眞子さま、婚約報道があった為、今回のブータン訪問は
前の2回の海外訪問より注目され逐一報道されています。

画像出典 皇室御一行さまより

スポンサーリンク

ブータンの民族衣装に合わせたのか、わかりませんが
ミントグリーンのスーツはマシキ丈のロングスカート。
インナーかインナーに見える胸当てとぺプラムは同系色の
レース地かレースを貼り合わせたのか、光沢があるように
見えてさり気なくロマンティックな雰囲気でとても素敵です。
バック、パンプスは白系でとても爽やかに着こなしています。

眞子さまの海外訪問は着るものから堂々たる貫禄で
公務をこなしてくれるので、毎回拝見するのが楽しみです。

眞子さま自身はどう思っているのかわかりませんが
あと、2、3年くらいはこのような海外訪問公務をして頂きたかった。
非常に残念で、つくづく何故に小室圭さんなのだ?の思いになります。

この眞子さまの風格を見ると、悪口に思えるでしょうが
いくら英語がペラペラでも小室圭さんが小者に見えて・・・
見た目も釣り合わないんです。

ツーショット会見ではどうかわかりませんが、今のところ釣り合わない。

眞子さまの海外公務の報道、映像を見て、小室圭さんが
改めて自分とは格が違う、別世界の女性だと認識し辞退していただければ( ゚Д゚)


秋篠宮家の眞子さまは、日本時間1日午後2時過ぎ、ブータンのパロ国際空港に民間機で到着された。ミントグリーンのドレスに身を包んだ眞子さまは笑顔で少年から花束を受け取り、握手された。その後、ブータンのワンチュク国王の妹にあたる23歳のユフェルマ王女から歓迎の印として「カダル」という白い布を受け取り、にこやかに会話をされていた。さらに、出迎えたブータン政府の大臣らに英語で「ありがとうございます」と話しかけながら一人ずつ握手をされた。1日は首都ティンプーに入り、ブータンの古い農家を改造した「民俗伝統博物館」を視察される予定。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク