テレビで観られないので1月21日桜チャンネル
【討論】皇室・皇統を考えるをYouTubeで観ました。
3時間ほどの長い討論で、ほぼ保守の方々です。
有識者会議のヒアリングに参加した方も2名いました。

雅子さまの病気の件に関しては「それはないだろう~」な
ところもありましたが、なかなか興味深い討論内容でした。

特に、有識者会議のヒアリングにも参加した八木秀次氏の発言に
注目しリピートして聞いてみて疑問だったことが分かったり
未確定ではあるが、おそらくそうなるだろうとの情報もありました。

天皇陛下の「生前譲位」政府としては苦慮している。
皇位の安定性から退位はやりたくないが
世論調査で国民の9割が退位に賛成の為
やらざるを得ない状況になっている。

これは、情緒的なもので皇室制度、天皇制度
をよく理解していない為である。

※もうお年だからゆっくり休んでください 等々

生前退位速報は誰が出したか

昨年5月に官邸に宮内庁経由で陛下が退位の御意向を示されていると
打診があった、官邸は「摂政で如何ですか」と返した。

これで宮内庁も官邸も話は終わったと思っていたが
天皇陛下の気持ちは終わっていなかった。

その結果、7月13日にNHKを使う形で陛下の御意向が報道された
この時のニュース速報に衝撃を受けて私は風呂場で
よろけて倒れそうになった記憶があります。

当時、NHKにリークしたのは誰か?と話題になりましたが
実は天皇陛下御自身だったということになります。

勿論天皇陛下御自身が直接NHKに話をしたのではなく
天皇陛下の周囲にいる方々がNHKに話をしたのでしょう。

宮内庁・官邸を飛ばして(相談なしに)NHKがニュース速報で流した。
こういうことになります。

情報が漏れたのではなく天皇陛下御自身が告知した。
こうなると確信犯だと思いました。

スポンサーリンク

8月8日のビデオメッセージは天皇陛下は
生放送希望でしたが官邸が難色を示した。

原案は陛下が書いた、そのまま表に出すと
憲法違反の可能性が高く何回か官邸とやり取りをして
読み上げられた、その点では官邸、政府も関わった。

そこで、天皇誕生日の時に8月8日のことに対して

「天皇としての自らの歩みを振り返り、この先の在り方、務めについて、
ここ数年考えてきたことを内閣とも相談しながら表明しました
多くの人々が耳を傾け、各々の立場で親身に考えてくれていることに、
深く感謝しています」

の「内閣とも相談しながら」の部分がこれに当たることがわかりました。

が、未だに明快な「摂政固辞」はわかりません。

※民主党政権の時に御陵の縮小、土葬から火葬に議論無しに決まった。

※大正天皇、昭和天皇共に新宿御苑で「葬場殿の儀」と「大喪の礼」を
切り分けて行われた が「葬場殿の儀」を皇居 正殿松の間で行うかもしれない。
八木秀次氏が実際にそのような趣旨の用紙を見たそうです。

画像 第弐章 「悠久の大義」より

どんどん伝統が変わっていく、いや壊れていく。
簡略化していき皇室も家族葬のようになるのか。

昭和天皇が崩御された時に、リアルタイムでテレビで
一連の儀式を見ました、古式ゆかしい伝統のある儀式です。

皇室が一般庶民と同じような感覚では困るのです。

「葬場殿の儀」「大喪の礼」「即位の礼」

全部長年積み上げてきた日本の伝統なのです。
破壊することは一瞬でいとも簡単にできますが
継続することは大変なことです。

御自分達の代で先人達が脈々と継続してきた伝統を
壊して良いものでしょうか。

例えば、聖堂のロウソクに火を点ける時チャッカマンで
カチカチ音を立てて点けるのは便利だけれど、長い棒のようなもので静かに
ロウソクひとつひとつに点火すること、これが伝統の良さではないですか。

天皇皇后両殿下が「身内のために」伝統を壊すことに反対。
皇太子が次代天皇になると、益々それが加速するだろうと懸念しています。

皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください

スポンサーリンク