NHKの「私たちと象徴天皇」では、天皇陛下のお努め(お仕事)が
年間1700件と紹介されていました。

その中で一番多いのが「国事行為」で以下JIJI.COM
陛下の公務、年間1600件超=昭和より増加、「削減は困難」より抜粋
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017012300691&g=soc

23日に論点整理を公表した政府の有識者会議は
天皇陛下の退位問題と共に、公務の負担軽減問題にも取り組んできた。
年間1600件を超えることもある陛下の公務。
同会議は論点整理で「内容の見直しや皇族方による分担を進めるべきでは」
との意見を出したが、宮内庁は「これ以上の大幅な削減は難しい」と否定的だ。

天皇の公務には主に、内閣からの書類の決裁をはじめとする憲法に基づく「国事行為」と
国会開会式出席や海外訪問など象徴の地位に基づく「公的行為」がある。

陛下と昭和天皇が共に82歳だった年の件数を比較すると、
国事行為の数は1000件余りと大きな差はないが、
公的行為は344件から529件と1.5倍に増えた。

————–以上一部転載
年間1700~1600件の天皇陛下の公務だが、
国事行為の1000件余りは昭和天皇と大差ないとのこと。

公的行為344~529と185も増やしたのは今上天皇と
国が増えたのが原因。

お努めが年間1700~1600件と聞くと

仕事量が多いっ!!
天皇陛下のお仕事は激務だ!!
とのイメージが沸くのだが、1000件は国事行為なのだ。

では、国事行為とはどのようなことをするのか。宮内庁HPより

閣議決定の書類は,毎回,閣議の後に陛下のお手元に届けられ
陛下は,これを丁寧にご覧になった上でご署名やご押印をなさいます。
その数は,平成28年中で約1,000件になりました。

丁寧にご覧になって署名、捺印にどのくらいの時間が掛かるのか?
まさか天皇陛下が会社員のように毎日8時間労働していないでしょ。

年間1700~1600件の天皇陛下の公務
数字のトリックに惑わさられているのではないだろうか?と思った。

スポンサーリンク

陛下の公務に関する情報提供、宮内庁の協力得られなかった
有識者会議、議論深まらず
http://www.sankei.com/life/news/170502/lif1705020008-n1.html

4月に天皇陛下の譲位に向けた最終報告を取りまとめた安倍晋三首相の私的諮問機関
「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」が、陛下の公務の実態把握のために
情報提供を要請したところ、宮内庁から十分な協力を得られなかったことが1日分かった。
関係者が明らかにした。このため、公務の負担軽減をめぐる議論は序盤から難航し
最終報告に具体的な方策を盛り込むことはできなかった。

関係者によると、同会議が設置された昨年10月の会合で会議メンバーから、
守秘義務を負うことを前提にした上で、陛下の1週間のスケジュールや
季節ごとに行われる活動について情報提供を求める意見が相次いだ。

これに対して宮内庁は、公務の年間件数や過去の見直し状況に関する資料を提示したものの、
それ以外は「陛下のプライバシーに関わる」として応じなかった。

天皇の活動は、法律公布などの国事行為、被災地訪問など象徴としての立場で行われる公的行為、
私的なその他の行為に区分される。同会議は公的行為の縮小・削減を中心に検討していたが
宮内庁から「公務の削減や皇族による分担はすでに実施しており、これ以上の見直しは困難」
との認識が示され、公務の負担軽減に関する議論は深まらなかったという。
—————–★

どうにも腑に落ちない。
プライバシーを盾に天皇陛下がどのくらい公務、国事行為に時間を使っているのか
詳細がわからないまま、これ以上公務の見直しは困難との宮内庁からの情報提供を
断られたことになる。

祭祀は殆どやっていないだろうし、公務が多いと言いつつ
鑑賞系のお出掛けが多い、先週はテレビ局も知っていた
「お忍びで」思い出のデニスコートで3時間過ごした。

とてもお元気そうで、
「次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,
全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが
難しくなるのではないかと案じています。」

とビデオメッセージを出したお方のように思えないくらいお元気。

元気なはずです。我々庶民と違い、天皇、皇后は
テニスラケットより重たい物は持ったことが無いでしょ( ゚Д゚)
毎日一日中仕事をしているわけではないので身体を鍛える時間もあり
皇后はピアノの練習する時間もたっぷりあるでしょ。
家の事、身の回りのことをする必要が無い生活です。

一体、天皇陛下は1000件の国事行為にどのくらい時間を費やしているのか?

天皇陛下のお努めの件数に注目されるが
一日何時間働いているのか稼働時間には全く触れられていない。

「陛下の起床時間や就寝時間、食事の時間など、公務に関係のない全くプライベート
に関わることは、どこから求められても公にすることはできない」と固辞するのは何故か。
なにも起床から就寝までのスケジュールを公開してくれとは
言っていなかったのだと思う、公務の負担軽減を話合う為に

「守秘義務を負うことを前提にした上で、陛下の1週間のスケジュールや
季節ごとに行われる活動について情報提供を求める意見が相次いだ」

ただ、これだけのことであるのに、宮内庁から十分な協力を得られなかった。

ここからは私の推測。

*国事行為のひとつ、署名、捺印は30分~60分程度しか掛からない。
*じっくり丁寧に読んでいると宮内庁で発表しているだけ。

宮内庁HPより
“宮殿及び御所においては,これらの儀式をはじめ拝謁,ご会見,茶会,午餐,晩餐など
両陛下ご主催のさまざまな行事が平成28年中に約200件行われました。”

晩餐会、午餐、茶会は別として、

*拝謁、ご会見などは予めセッティングしている
*御所内に行って30分~長くても60分程度で終わり。

*勤労奉仕団への挨拶も毎日はない。

朝の軽いジョギング、朝食、署名、捺印、午前中でほぼ済む時もあり
午後からテニスや研究 昼寝をする時もあるだろう。
時間に余裕がなければ、鑑賞などへのお出掛けができるはずがない。

国事行為、公務、祭祀でヘトヘトですぅぅ~な感じがしません。
天皇陛下、1700件のお努めにどのくらい時間を費やしているのか?
思った以上に少ないのではないか?
国事行為は昭和天皇と同じ件数で、昭和天皇は今上天皇より
年齢が上でもお努めしていた。

1700件のお努めという数のトリック、稼働時間のお知らせ無し
ビデオメッセージでの
「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが
難しくなるのではないかと案じています」

これに90%の人達は、
天皇陛下の仕事は激務。
お年ですからゆくりお休みください。
の流れに持っていかされたのではないか。

天皇陛下の実質稼働時間、我々庶民、会社員なら
就労時間は1日、1週間、何時間働いているのだろうか?
1700件の仕事回数だけが注目され、就労時間がわからない。

今回の投稿は文才無く読みにくいと思います(+_+)
加筆、訂正有りかも?ご了承ください。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク