)
その後、『ハマナスの丘』と呼ばれる建物で昼食をとられたご一行。
その場では、こんな“スペシャルショー”が繰り広げられた。
「飼育員が園内で行われるバードショーで登場するワシをみなさんに披露したんです。
目の前でワシを見て、雅子さまも興味津々なご様子でした。
主に皇太子さまが質問されていましたが、雅子さまはお隣でずっと笑顔を絶やさずに
“うん、うん”と飼育員の説明に頷かれていましたよ」(同・どうぶつ王国の関係者)

毎年、毎年、「どうぶつ王国」皇太子など、動物が苦手のように見えるのですが、
妻子の為なら・・・と我慢してカメラマンになってるみたいです(苦笑)
雅子(サマ)は意外に動物、昆虫が好きなようなので、飽きないんでしょうねぇ。
私は鳥類は大の苦手で、傍にも寄れないのですが雅子(サマ)は平気みたいです。
テディベアミュージアムなどは、よくよく好きな人なら毎年でも行くでしょうが、
それも季節のイベントで変わるのが面白いから行くのであって、TDLと同じように。
皇太子一家は夏だけなので、各イベントごとに訪問するよりはつまらない。
なので、雅子(サマ)も行く気にならなかったことも有りでしょうね(笑)

長くなるので 中略

自然をそのまま生かしている場所ということもあり、折れた木々も土に入り混じって、
足元が不安定な道もあるのですが、苦もなく散策されていて驚きました。
雅子さまは、すれ違うほかの人たちにも満面の笑顔で挨拶されていてお元気そうでしたよ」
(目撃した男性) われわれの新しい“国母”に、心配はいらないようだ。
期待していいないので、心配すらしていないのですが( ゚Д゚)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。