皇太子さまは13日、デンマーク公式訪問(15~21日)を前に、東京・元赤坂の東宮御所で記者会見した。天皇陛下の退位を実現する特例法が9日に成立後、初の会見。
象徴天皇の役割を引き継ぐことについて、「天皇陛下のお気持ちを十分に踏まえ、歴代天皇のなさりようも心にとどめながら、それぞれの務めに全身全霊で取り組んでまいりたい」と語った。
また、皇室の国際親善については、雅子さまと色々な機会に話し合っていきたい、と述べた。
特例法自体についての受け止めは、「皇室の制度面での事項」として言及を避けた。(島康彦、多田晃子)

皇太子の会見から出る言葉はいつも綺麗ごと、有言無実行で
嫌なんだよなぁ~今回の
「それぞれの務めに全身全霊で取り組んでまいりたい」

祭祀、国事行為、謁見など、最近こそ皇太子一人での公務も多くなったが
それまでは雅子(サマ)と同じようにグータラ遊んでいる
イメージがあり、身体も鈍って動きが悪くなっているんじゃないだろうか
皇太子なりの「前進前例」今後のお手並み拝見。

>皇室の国際親善については、雅子さまと色々な機会に話し合って

話し合うのは良いと思いますが、国内公務もままならない
海外に行きたいのに今回もデンマークに同行できない
病弱でお気の毒な雅子(サマ)、行くより来日する方々への
国際親善にはマナーを身に着けて恥ずかしいことをしないように
くれぐれも気を付けてほしいものです。

*****

今週の日曜日、ペット合同供養祭に行ってきました。
今年で14回目、うち休んだのは2回くらい。
義父が亡くなった年、去年娘がお産した時。

10時から受け付け、11時から始まる法要の前に1時間くらい
住職が仏教の話をしてくれます。

この話を聞きたくて早く行く人、駐車場が埋まる前に早く行く人
ギリギリで来る人、いろーんな人達がいます。

私と旦那は一昨年は早く行って住職の説教を聞きました。
今年はちょっと遅くなり半分くらいしか聞けませんでした。

ペット供養祭なので、仏教の六道の話は必ずします。
天道(天界道)人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道。

犬猫ペットは畜生道で、たまたま畜生に産まれた存在で
こうして飼い主が供養してくれるペット達は畜生の中でも
大変恵まれている、飼い主に「ありがとう」と感謝をしているだろう。
(ここで、ペットを亡くしたばかりの人は涙ぐみます)
次に人間として産まれてくるかもしれない。
と、このような話が続きます。

そして今年はなんと
皇室に生まれたくて生まれた人はいないし
今日の食べ物にも窮するほどの生活に生まれたくて生まれた人はいない。
住職の口から皇室が出てくるとはねぇ。

確かに私達は親を選べない、だから日々苦労しているのだろう。

皇族には皇族の苦労があり
金持ちには金持ちの苦労があり
貧乏人には貧乏人の苦労があり
健康体で産まれなかったものの苦労があり
生老病死の苦しみは平等にある。

年に一度でも仏教の話が聞けることは良いものだと思います。
私はカトリック信者ですが、仏教は嫌いじゃないです。

スポンサーリンク

週刊女性の皇室記事

泣いている弟が前にいるのにこの皇太子の表情、佇まい・・・( ゚Д゚)

こちらの方が子供らしくて可愛い

「天皇ご一家の頼れるパパ素顔」

いやはや、今時は庶民でさえ お父さん、お母さん呼びなのに
皇室記事でパパと書かれるとは時代も変わったのねぇ・・・

今上天皇がパパしていた時のエピソード

皇太子が幼いころに駄々をこねていると陛下は厳しくしつけられた。
スプーンやフォークでお皿を叩いていると手をぴしゃりと叩かれ
サラダを最後まで召し上がらなければ食べ終わるまで
食堂に残されることもあった。

秋篠宮殿下が低学年の時、テンジクねずみを御所の池で
泳がせようとして死なせてしまった際は秋篠宮さまを
池に落としたというのは有名な話。

子供の頃の秋篠宮殿下の部屋はいつも散らかっていて
陛下はよく注意していたが、ある日見かねた内舎人(世話する職員)が
部屋を片付けた、それを見た陛下が褒めたところ
「僕じゃない」と正直に答えた殿下。
陛下は片付けた内舎人を叱ったそうです。

中学時代に数学が苦手だった秋篠宮殿下はわからない問題を
陛下に教わっていた、何度も数学の問題を出して
熱心に指導されていた。

と、皇太子のエピソードは1つなのに秋篠宮殿下のエピソードは3つ。

果たして、天皇皇后両陛下は本当に子育て、躾をしていたのか
国内外の公務に忙しく飛び回り、代わりに浜尾実東宮侍従が
退職時点で浩宮11才・礼宮5才まで教育をしていた。

皇太子のパパぶり

愛子さまが幼いころは自らオムツを変えたり
童話の読み聞かせもされる「イクメン」だった。

学校の授業参観もほぼ毎回出席し、1時間目から最後まで
「フル参加」されていました。

余程の暇人でなければできないことを書かれてるし(笑)

5月5日にご一家で観戦された「車椅子バスケットボール」の試合でも
観覧席で皇太子さまと笑顔で会話されて仲がいいのだと感じた。

愛子さまが所属していた管弦学部の朝練習に付き添われたこともあり
いいパパをしている、愛子さまは「パパっ子」と言えるかもしりませんね。

最後に、愛子さまは高校に上がってからも体調を崩されがちだが
「大好きなパパ」の支えがあれば今後も安心だろう。

秋篠宮殿下のパパ振り

その方針は「のびのび教育」
お子さんたちの希望を尊重している、自由な家風。

佳子さまと悠仁さまの関係が良好。
書き出し疲れたので画像で^^;

最後に聖書から
マタイの福音書 第15章10~20節 の14節
http://ibarakimegumi.blog27.fc2.com/?mode=m&no=124

先頭になって手引きする盲人は誰でしょうか?

意味はそれぞれお考えいただければ・・・と思います。

皇室ブロガーさんからはとかく嫌われている( ゚Д゚)
キリスト教ですが、新約聖書の マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネ
この4つの中のひとつでも読む事はお薦めです。
私はルカが読みやすくて好きです。

教養、絵画、キリスト教を題材にした洋画『ダ・ヴィンチ・コード』など
見る時に全く知識無しよりわかるなど。

彼らのことは放っておきなさい。彼らは盲人を手引きする盲人です。
もし、盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むのです

意味

①物事を良く知らない者が、人を教え導こうとすること。

②盲人が同じ盲人を導くことによって、ついには両者とも穴へ墜落してしまうという寓意から、真の信仰は正しき導き手(善き教師)によってのみもたらされ、肉体的欠陥より信仰の欠如という精神的な欠陥の恐怖を説いた

有名な絵画 ピーテル・ブリューゲル「盲人が盲人を手引きする」(1568)

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク