美人でスタイルが良くて愛嬌もあるとは最強です。
若いころの紀子さまを彷彿とさせるような佳子さまの笑顔。
佳子さまは紀子さまの若いころに似ていますね(^^)
周りを明るくさせる輝きに満ちています。
小さい子との会話は慣れないと難しいのですが、悠仁さまを
相手にしていたので慣れている様子、気取らないところも良いです。
佳子さまは何をしても可愛いってことになるみたい。
式典に出るのでジャケットを着用しているのでしょうが、この猛暑。
爽やかプリント柄のワンピースでも良いと思うし、着て欲しい。

佳子さま、馬術競技の高校生激励 出迎えた園児に笑顔

秋篠宮家の次女佳子さまは25日、静岡県御殿場市で開かれた
「第52回全日本高等学校馬術競技大会」の開会式に出席した。
6月に英国短期留学から帰国後、地方での初公務となった。
佳子さまは紺色のジャケット姿。開会式であいさつに立ち、
西日本を中心とした豪雨被害に触れ「亡くなられた方々に哀悼の
意を表しますとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます」
と述べた。さらに「きょう参加されている方々にも大きな被害が
あったと聞いております。心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の復旧が速やかに進むことを願っております」と話した。

これに先立ち、会場に車で到着する際には、出迎えた保育園児たちに
「待っててくれてありがとう」と歩みより、「みんな保育園?」
「何をして遊んでいるんですか」などと笑顔で声をかけた。
朝日新聞(島康彦)

7分位の動画で、佳子さまの笑顔、幼稚園児との会話が楽しめます。



眞子さまのブラジルでの公務は追いかけるのが難しくなってしまいました(^^;)
こうしてキチンと海外でも恥ずかしくない振る舞い、公務をしてくれるのは
嬉しいのですが、どーにも眞子さまには小室Kの影がチラついてしまう。
困ったものです。

秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまが、公式訪問中のブラジルで、100年以上前に
日本人が開拓した農村を視察されました。
眞子さまは、1915年に日本人移民がブラジルで最初に開いた農村「平野植民地」
を訪問されました。カフェランジア市で、記念碑の除幕式が行われ、着物姿の
日系人の女の子から眞子さまに花束が贈られました


ブラジルを訪問中の秋篠宮家の長女眞子さまは24日午前(日本時間24日夜)、
サンパウロ市のサンパウロ大学動物学博物館を見学された。
同館は動物学の分野では南米最大の博物館で、眞子さまは動物の剥製はくせいや
チョウの標本などを見て回られた。
天皇、皇后両陛下が1978年のブラジル訪問後に贈られた日本のフグの標本もあり、
眞子さまは案内役に「ブラジルのフグと日本のフグはどう違いますか」と質問されていた。
眞子さまは今後、北部のアマゾン地方を訪問し、米ニューヨークを経由して31日に帰国される。
【サンパウロ=大前勇】YOMIURI ONLINE




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。