おそらく、水色のサマーツィード生地のワンピースに白いジャケット、パールのネックレスとイヤリングの眞子さま。指輪は一個も着けていませんが、小室圭さんは婚約指輪を差し上げたのでしょうか。昔、婚約指輪の値段は給料の3ヵ月分と言われた時代がありましたが、アルバイトの小室圭さんの経済力だと50万円前後かしら? お金じゃないのよ、愛が一番よ、と言われそうですが一流品に囲まれた生活をしていた眞子さま、庶民になっても有る程度の生活レベルは必要でしょう。 やっぱり、小室圭さんは秋篠宮殿下のコネでそれなりの職に就くんでしょうねぇ。

秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまは26日午前、東京都中央区の日本橋三越本店を
お忍びで訪れ、日本工芸会主催の伝統工芸木竹展(朝日新聞社など後援)を鑑賞した。
眞子さまは小室圭さんとの婚約準備を進めており、同店前では集まった人たちから
「おめでとうございます」と声が上がると笑顔でこたえていた。

眞子さまは7月8日に婚約が内定し、小室さんとそろって会見する予定。
眞子さまは今月8日にブータン公式訪問から帰国後も精力的に活動を続けている。
この日は午前9時40分ごろに車で同店に到着。白いジャケット姿だった。

眞子さまは伝統工芸の技術育成を進める日本工芸会の第3代総裁で
初代総裁の高松宮さま、2代目の桂宮さまの後を継いだ。朝日新聞(島康彦)

天皇皇后両陛下がお忍びで外出した時、お忍びなのに
何故カメラがいるのだ?とあーだ、こーだと書きました(笑)

今回、眞子さまも「お忍びで訪れた」と書いてあるのに
お忍びなのに何故カメラがあるのだ?と書かないのは
いかにも不公平なので書きます。

なぜお忍びで訪れたのにカメラが入っているのだ??

ネットで読める読売、毎日、産経各社を見ましたが
眞子さまお忍びで日本橋三越本店に訪れたことを書いているのは
朝日新聞だけ、はてな?とよく読むと

>日本工芸会主催の伝統工芸木竹展(朝日新聞社など後援)

なんだ、自分のとこ(朝日新聞社など後援)だから
お忍びとはいえ、事前に眞子さまが訪れることを知っていて
当然、時の人だからカメラも入っていたワケなんだなと分かった。

眞子さま、婚約発表まで2週間を切って
もうこれはどんでん返しもないまま
小室圭さんと2人揃って婚約会見をするのだと確信しました。

どうしようもありません、秋篠宮殿下からコメント無し
着々と7月8日に向けて準備は進み、当日はテレビ生中継で
放送するんじゃないですか。

当日、私はどんな気持ちで見るのだろう。

*おっ 意外と2人お似合いじゃない

*ゲッ やっぱり眞子さまと釣り合いが取れない

全く予想できませんが、自分の中で諦めも出てきました。

眞子さまは女性宮家創設、宮家当主になるのが嫌で
一般庶民になるとを希望しているのだと思ったり
皇室育ちの眞子さまが庶民になってどんな暮らしをするのか
降嫁されたら私らと同じですからね。

スポンサーリンク

ところで、ブータンに行った時の眞子さまの写真と比べると
今回の写真は眞子さま、あまり美人に写っていないような気がします。

眞子さまって不思議な方で、決して美人じゃないのですが
凄く綺麗に写る時とそれほどでもない時があるんですねぇ。

着物がとてもよくお似合いになりヘアスタイルをアップにすると
綺麗、美人、品格が倍増されるように見えます。

現代的な美人というより、和風美人、香淳皇后の若い時のような
雰囲気美人、そんな感じでしょうか。

昨日、日曜日に実家行ってきました。
母と少しだけ皇室の話をしてきました。

小室圭さんについては顔が大きい、イケメンでは無い
老けて見える、

皇太子が天皇では有難味が無い、天皇になって
やっていけるのたろうか

天皇、皇后はもうテレビでも見たくない。

年を取ってあと何年生きられるかわからないから
皇室がどうなろうとどうでも良いとも言っていた(^^;)

あんなに美智子さま萌え~~だった母なのに。
20年くらい前だろうか?地元に天皇皇后両陛下が来訪された時は
追っかけをして、1メートル先で美智子さまを見たらしく
「色白で綺麗だった~~!」と大絶賛だったのに。

晩年になった美智子さまは母の目にもガッカリのようで
天皇陛下の肘を掴むのが一番嫌だと言ってました。

私も時間に余裕ができたら、那須辺りに行って
皇太子と雅子(サマ)、愛子さまをひと目みたいです。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク