小室圭さんを動画で見ただけの印象ですが、質問の回答の殆どが
「申し訳ございません、その時期がきたらお話し申し上げたい」

この言葉が多くて何の為に記者会見なんだか、少し不満だけど
本当に昨日の今日で余計な事は話せないんだろうな。

朝、電話で「行ってきます」「行ってらっしゃい」と話をした。
法律の事務の仕事をしている。

ほんの5分程度の記者会見でした。

見た目の印象は、凛々しいイケメンというよりは
可愛い系イケメンで、笑顔が可愛い(^^)
話し方は25才の若者にしてはそこそこしっかりしている。
物腰柔らかい印象、意外に身長が低く小柄な感じがしました。
周りの記者さん達と同程度の170㎝くらいかな?で
秋篠宮殿下のような長身とは言い難いけれど
眞子さまとツーショットで正式な記者会見に期待です。

以下小室圭さんの会見動画

スポンサーリンク

「眞子さま、ご婚約へ」は号外まで出た大ニュースでした。

眞子様25才、10月の誕生日で26才、来年ご成婚が誕生日前だと26才
誕生日以後でも27才と晩婚化している日本女性の中でも
早い結婚のうちに入りますが、なかなか結婚しない独身女性皇族が
多い中で、さすが秋篠宮家の内親王!
ちゃんと自分で見つけた恋愛結婚、良かったと思います。

眞子さまご自身が「遅からず早からず」と言っていたのはこの事でした。

とかく家柄、職業など格を気にして失敗するよりも
愛のある結婚の方が本人達にとっては最高に幸せ
結婚生活を営む中で困難に直面しても乗り越えて行けるはず。

出会って一年でプロポーズも小室圭さん、勇気ありますね。

眞子さまが近々婚約するだろうとのことは
秋篠宮ご夫妻、天皇皇后両陛下は御存じ。
もしかしたら、皇太子と雅子(サマ)も知っていたかも?で

以下から、妄想モードに突入(笑)

おそらく、三笠宮家と高円宮家はNHKの報道で初めて知ったのでは
ないかと推測しています。あまり交流無さそうですから。

三笠宮姉妹、夕食時か夕食を終えてか、報道を知り
まさかこんなに早く結婚されるとは思わず絶句したか。
これで、女性宮家創設の話が益々遠くなるのか
近くなるのか、2人で悩んだかもしれません。

いや、絶句したのは高円宮家の久子さまの方だろうか。
まだ娘2人が売れ残っている、三女の絢子さまは眞子さまより
1才年上で 1990年9月15日(26歳)絶賛婚活中と推測。
久子さまとしては、お家柄の良いところへ、秋篠宮家の姉妹より
一日でも早く結婚させたいと思っていたことでしょう。

家柄は良ければ良いってものじゃないのは、次女の典子さんの
結婚で実証済みではありますが。結婚早々から半別居状態の典子さま。

三笠宮大殿下ご逝去し、皇太子が天皇になった暁には
親戚関係も益々遠くなり、もはや無用の長物、皇室のお荷物状態。

売れ残り 宮家に居座りも 憐れなり

庶民のバリキャリで結婚しない選択とは次元が違い
公務の数も少なく、ほぼニートな末端宮家のうら若き女性達も
いづれは年を取り、鬱陶しい存在になり果てる。

命 短し 恋せよ 乙女 紅き唇 褪せぬ間に(ゴンドラの唄)

女性皇族は早めに結婚するのが正解です。

皇太子と雅子(サマ)が天皇、皇后になっても
今上天皇、美智子さまのような動きは出来ない。
大幅に公務を減らすようになるとは思うが

今後、眞子さま結婚で皇籍を離れる。
佳子さまはまだ学生で海外留学にも行かれる。

残った皇族で公務の分担をすることになる。
今でも秋篠宮ご夫妻の公務は多いので
今までのんびりニートしていた独身女性皇族方も
自然と動かざるを得ない状況になる。

更に妄想モード全開、崩壊しました( ゚Д゚)

秋篠宮ご夫妻は自分達のような苦労は子供達にさせたくない
と常々考えているため眞子さま、佳子さま、共に良い方と
ご縁があれば早めに降嫁させたい。

女性宮家創設など毛頭考えていない。

皇太子が天皇になったら、あの雅子(サマ)と皇太子の代わりに
自分達だけでなく子供達も公務の負担が増えいくのが分かる。

学生である佳子さまはともかく、眞子さまの公務は増える一方だろう。
降嫁して皇籍を離れれば公務とは無縁になる。
今の時代、眞子さまもキャリアを生かして共働きでの生活も良し
子供を持ち、子育てをするも良し、と考えている。
皇籍を離れた方が安心して生活できると思っている。

天皇、皇后、皇太子、雅子(サマ)の「愛子を天皇に」の思いが強過ぎて
それでも良し、特に長男の悠仁さまを天皇にする必要がないと思っている。
もしかしたら、女性宮家創設が現実になった場合
悠仁さまを皇籍離脱させても良いと考えているかもしれません。
秋篠宮家の代は自分で終わりでも良しと思っている。

なーーんだか、眞子様婚約で暗くなってるなぁ(^^;)
御目出度いことなのに、変ですね。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク