悠仁さま、広島の平和公園原爆死没者慰霊碑など訪問

2018年8月10日 広島市平和記念公園原爆死没者慰霊碑、平和記念資料館。

2016年12月6日 長崎市の平和公園を訪れ、原爆落下中心地碑に供花された。

2013年12月10日沖縄平和記念公園を訪れ戦没者名を刻んだ「平和の礎」を見学

地方でも原爆資料館のものか、わかりませんが原爆関連の
展示物を展示した時があり、見学に行ったことがあります。
パネルにした大きな写真の数々、焼けた弁当箱とか、いろいろ
展示されていましたが、それはそれは目を覆うほど悲惨なもので、
特に写真はかなりの衝撃でした。
大人でも衝撃を受ける戦争、原爆記念館などの見学は小学生には
かなりキツイのでは、と思いますが、悠仁さまの場合、あらかじめ
それなりの予備知識を入れての見学だったと思います。

秋篠宮殿下は、戦争に関する展示、催しなどを通じて
だんだんと理解をしていってくれればよいかと思っております。

悠仁さまの帝王教育は既に始まっているようです。

庶民の子供達のようにレジャー施設で遊ぶことは無いのでしょうか。
完璧な、お忍びで秋篠宮ご夫妻が付き添いしなければ普通の男の子として
庶民に混じって遊べるのでは、と思うのですが。

動画は以下のアドレス
https://www.fnn.jp/posts/00398434CX



秋篠宮妃紀子さまと長男悠仁さま(11)=お茶の水女子大付属小6年=は
10日午後、広島市の平和記念公園を私的に訪問された。
紀子さまとポロシャツ姿の悠仁さまは午後1時半すぎ、公園内にある
原爆死没者慰霊碑に立ち寄り、黙礼。
その後、平和記念資料館を訪ね、約1時間にわたり展示物を見学した。
資料館によると、悠仁さまは放射線による被害状況の展示を熱心に見たほか、
原爆の熱線でゆがんだガラス瓶も触って確認していたという。時事通信

2018年8月10日 17時26分
秋篠宮ご夫妻の長男の悠仁さまは、10日、母親の紀子さまと広島市の
平和公園を訪れ、原爆で犠牲になった人たちの霊を慰められました。
悠仁さまと紀子さまは、悠仁さまの小学校の夏休みに合わせて日帰りで
広島県を訪れ、10日午後、広島市の平和公園に到着されました。

悠仁さまが広島県を訪れるのは初めてで、紀子さまとともに31万4118人の
原爆死没者名簿が納められた原爆慰霊碑の前にゆっくりと進まれました。

そして、市民らも見守る中、静かに頭を下げ、原爆で犠牲になった人たちの
霊を慰められました。
お二人は、続いて原爆資料館も訪問され、悠仁さまは、原爆が広島の街を襲う
様子を再現した映像や、ぼろぼろになった子どもの服などを驚いたような
表情で見つめられていたということです。

このあと、お二人は市内のホテルに移動し、被爆者から直接、体験を聞かれた
ということです。悠仁さまは、これまでも小学校の休みを利用して、沖縄県の
平和祈念公園や長崎市の平和公園など、戦争の悲惨さを今に伝える場所を
訪ねられています。
原爆資料館で悠仁さまを案内した加藤秀一副館長は、「真剣に資料をご覧になって
原爆の悲惨さを学ばれ、大変喜ばしくありがたいことだと思います。
しきりにうなずかれ、ご自身で考えて理解を深められているように感じました」と
話していました。

※証言した被爆者
被爆者の山本玲子さん(80)は悠仁さまと紀子さまにおよそ30分にわたって、
被爆の体験を語ったということです。

山本さんによりますと悠仁さまは、山本さんが見せた被爆直後の惨状が描かれた絵を
真剣に見ながら話を聞かれていたということです。
また、紀子さまからは「体に気をつけて元気でいてくださいね」と
言葉をかけられたということです。
山本さんは「短い時間でしたが、広島に来て直接、被爆の話を聞いて
いただくのはとてもよいことだと思います。
また来ていただきたいです」と話していました。NHKニュースより

※愛子さま「すべてが新鮮」=英留学終え感想

英語の授業にも慣れ……感想文じゃなくて、ただの感想でした。

毎年恒例のご静養と称した親子3人での楽しい夏休みのレジャーには
いつ頃、いくのかな? まさか、行かないってことはないでしょうねぇ。

英国への短期留学を終えた皇太子ご夫妻の長女愛子さま(16)=学習院女子高等科2年=は
10日、「初めは少し不安もありましたが、すべてが新鮮で、また日がたつにつれて
英語の授業にも慣れ、とても楽しく充実した滞在になりました」などとする
感想を宮内庁東宮職を通じて発表された。
愛子さまは7月22日に英国に出発し、同級生とともに英国の名門イートン校での
サマースクールに参加。学生寮で生活しながら英語教育を受け、オックスフォードなど
各地を訪ねて同国の文化を体験し、9日帰国した。時事通信




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。