天皇、皇后両陛下は18日、東京都品川区にあった皇后さまの生家、正田邸の
跡地に整備された区立公園「ねむの木の庭」を訪ね、散策を楽しんだ。

公表されていない私的な外出で、両陛下がこの公園を訪れるのは2年ぶり。
あいにくの雨のなか、傘を差し10分ほど園内を巡った。

付き添った浜野健区長によると、皇后さまは、皇太子妃時代に英国から贈
られたバラ「プリンセス・ミチコ」が1輪花をつけているのを目にし、「ま
あ、咲いていますね」と笑顔を見せた。天皇陛下は、皇后さまが高校時代に
作詞した「ねむの木の子守歌」にちなんで植えられたネムノキと、皇后さま
のお印でもあるシラカバが以前より大きく成長しているのに気付き、喜んで
いたという。公園前では近所の人らが待ち受け、両陛下は手を振って応えていた。(中田
絢子)

 

スポンサーリンク

あのね~毎度、毎度の事だけど

・お忍びで桜見学
・お忍びで思い出のテニスコート5月4日
・公表されていない私的外出で「ねむの木の庭」

ぜーーんぶ、新聞社、テレビ局のカメラが入って
 お忍び、公表されていないこれに該当しないんだけど。

16日は思い出のテニスコート、19日は「ねむの木の庭」
やっぱり3日と御所に居られないんだわ~”(-“”-)”

退位したら更に動き回るのがこれでわかるわね。
その都度、お忍び、私的外出と言いつつ
マスコミから写真、カメラで撮られて自分の存在感を確かめる。

それになに、

*皇太子妃時代に英国から贈られたバラ「プリンセス・ミチコ」
*1輪花をつけているのを目にし、「まあ、咲いていますね」と笑顔
*自分が作詞した「ねむの木の子守歌」にちなんで植えられたネムノキ
*自分のお印でもあるシラバカが以前より大きく成長

ぜーーーんぶ、自分、自分、だって自分の実家だったもの
ワタクシに由縁のある植物を植えなくちゃ~公園の名前だって
「ねむの木の庭」よ、ワタクシが亡くなったあとも
ずーーっと残るようにしているザマス。てなもんや。

随分と乙女なこと、死ぬまで乙女ちっくな演技をするのだろうな。

嫌なら見るなと思う人、いるでしょうけど
嫌でも見て、言う事とやってい事の矛盾をほじくり出したいの(笑)

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク