今日はちょっと変わったことを書きます。
たまたま5ちゃんねるの御一行様を見たらtokanaに書かれた記事が載っていました。
5ちゃんねるの御一行さまの書き込みは意外とレベルが高いと思っていますが、
tokonaは・・・なぁ・・・以前からtokanaは知っていたのですがtokanaに
書かれている皇室記事をブログに書くことは今までしませんでした。
正直なところ、tocanaで眞子さまと小室Kネタをやるとは思いませんでした。

http://tocana.jp/

眞子さまと小室Kの婚約内定、延期までの記事に行くには、
トップページから芸能→日本で行きます。

なんで芸能から行くんだよっ!とムカつきます・・・皇室は芸能か?
お笑い系は確かにいますが、 皇后とか東宮家とか( ゚Д゚)
トップページがまた、ゾクゾク゚((((;゚Д゚))))))) 気持ち悪いんです。


眞子さまと小室Kの婚約会見の画像がアイコンになっています。
アイコンに使っている画像は、


サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ
眞子さま 佳子さま 悠仁さま 秋篠宮家の育み
2017年 9/30号 雑誌 – 2017/9/14

クリックするとAmazonに飛びますが、買った人、数人はいるだろうけど
評価ゼロ、中古でも出品されていました(^^;)
破談になったら、50年後には「お宝雑誌」になっているかもしれません。
(このブログからはクリックしてもAmazonに飛びませんm(_ _)m)

私が初めてtokanaに眞子さまと小室Kの婚約が載っているのを知ったのは、
今年の春頃、FRIDAYによる小室Kの老舗のお嬢さんとの二股疑惑で、それ以前の記事は

2017.05.18
海外誌が誤報!眞子さまのご婚約相手・小室圭さんを
「ビーチ・ツーリズム・ワーカー小室」と紹介、
コメント400件以上に!

2017.05.27
TOCANA > 芸能 > 相変わらずのマスゴミっぷり……
眞子さまご婚約報道が不敬すぎる! ゴミ散乱、タバコ吸殻、
インターホン鳴らしまくり…これが日本のマスゴミだ!
(文=吉沢ひかる)
http://tocana.jp/2017/05/post_13302_entry.html

眞子さまと小室Kの婚約内定を祝福していたのでした。
が、週刊誌にいろいろ暴かれ初めてから一転して

2018.02.06
TOCANA > 芸能>眞子さま結婚延期で囁かれる“まさかの事態”
眞子さまと小室さん、結婚延期で囁かれるヤバすぎるXデー情報とは!?
マスコミ関係者の間で飛び交う噂
http://tocana.jp/2018/02/post_15924_entry.html

以後、月に2回から4、5回 週刊誌記事を元にいろいろ
不確定なことを取り交ぜて記事にしているようでした。

私の、妄想・推測を入れたブログと似たような感じですが(笑)
たまに結婚延期の裏にフリーメーソン!?と出てくるところが
tokanaらしいなぁ~と思います(苦笑)

以下の記事もtocanaらしい(笑)

TOCANA > 日本 > 歴史・民俗学 >
三笠宮さまは天皇家の“ヤバい秘密”をご存知だった?
三笠宮さまは天皇家の“ヤバすぎる秘密”をご存知だった!?
ユダヤ(古代イスラエル)と日本の知られざるつながりに戦慄
http://tocana.jp/2016/11/post_11396_entry.html

例えば、矢追純一のUFOシリーズみたいな感じで
信じる人は信じるけど、信じない人は全く信じない。
個人の自由です~みたい。

tokanaのことだから、愛子さま偽物説も出回っているのでは?と
検索したのですが、全く無かったのです。
愛子さま偽物説、取り替え、影子、こういうことが得意なはずなので
是非とも検証して特集組んだ記事を読みたいですねぇ。



眞子さまと小室Kの結婚を読むのは、tokanaと同系列の
サイゾーウーマンの方が面白いと思います。
辛酸なめ子さんの談話、記事が確信を突いて良いです(^^)

2018.08.19 本日更新された、眞子さまと小室Kの記事。
TOCANA > 芸能 > 日本 >
小室圭さんへの壮絶なメディアスクラムが予想されるいよいよ号砲?
小室圭さんへの壮絶なメディアスクラムが予想される理由とは?
http://tocana.jp/2018/08/post_17868_entry.html

高円宮家の三女絢子さまと守谷慧さんの結納にあたる納采の儀がおこなわれた。
しかし、こうなると余計に目立つのが秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの未来だ。

婚約に向けた報道が明るみに出たのは眞子さまと小室圭さんのほうが先だが、
婚約は延期され、尚且つ先日は「納采の儀を今の状態ではおこなえない」
とのお考えを秋篠宮ご夫妻が小室さん親子に伝えたと報じられた。

ここまでくると婚約の解消や破棄など関係解消に向かって突き進むと
考えられているが、その場合、マスコミは凄まじい動きに出ると
関係者は明かしてくれた。

「これまでは皇室の問題なので、いくら世間で叩かれていてもマスメディアとしては
あからさまに批判的な対応はできませんでした。
しかし、秋篠宮ご夫妻のご意向が漏れたことで方針転換されることになりました」
(ワイドショー関係者)

方針転換すると一体どうなるのか。

一言でいえば、小室さんへの大バッシングが展開されます。
今の小室さんは命の危険さえあると言われており、そこから逃げる意味で海外留学を
決めたともいわれています。SP増員もそのためです。もちろん、マスコミは命まで
とりませんが、これまで以上に親族や関係者などへの取材攻勢が始まり、
死んだも同然の状態まで追い込まれる可能性もあります」(同)

恐ろしい言葉だが、正式な婚約解消は決まっていないものの、
マスコミとしてはそれを前提に動くようだ。

「『今のままでは』という言葉をそのまま受け取れば改善されれば
婚約も有り得ると考えられます。
しかし、その可能性が残っているなら表に出てきません。
つまり、これでおしまいという意味です。そのため、もはや皇室への配慮は不要で、
問題を各番組が自由気ままに扱い、過激な内容も報じられる可能性があるんです」(同)

具体的にはどのような内容が考えられるのか。

「今回、小室さんが留学したニューヨークにはテレビ各社が支局を持っていますが、
それぞれの局が専従スタッフを既に用意しています。
そのため、行動はすべて監視されます。
また、張本人ともいえるお母さんへの取材も本格的に始まります。
お金に困っているのであれば、大枚をはたいて独占インタビューや
番組への生出演を交渉する局も出てくるはずです。
今まで、こうした行為は失礼と考えられていましたが、これからは遠慮不要です」(同)

秋篠宮ご夫妻のご意向が漏れたことが大きいようだが、
ほかのニュースとの兼ね合いも理由だという。

「日大の問題が落ち着き、日本ボクシング連盟の問題も会長の辞任で落ち着きました。
マスコミとしては次なるターゲットを探していたんです。
ちょうどそのタイミングで今回の報道があったため、次は小室親子が対象になります。
無論、それを少しでも軽減するために小室さんは海外に逃げたのでしょうが、各局
どこまででも追いかけるつもりです。眞子さまには同情しますが、小室さんは
これから最もおいしい素材になります」(同)

鼻息は荒いようだ。これまで我慢して温めてきた新たなスクープネタも
次々に噴出するといわれている。
絢子さまとは真逆の結末を迎えてしまったようだ。(文=吉沢ひかる)
——以上—-
さて、信じるか信じないかは自由です。
サイゾー系列のtokana、デマ、嘘ばっかり、等々 検索で出てくる
元々はオカルト、宇宙、ミステリーなど不思議ジャンルのサイトだったのですが、
小室親子もオカルトと言われれば、オカルトな要素が多々ありました。Σ(゚д゚lll)ガーン

Webサイト「tocana(トカナ)」は、20代後半~30代向けに、
「見たい・聞きたい・深めたい」をモットーとし、世の中の不思議な話題、
カルチャーに特化したニュースサイトです。
「空飛ぶ僧侶」「驚異の食虫植物」「美人な宇宙人」「世界遺産ミステリー」など、
世界中のビックリニュースや、テレビでは報道されない小ネタニュースを
「民俗学・社会学・オカルト・数学・物理学」などさまざまな角度からみることで、
科学的な妥当性だけを重視する一辺倒な報道ではなく、知的好奇心を刺激することを
目的としています。「ホントカナ?」の「トカナ」で、覚えてください!

株式会社サイゾーは、デジタルメディア事業や出版事業を行う企業である。

また、ウェブサイトを用いた関連メディアの展開にも積極的で、
「サイゾーpremium」「日刊サイゾー」「サイゾーウーマン」「メンズサイゾー」
「サイゾーまとめ」「TOCANA(「ハピズム」をリニューアル)」「Business Journal」
「Gambling Journal」「おたぽる」「おたぽる@HENTAI!!」「messy」「ビッグ☆セレブ」
「HEALTH PRESS」「wezzy/ウェジー」などがある。 以上wikipediaより




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館のアドレスはリンクコーナーです。