週刊誌が、愛子さまが今夏は英国のイートン・カレッジに短期入学を考えて居る、
と書いた時は、まさかね~本当かよ~と思ったけど、本当になったようです(笑)
このブログでも週刊女性とFRIDAYに書かれた記事を投稿していました。

7月下旬から8月上旬まで、ということなので帰国したら
また家族で那須で静養に入るでしょうね。
ここまでくると、愛子さまは偏差値72で東大も狙えるって本当かも?
と思わされてしまいますが・・・まさかね。

極秘計画 愛子さま念願の来年夏 短期海外留学 女性誌より


https://koredeii.com/?p=5173

自分が書いた文を少し抜粋すると以下

話半分どころか、話し1/10 くらいに読むのが良いと思います。
がーーー!本当に行くだけなら行っちゃうかも。
それも、夏の3週間は毎年親子3人で静養三昧しているので
愛子さまに、皇太子と雅子(サマ)が付き添い、同伴留学。
それではあまりにも酷いとクレームが来て、ならばと
雅子(サマ)だけレジャーを兼ねて付き添い留学とか( ゚Д゚)

他に、お世話係の同級生2、3人も一緒に留学すれば
出来なくはないだろうな!と思いました。

雅子(サマ)の付き添いが無ければ、友達、お世話係
ひっくるめて10名ほどと一緒に留学とか。

ここにもチラッと書いていました。
https://koredeii.com/?p=6410

皇太子殿下が「英会話は愛子の方がうまい」といったほど英語が得意。
どの大学に進まれたとしても、入学後は両殿下が通われた
オックスフォード大に留学すると決めている。
歴史の成績は常にクラス上位、数学の三角比、確率計算の試験は
苦労していた。今夏は英国のイートン・カレッジに短期入学を考えて居る。

話半分どころか、話し1/10 くらいに読むのが良いと思います。と
書いたことを反省しています。本当に本当だったとは。
つうことは、今までの皇室のあれやこれやの週刊誌の記事も
たまには本当のことを書くんだな!と言う事でもありますよね。

パソコンが変になる前に、
自愛の美智子さま、週刊誌報道に心を痛めていると宮内庁HPに公表
の記事を書きましたが、
皇后が一切発言を慎み、固く沈黙を守っているとか
週刊誌報道に心を痛めているとか、
思いも寄らない様々な雑音が立てられていることを驚き,悲しんでおられとか
なんだか嘘っぽく感じているのです。

思いも寄らない様々な雑音って、週刊誌と国民のこと?
美智子さま自身は若いころから今も、女性誌を散々利用して
ご慈愛アピール記事を書いてもらっていたでしょうに!


雅子(サマ)のオランダ静養は当時はかなりセンセーショナルでした。
と、同時に愛子さまの挙動もちょっとあれれれれれーーでした。

愛子さまと手を繋いで歩いていた、2018年4月27日国王の誕生日のアマリア王女と妹2人。
オランダは世界一体格が良いそうですが、アマリア王女大きくなりました。
愛子さまより2才年上ですが、この貫禄。ちょっと太り過ぎでは?愛子さまも同じか( ゚Д゚)
愛子さま2001年12月1日 (年齢 16歳)2003年12月7日 (年齢 14歳)


Photo NewMyRoyals
下は当時の貴重な動画です。
2006年 皇太子一家オランダご訪問全日程

皇太子ご夫妻の長女の愛子さまは、高校の夏休みを利用して
イギリスに滞在し、英語教育のサマースクールに参加される
方向で準備が進められていることがわかりました。
関係者によりますと、学習院女子高等科2年生の愛子さまは、夏休みの
ことし7月下旬から8月上旬にかけて3週間近くイギリスに滞在し、
ロンドン郊外の名門校「イートン校」が提供する英語教育のサマースクール
に参加される方向で準備が進められています。
愛子さまは、ほかの生徒たちと寮生活を送りながら、学校での授業のほか
さまざまな体験を通じて、英語によるコミュニケーションやイギリスの
文化について学ばれる予定です。
サマースクールへの参加は、愛子さまに幅広い経験を積ませたいと望まれる
皇太子ご夫妻の意見も聞きながら、愛子さま自身が決めたということで、
高校で行われた説明会に出席して参加の申し込みを済まされたということです。
愛子さまは4歳の時、皇太子ご夫妻に連れられてオランダで静養したことがありますが、
お一人で海外に滞在されるのは初めてになります。
中学3年生の時にオーストラリアでホームステイを経験した皇太子さまは、
おととしの記者会見で愛子さまについて「何らかの形で海外に行く機会があれば、
自分自身の視野を広めることにもなりますし、若いときにそういったことを
体験しておくことはとても大切なのではないかと思っています」と述べられていました。
NHKニュース




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。