腰椎ねんざってなんなの?と検索したら
「腰椎捻挫(ぎっくり腰)」急に重いものをもちあげたり、
体を強くひねったりすることで、背骨のまわりの組織に障害が生じ、
急激な痛みが出た状態・・・だそうです。


ぎっくり腰、物を拾おうとしただけでも、なる人はなると聞いたけど
雅子(サマ)がギックリ腰とは、おいたわしいーー!!( ゚Д゚)
お疲れがたまるほど動いていたのですね。
車の移動、立ったり座ったりすると痛みが出る。
これじゃあ、暫く公務はできませんね。良かったですねぇ。

7月11日から12日まで岡山市のジップアリーナで開かれる
「献血運動推進全国大会」に日本赤十字社の名誉副総裁として
出席される予定、だったのに、それまでぎっくり腰が治るかどうか。
ここは、次期皇后の意地をみせて治して出席してほしいものです。
美智子さまも38度の熱があるのに、雨の中、慰霊碑に献花されていましたから。
ネツニモマケズ、アメニモマケズでしたが・・・・

体調の波も出し尽くしたので「腰痛持ち」は今後も
なにかにつけ使えそうな気がします。( ゚Д゚)

宮内庁東宮職の小田野展丈東宮大夫は22日、皇太子妃雅子さまが
数日前から腰に痛みがあり、腰椎(ようつい)ねんざと診断された、
と定例会見で明らかにした。
当面の公務への出席は回復状況をみながら検討するという。

東宮大夫によると、車での移動をはじめ、立ったり座ったりする
際に痛みを伴うものの、身の回りのことをするうえで支障はないという。
滋賀県への訪問や結婚25年の一連の行事などが続き、東宮大夫は
「お疲れもたまっていたと思うが、それが直結しているかはわからない」
と話している。デジタル朝日(多田晃子)





皇太子同妃両殿下御結婚満25年に際しての記者会見
開催要望への対応について 宮内庁HP 以下全文

http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/koho/taio/taio-h30-0622.html

まーーた、週刊誌に書かれたことに対して訂正文書を
宮内庁HPに載せているのでした。

雅子(サマ)のぎっくり腰は、みどりの愛護」のつどい、
滋賀県行啓やベトナム国国家主席同令夫人の国賓行事、
御結婚満25年に際しての数々の関連行事の疲労蓄積?
天皇皇后両陛下などもっと動いているのに、雅子(サマ)、情けないなぁ。

それに、女性誌に書かれたことをいちいち気にするなよ。
わたしなど、女性セブンの
ご夫妻の結婚記念日と,両陛下の『最後の被災地訪問』の日程が重なっていた
ことが本当の理由」←この記事なんか全く信じていなかったけどね。
記者会見するのが嫌だったんだろう、これしか思いつかなかった。
過去の記者会見がトラウマじゃなかったら、来年は是非!!
2人で結婚26年、新天皇皇后として記者会見してくださいね。
首をながーーーくして楽しみにしているんです(^^)
以下少し載せておきます。

今回の記者会見開催に関する要望については,御結婚記念日の直前には
「みどりの愛護」のつどい御臨席などのための滋賀県行啓やベトナム
国国家主席同令夫人の国賓行事などがあり,また,御結婚満25年に際しての
数々の関連行事も控えるなどお忙しい御日程の中で,最後までその可能性に
つき真剣な検討が行われました。

中略

最近の一部週刊誌,具体的には女性セブンと女性自身において,
「ご夫妻の結婚記念日と,両陛下の『最後の被災地訪問』の日程が重なっていた
ことが本当の理由」であり,「16年ぶりに雅子さまの会見が開かれたとなれば,
各メディアはその報道で一色になり,両陛下の地方公務への関心が低くなって」しまう,
「皇室内には絶対的な序列が存在し」「両陛下の,しかも最後となる被災地訪問の
“裏”で,会見を開くわけにはいかなかった」との記事や,「雅子様ご本人が,
会見出席を断固として拒否されて」おり,その理由として,過去の記者会見が
「批判的な報道につながったこともあり,雅子様にとっては“トラウマ”
というほどの体験だった」といった記事が掲載されましたが,このようなことを
考慮したことは一切ありません。
アホらしいので以下省略。全文は上記のリンクで見られます。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。