5月31日 眞子さまブータンへ出発

ターコイズブルーのスーツ姿の眞子さまは午前10時55分ごろ羽田空港の搭乗口前で、報道陣から「お気をつけて」と声をかけられると「ありがとうございます」と笑顔で答えて飛行機に乗り込まれた。眞子さまは2日にティンプーで歓迎行事に臨み、ジグメ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王夫妻を表敬後、日本文化を紹介するイベントの式典であいさつをするなど友好親善に尽くされる。4日はブータン政府主催の「花の博覧会」のオープニングセレモニーにご臨席。6日には標高3千メートル超の断崖に建つパロの仏教寺院も視察される。
産経ニュース

眞子さまは現在、大学時代の同級生で、法律事務所勤務の小室圭さんと婚約の準備を進めている。婚約を前にした「幸せの国」ブータンへの旅。結婚すれば皇室を離れることになるため、皇族として最後の海外公式訪問となる可能性もある。朝日新聞

なーーんとなくお痩せになったような?
気を付けていってらっしゃーーい(^^)/~~~

雅子(サマ)発熱で子ども園訪問取り止め

2017年05月25日の前日24日に扁桃腺の腫れと発熱で欠席すると発表した
平成29年全国赤十字大会、引き続き「子供の日」の公務を取りやめられた。
6月15日~21日までの皇太子のデンマーク訪問にも同行せず。
雅子(サマ)海外訪問、特に欧州には行きたかったでしょうに・・・

雅子(サマ)が欠席された2017年全国赤十字大会

宮内庁東宮職は30日、皇太子妃雅子さまに喉の痛みと発熱の症状があるため
皇太子さまと共に31日午後に予定していた東京都内の子ども園への訪問を
取りやめられる、と発表した。皇太子さまは予定通り出向く。

雅子さまは先週も同じ症状を訴え、公務を取りやめていた。
東宮職によると、一時は熱が下がったが、29日から再び発熱。
30日も微熱が続いており、侍医が住まいの東宮御所で治療と安静が必要と判断した。

皇太子さま、デンマーク訪問…来月15日から
読売新聞 5/30(火) 17:28配信

皇太子さまが来月15~21日の日程で、デンマークを公式訪問されることが
30日の閣議で了解された。
皇太子さまの同国訪問は、2004年5月にフレデリック皇太子とメアリー妃の
結婚式に出席されて以来。雅子さまの同行は、他の日程などを考慮して見送られた。

画像出典 王室HPより

スポンサーリンク

※ 本当に扁桃炎・風邪がぶり返し、子ども園で伝染させると悪いと配慮した。
※ 国内の日本赤十字大会、こども園訪問の公務を欠席で
海外のデンマーク訪問はできないと悟ったか、やはり無理だと判断した。

※ 実は以前、女性誌に精神科医で教育評論家の和田秀樹さんが指摘した
「双極性障害Ⅱ型」という軽い躁とうつ状態を繰り返す病気の一種である可能性。

まだ記憶に新しい、着物で大相撲夏場所初日を観戦した時は
軽い躁状態だったが、その後、うつ状態に入り動けなくなった。

60才過ぎた私でさえ、高熱を伴った急性咽頭炎が一週間で良くなり
熱が下がった後2日目からは買い物、家事をしてもぶり返さなかった。
家事炊事などしなくてもよく、じっくり治療、療養出来た53才の雅子(サマ)が
こうも長く治らない、ぶり返すしたのは言い訳のように聞こえる。
扁桃炎も抗生物質を飲んでいると治ります。

なんといっても、海外訪問、特に欧州王室絡みの訪問を
希望していたと思われる雅子(サマ)にとってデンマークは
訪問したかったはずだ。

が、スキー旅行、那須への夏のお楽しみ、愛子さまの
卒業式、入学式の時はうつ状態にならず行動しているので
やはり風邪のぶり返しなのかな~?

雅子(サマ)、化粧は濃いけど普通に美人な部類だと思います、この方も親の犠牲者の1人かもしれない。

天皇陛下生前譲位のオマケがとてつもなく
大きなオマケの女性宮家創設

今上陛下と皇后がここまで伝統破壊するとは、自己中のなにものでもない
明仁と美智子王朝ができあがり。
御二人はもっともっと老いてヨタヨタと杖をついて歩くようなお年になったら
最後の慰霊、日本国の為に亡くなって行った若者の為に靖国神社参拝すべきです。

眞子さま婚約報道後に投稿した【ここから、妄想モード】

*もしかしたら、小室圭さんは女性宮家創設を当てにして
*眞子さまの婿になる気でいた。
*あるいは、それを確約してくれた皇族がいた。
*婿入りなら特にアルバイトでもかまわない。
*眞子さまの海外公務にも同伴し、得意とされる英語も生かされる。

私の書いた妄想が現実にならないように、ならないうちに

小室圭さんを殿下と呼びたくない。
眞子さま、早く降嫁して庶民になり庶民の生活をしてください。
産まれた時から今まで国民の税金で生活し、海外留学にも行った。
今度は税金、介護保険など納めて暮らしてください。

5月29日、映画「花戦(はないく)さ」の完成披露上映会があり、
高円宮妃久子さまと高円宮家の三女絢子さまが映画を鑑賞した。

絢子さまはいつも久子さまと一緒、1人公務が出来ないのは雅子(サマ)と同じ。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク